大学留年が決定【親への上手な伝え方】告白方法・説得対策を伝授!

大学の留年を親に伝えるには?方法と対策について

大学の留年が決まった場合、親にはなんと伝えて説得すればよいのでしょうか?

親に大学留年の事実を打ち明ける方法、ある学生の体験談、大学留学の就活への影響をご紹介します。

大学留年が決まったら、費用に困らないように備えることが大切です。

Q.親に何て伝えればいい!?大学留年した事を説得する方法は?

親に留年が決まったことを何と言って伝えるべき?

留年を親にどう伝えたらいいですか…?

まだ言えずにいて、すごく不安です。

怒られるのは覚悟していますが、やっぱり怖いです><

怒られると黙り込んでしまう性格なので、

もう一年どう過ごしていくのか、将来のことをどう考えているのか、

言えるようにしておいたほうがいいですよね?

1年長く通わせてもらうには、どうやって説得したらいい?

もう一年通わせてもらうには、どのような言葉で親を説得すればいいでしょうか?

コミュニケーション不足で、思ってることをうまく文章にできません…

こんなバカな僕ですが、アドバイスお願いします!

引用元-留年を親にどう伝えたらいいですか…? – その他(学校) | 教えて!goo

  • 留年が決まったが、怒られるのが怖くて親に話せずにいる
  • どうやって話したらいい?
  • もう1年大学に通いたいが、どう話せば説得できる?

留年が決まったことは、早めに打ち明けた方が◎

留年が決まったと親に打ち明けるのは、大きな勇気がいることですよね。怒られるのはもちろん、大学を続けさせてもらえないのではないかと不安になると思います。しかし先延ばしにすればするほど印象は悪くなるもの。早めに正直な気もちを打ち明けましょう。

A.親には伝える時のアドバイス!大学留年の事実を打ち明ける方法は…。

留年した1年をどう有意義に過ごすか、自分でしっかりと考えて

親としての立場で言いますと、順調にいかなかったら「どうして?」とは思います。

私の子どもの場合は高校で「不登校→中退」ということで、叱るということもできないまま、ただ「オロオロ」するばかりでした。

あなたの場合は叱られることもあるでしょうね。

でも、親というのは「子どもの一生」をトータルして心配したり安心したりするものだと思います。あなたも「安心」をセットにして留年を伝えることをおすすめします。

親御さんに留年を伝える前に、あなたが自覚をもつことが必要です。

この失敗を糧に成長すること。それから、この一年を「卒業の遅れ」だけではない、「前進の一年」にすることを考えてください。なにかスキルアップできることはありませんか?それを探してはいかがでしょうか。

手紙で素直な反省の気持ちと1年の頑張り方を伝えよう

以上のことの準備ができたら、親御さんに知らせるのは手紙がいいと思います。

留年した理由(反省して書くこと)を述べ、「自分の弱さを知り、乗り越える課題を知った」というように「一皮むけた僕」を伝えることです。

この失敗で一つ大きくなった自分を伝え、それから、この一年を「こんなスキルアップ」に使うから留年させてほしいと頼んでみてはいかがでしょうか。

経済的に大きな負担となる大学に通わせている親の気持ちを考えて

親はあなたが大切だから叱ります。それに大学に行かせるのは「半端じゃない金額」が必要です。

国立でも授業料は月にしたら5万円近く。「自宅を離れて私立大学」なら、4年間で田舎なら土地と家が買えるくらいの金額が必要です。留年したら叱られるのは当然です!

でも、それでも「親」は、あなたの成長のためなら、結局は認めるでしょう。そうなるために、「反省」と「スキルアップ」で押してみることをおすすめします。

あなたを大学に行かせるために、親御さんは何かを犠牲にしています。何かを我慢して生活しているはずです。(我が家の経済状況からの推測ですが…)

あなたの卒業を、そういう「我慢」の面からも楽しみにしていたと思います。それが一年延びるのです。だから、少々叱られるのはしかたがないことです。

引用元-留年を親にどう伝えたらいいですか…? – その他(学校) | 教えて!goo

  • 留年して1年間、どうやってスキルアップしていくか自身でよく考える
  • 留年したことへの反省の気持ちと、これからの1年間をどう頑張っていくかを手紙で伝える
  • 多額のお金がかかる大学に通わせてくれている両親の負担について考えて

大学にかかる費用を理解したうえで、真摯にお願いしよう

我が家には幼稚園の娘がいますが、娘が赤ちゃんの頃から大学資金のため学資保険を積み立てています。そんなに早い段階から用意しておくほど、大学にはお金がかかるものだということを理解したうえで、真摯にもう一年通わせてほしいとお願いしましょう。

留年が決まったある学生の場合!親に伝えた「告白方法」について…。

留年したことを親に伝えたところ、怒られることもなかった

3年目の成績通知がきた時点で、留年は決定していました。

3年目の取得単位数はゼロ。

俺「もうダメだ・・・。これ。4年で卒業出来ないわ・・・。」

親はすっかり、ガッカリした様子。

今まで何らつまずく事無く人生のレールを走っていた息子が

こんなにも堕落するとは、思ってもいなかったのでしょう。

自分自身はもう気づいていたので、心の準備は出来ていました。

が、親はそうではなかったからでしょう。

その後、今後について話す事は、少々ありましたが

あまり多くは語りませんでした。

以外にも親は、どう喝する事も無く、

しんみりと事実を受け止めていた様子です。

留年を伝えるときは、早めに「相談」という形をとる

さて、伝えたい所はこの事実ではありません。

本当に伝えたい事は、いかにして『切り出し』を行って

親に留年を認めさせるかにあります。

ポイントとしては できるだけ早い段階で切り出すこと。

『相談』と言う形で入る。

具体的に何単位足りないかを伝える。

卒業したい旨をしっかり伝える。

ひたすら謝る(笑)

早い段階で切り出すことはとても重要です。

経済的な面から、早めに切り出したほうが、うまく行くはずです。

最後の最後に突然、切り出しても

『お金ないよ』って言われたらこっちも何もいえません。

「相談」という形で入ることで、より『共に考える』雰囲気が出るはず。

これも、大切な要素ではないでしょうか。

引用元-留年を両親へ告白する方法

  • 親に留年を打ち明けたら、意外にも怒られずにしんみりと受け止められた
  • 親に留年を切り出すときは、早めに「相談」という形をとると◎
  • ギリギリに打ち明けても、経済的な理由から大学を続けられなくなるかも

子どもの留年は親のとって大きなショック・・・早めに相談を!

親の立場からすると、子どもの留年はまさに青天の霹靂かもしれません。とくに実家を出て遠方の大学で通っている場合、日ごろの様子が見えないからなおさらですよね。その後のことを考える時間を持つためにも、相談は早めに行いましょう。

就活に影響があるか心配…。大学を留年した場合!

「なぜ留年したのか?」は必ず聞かれます

「留年した理由」は、面接で必ず聞かれると思ったほうがいいでしょう。

理由を聞いてこない会社もあるかもしれませんが、前もって理由はしっかり考えておいたほうが対応もしやすいです。

その場の思いつきで答える方もいますが、「なぜ留年したのか?」という質問は、それなりに重みのある質問だと思ったほうがいいでしょう。

その答え次第では、選考にどう影響してくるのかわからないからです。

特に自分に不利になるような質問に答えるときは、そこが重要なポイントだと思って作戦を考えておかないといけません。

留年を隠したり、理由で嘘をついたりするのはNG

また自分にとって不利になる材料を、隠そうとしたりごまかそうとする方もいます。

でもそうしたことは、相手に見透かされてしまうと、決定的に不利になります。

留年したことは事実ですから、そこは面接で聞かれないときでも、自分から相手に告げて理由も説明するぐらいのほうがいいでしょう。

結局どこかでわかってしまうことですから。

そして理由もまた、もっともらしい理由を挙げると、胡散臭く聞こえてしまうこともあります。

へたに言い訳じみた嘘をつくよりも、正直に話してしまったほうがいいです。

単位が足りなくて留年したときは、

「○○に熱中してしまい、単位が足りずに留年してしまいました。今は気持ちをあらためてしっかり講義に出席しております」

など。

「自分の考えが甘かった」とか「就活に本気になれなかった」でもいいですが、最後はフォローするかたちで、言い方に工夫して、理由の説明を終えたほうがいいですね。

引用元-留年すると就活にどんな影響があるのか? | 30歳までにフリーターから正社員をめざすための就活ブログ

  • 就活では留年した理由を聞かれることがほとんどなので、回答を考えておこう
  • 不利な留年を隠したり、嘘を付いたりするのはNG
  • 正直に話し、最後自分をフォローする形がベスト

下手な嘘や隠し事は、すぐにばれてしまう

受験では自分に不利になることはなるべく隠したいと思ってしまいますよね。しかし下手な嘘や隠し事は、自分が思うより簡単にばれてしまうもの。話しにくいことではありますが、正直に答え、反省を生かして今どうしているのかを伝えましょう。

費用に困らないよう備える事が大事!大学留年が決定した時にまずするべき事!

留年を感じ取ったら、経済的な対策を考えて

留年は、多くの痛みを伴いますが、当面に困るのは、生活費や学費です。奨学金は間違いなく停止しますし、仕送りだって減らされたり止められたりするかもしれません。

自宅から通っている人でも、親から学費の調達を迫られるかもしれません。万一、留年する場合には、それが明らかになったそのときから、経済的打撃という大波に備え、船体を整備しなければなりません。

もちろん、進学や卒業のために残された道があるのなら、試みてみる価値はあります。

しかし、留年する人の多くは、学校から通知が来るよりずっと前に、留年の確定を感じ取っています。

ですから、そういう兆候を感じたときには、可及的速やかに経済の面から対策を立てましょう。

試験期間後、アルバイトに励んでお金を蓄えよう

そして、試験期間が終わったらすぐに、場合によっては試験を見切ってでも、実行に移すのです。

春季の休暇を利用して、スキー場あたりに住み込んで働けば、生活費もかからず、無駄な出費を押さえられます。

また、4月以降も継続して働けるような安定したアルバイト先を探し、それに加えて日雇いの仕事をしてもよいでしょう。

とにかく、腹を据えて稼ぐことに専念すれば、正式な留年通知が届くころには、なんとか、自力で持ちこたえられるだけの資力はつくことと思います。

学費がどうしても用意できないときは・・・

どうしても、資金が底を尽いたという場合には、市中銀行で、学資の融資を受けられます。

ただし、どんな学資ローンでも、融資相手は親で、さらに連帯保証人が必要なこともあります。

当然、それなりの金利が必要です。留年という性格を考える以上、金を借りる場合においても、できれば無利子や定期金利程度で貸してもらえる親戚縁者等を頼るのも、ひとつの有力な選択肢であると思います。

なお、専修大学の場合、銀行の教育ローンの金利を、一部負担してくれる制度があるので、そういう事態になったのなら、相談してみてください。

引用元-留年してしまったら

  • 留年後に困るのは、学費や生活費などの経済面
  • 留年を感じ取ったら、試験終了後の休み期間にアルバイトに励み、お金を蓄える
  • お金がどうしても用意できないときは、学資ローンや大学の制度を検討し、親戚縁者を頼っても◎

学費を稼ぎながら通うのは大変!休み期間中になるべく貯金を

私の夫も就職浪人として2年間長く大学に通っていました。その間、学費・生活費は自分で稼いでいました。授業がほとんどなかったためそんな生活も可能でしたが、そうでない場合はハードな生活になります。余裕のある休み期間中にお金を貯めておきましょう。

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock