気をつけて、あなたの病気は風邪じゃないかも…腹痛と高熱にはご注意を

え!?風邪じゃないの!?腹痛と高熱に注意!

熱を出したとき、何の病気を疑いますか?おそらく風邪ですよね?

発熱は細菌やウィルスと戦う事で体温が上昇するそうです。腹痛は胃や腸の炎症で出るそうですよ。両方の場合は医者に行ったほうがいいですね。

発熱したからって、必ずしも風邪ではありませんね。熱中症やインフルエンザということもあり得ます。また、うつ病で発熱することもあるそうですよ。

どうして起こるか知っていますか?高熱&腹痛のメカニズム

発熱のメカニズム

通常、人の体温は体の体温調節機能によって一定の温度にコントロールされています。これが何らかの細菌感染などが原因で体の中で免疫細胞が活動が活発化した時に発熱の症状が起こります。
発熱の生理学的なメカニズムは、体内に侵入した細菌やウィルスを免疫系が感知して、これらが増殖しやすい適温よりも体内の温度を上げる事で、それらの増殖を抑える効果があります。また、免疫系の細胞の活動適温は通常の体温より高いため、熱が高くなることで免疫活動が活発になる効果があります。
つまり、発熱しているということは、何らかのウィルス感染や異常細胞( 癌など )が体内に存在するという事ですので、発熱の症状が続く場合は、検査や治療が必要です。

腹痛のメカニズム

腹痛は痛みの場所や痛みの範囲、痛みの継続性、痛みの発生するタイミングまたは、腹痛と併発する症状( 下痢・嘔吐・便秘・下血・発熱等 )によって原因や疾患場所が違います。いずれの場合も内蔵の何処かで炎症が起きる事で腹部に激しい痛みを感じる可能性があります。心因性の腹痛でなく( 心因性の場合、時間の経過やストレスの原因が排除されることにより痛みが緩和されます。 )、痛みの症状も著しい場合は、速やかに処置が必要な場合もありますので、ご自身で判断せず、医療機関の診察を受診されることをオススメいたします。

引用元-みたかヘルスケアクリニック

  • 発熱のメカニズム:細菌感染など→免疫細胞が活発化→発熱
  • ウィルスが増殖しやすい適温<体内の温度→増殖を抑える
  • 腹痛のメカニズム:炎症が起きる→腹部に激しい痛みを感じる

熱が出るのは細菌を抑制するためなんですね

熱が出るとよく解熱剤を飲んだりしますが、もしかしてあれって良くないということですか?子供の場合も解熱剤飲ませてはダメとか言われますし。氷嚢当てて我慢するしかないのかな?どうなんでしょう。

誤解しやすいけど…「発熱=風邪」は間違いです

発熱=風邪ではない

人間は風邪以外でどんな時に発熱を起こすのか。考えられる病気については後に説明しますが、まずは日常で起こりやすい原因をいくつか挙げていきます。いずれも病気ではなく一時的なもの、病院に行かなくても休養で改善するものが中心です。ですが場合によっては重症化するケースもあるので注意しましょう。

熱中症

まず身近なものとして熱中症が挙げられます。熱中症は真夏に炎天下の中で活動をしたり、室内で冷房をつけていないと発症する可能性があります。熱中症の代表的な症状は発熱・発汗・意識障害・頭痛などです。特に症状に気づきにくいお子様やお年寄りには注意を払う必要があります。

食当たり・食中毒

次に食あたり・食中毒でも発熱を起こすケースがあります。この場合は発熱とともに下痢・嘔吐・腹痛・吐き気などを感じることが多いので原因にも気づきやすいです。軽い場合は翌日には症状が治まることがほとんどですが、症状が酷い場合には迷わず病院を受診しましょう。

引用元-健康生活

  • 風邪以外での発熱:熱中症、食あたり・食中毒
  • 熱中症:発熱・発汗・意識障害・頭痛など。子供や年寄りは要注意
  • 食あたり・食中毒:下痢・嘔吐・腹痛・吐き気などを伴う

熱中症になるのは、熱を逃がせなくなるからなんですか?

勘違いしていましたが、熱中症って一つの症状を言うのではなく、関連する症状を纏めて熱中症というんですね。中には水分、ミネラルの不足や貧血を起こすこともあるそうで、何れも危険な症状ですよね。

風邪じゃなかった…急性胃腸炎でした|高熱と腹痛の原因となる病気

急性胃腸炎には精神的原因と感染によるものがある

急性胃腸炎には大きく分けて2種類存在し精神的な事が原因で発症する急性胃腸炎と、ウイルスや細菌などに感染して発症する急性胃腸炎があります。

精神的な事が原因で発症する急性胃腸炎の場合はすぐに症状が治まりますが、ウイルスや最近に感染して発症する急性胃腸炎の場合はさらに症状が悪化する可能性があります。

引用元-急性胃腸炎・ノロウィルス・ロタウィルスの症状、感染予防

ウイルスや細菌に感染したことによる痛み

ウイルスや細菌に感染して発症した場合は胃や腸が炎症を起こしますので、強い痛みを伴います。

またウイルスや最近によっては出血を引き起こす場合もありますので注意が必要です。

さらにウイルスや最近が原因の急性胃腸炎では高熱を引き起こす可能性が高いです。

何故ならば体の中でウイルスと細菌が戦っており、その影響で体温が上昇するのです。発熱・高熱に加えて嘔吐と下痢も症状としてあらわれます。

腹痛を伴い、さらに高熱が確認された場合はウイルス感染や細菌感染が非常に濃厚になります。

ウイルスや細菌による急性胃腸炎では抗生物質などの薬による治療が必要になりますので、症状が現れたらすぐに病院へ受診するようにしましょう。

引用元-急性胃腸炎・ノロウィルス・ロタウィルスの症状、感染予防

  • 精神的原因:すぐに症状が治まる
  • ウイルスや細菌感染したことによる痛み:炎症を起こすことで強い痛み
  • 出血を伴ったり、高熱を引き起こす可能性あり:細菌と戦う→体温上昇
  • ウイルスや細菌感染による急性胃腸炎→抗生物質などによる治療→病院へ

大抵の場合腹痛のみだったりしますが、熱が出たら病院ですね

精神的原因も、結局ストレスでしょうから、場合によってはすぐになんか収まらないでしょうね。ウィルスや細菌感染なら、腹痛+発熱ですぐに気づくでしょうから、迷わず病院に行ったほうがいいですね。

検査したら…【インフルエンザ】でした~

インフルエンザの初期症状

インフルエンザにかかった時の初期症状には次のようなものがあります。

38度以上の高熱
全身の痛み、筋肉痛
倦怠感
悪寒
頭痛
吐き気
下痢
咳、たん、くしゃみ

これらの症状からいくつか併発していたら、インフルエンザを疑った方がいいでしょう。

ただし、大抵の場合、初期症状は腹痛、下痢だけではなく、悪寒や高熱、筋肉痛も先行して症状として現れます。

引用元-生活の芽

  • インフルエンザの初期症状:高熱(38℃以上)、筋肉痛、倦怠感、悪寒など
  • 大抵の場合、悪寒・発熱、筋肉痛が先行症状として現れる

インフルに3度もかかれば、すぐ気づきますよ

インフルエンザって、ある意味わかりやすい病気ですよね。3度目にかかった時も、会社に出勤してからおかしいことに気付き、昼を過ぎたころには発熱と筋肉痛が出始めたので、インフルエンザとすぐにわかりました。今はいい薬があるからいいですよね。

心の不調が引き金となる可能性も。うつ病でも高熱や腹痛はおこります

まず風邪から疑う

微熱や高熱がつづいていたり、身体がだるかったり、重かったり。その他、頭痛や腹痛、吐き気などの症状があったら。まず誰しも疑ってみるのが、おそらく風邪ですよね?しかし、それらの症状の中には、内科的な処置を必要とするものだけでなく、〝心の風邪〟ともいうべき、精神の不調、病が隠れていた、というような場合も少なくありません。発熱していたり、身体がだるかったり、頭痛や腹痛、吐き気の症状を覚えて、病院で診てもらったとき、もし、「どこにも異常がない」「原因が分からない」などという診察結果が出たら、精神面での不調、すなわち、うつ病などを疑ってみることも大事かもしれません。

引用元--前向きラポ-

  • 高熱が続く、身体がだるい、重い→風邪を疑う:精神の不調や病が隠れている事も
  • 症状があるのに病院では異常なし→うつ病などを疑う

うつ病でも発熱することがあるんですか

普通、熱が出て体がだるいのなら風邪を疑いますよね。なのにどこも異常なしといわれたら、どうしていいのかわからなくなってしまいます。そんな時、もし精神的にストレスを感じているのなら、心療内科を受診するのもありかもしれませんね。