お腹が冷えると下痢になる!夏の体の冷えや下痢予防の対策は?

お腹が冷えたら下痢に・・・夏に多い冷えからの下痢を防ぐ!

夏場にお腹の不調や、下痢などのトラブルを経験する人が多いようです。下痢になると、しんどいですよね。

実は、食生活の改善や、体を温める工夫により、お腹を温めることで、夏場の下痢を予防することができます。

どのように夏の体の冷え対策や、下痢予防を行なえるのかについてまとめました。

原因について|お腹が冷えると下痢になりやすい

お腹を下すのは?

あなたの身体は、あなた自身の生命を守ろうとします。このことは、公理(自明の前提)であると考えて良いのではないかと思います。ならば、「お腹を下す」ことは「お腹が冷える」という状況から生命を守るため身体が反応した結果である、と考えるのが筋でしょう。

そして下痢と言う現象が「大腸を経由した水分の体外排出」であることを踏まえれば、答えは自ずと導かれます。

水分の体外排出

下痢により排出される水分は血液からもたらされます。そして血液から水分を排出した結果、「末梢(手先、足先)への体熱の移動を抑制して体幹部の熱を逃がしにくく」かつ「熱容量を下げて体温を素早く上げられるように」なります。

冷えるとおしっこが近くなるのも、水分の体外排出という同じ理由によるものと思われます。

大腸経由の水分排出、その他の働き

平常時の水分排出は、主に汗と尿を通じて行われます。これらの経路は排出に特化しており、とても効率的に出来上がっています。反対に、大腸は腸内要物の水分の吸収を生業としていますので、排出を行う器官としては非効率的でエネルギー損失が大きいと考えられます。

ただし、「お腹が冷える」と言う状況において身体はお腹を温めようとしますので、非効率的な水分排出を行う大腸はエネルギーを大量に使う発熱機関として利用されることになります。

あるいは、酸塩基反応(酸アルカリ反応)などの化学反応により水と同時に熱(中和熱)を産生しているのかもしれません。

温めるべきところ(体幹部、体の中心部)で熱を生み出す。熱の移動や放散によるロスが最小限になることを考えれば、これほど理に適ったことはありません。熱産生の結果として便に水が混じるのも、また平常時の体熱産生に寄与していると言われる腸内細菌叢を洗い流すことになろうとも、生命維持と引き換えなら安い物です。

引用元-お腹が冷えて下痢になる原因は身体の防御反応にあり | プラセブログ

  • お腹が冷えると水分を体から出すことで、体の体温が下がるのを防ぐ
  • 通常は汗と尿によって水分は体の外に出て行っている
  • 生きていくためには非効率と思われる大腸での水分排出も必要

体のトラブル時には、通常の体の動きとは違う動きをする

私たちの体は通常、汗や排尿によって体温調節を行なっています。ですが、体のトラブル時には通常の体温調節だけではうまくいきません。そこで、腸も血液中から水分を排出することで、熱が体から逃げていくのを防いでいるようです。

下痢になることが多い夏のお腹トラブル!身体の冷えや下痢になりやすい

下痢になることが多い季節は夏?

下痢になることが多い季節について聞いたところ、最も多い回答は「夏」(50%)、次いで「冬」(40%)だった。同社はアルコールの摂(と)りすぎによって胃腸にダメージが蓄積したり、冷たい飲み物によって身体が冷えたりするなど、夏の生活習慣が下痢を誘発する原因ではないかと分析している。

夏にお腹にトラブルを感じる原因とは?

夏におなかのトラブルを経験したことがあるか尋ねると、約6割が「ある」と回答した。トラブルの原因を聞くと、1位は「冷房による冷え」(54%)となった。次いで「水・ジュース等の飲み過ぎ」(44%)、「アイスクリームなど冷たいものの食べ過ぎ」(38%)となり、夏の生活習慣がおなかのトラブルの原因になっていることがうかがえる。

男女別にみると、男性の夏のおなかのトラブルの原因1位は「水・ジュース等の飲み過ぎ」(44%)で、特に50代以上の男性では、「アルコールの飲み過ぎ」が半数以上を占めた。一方、女性は66%が「冷房による冷え」と回答。特に20代女性は71%が「冷房による冷え」を、夏のおなかのトラブルの原因だと考えていることがわかった。

引用元-夏のおなかのトラブルで困ったシーンの2位はBBQや夏祭り、1位は…… – BIGLOBEニュース

  • お腹に不調を感じるのは冬より夏の方が多い
  • 男性の場合、夏に冷たいものを飲みすぎたことが不調の理由だと感じている
  • 女性の多くは冷房によって体が冷えたことが不調の理由だと感じている

夏場にお腹を壊しやすい場合は、温かい飲み物を飲むように注意する

冬より夏の方が、お腹の冷えに注意する必要があります。夏場には冷たい飲み物を飲んだり、エアコンに長時間当たることにより、お腹を冷やしてしまうことが増えます。飲み物は温かいものを飲むほうが、お腹のためには良いですね。

冷え対策について|電車内やオフィスの冷房でお腹冷え下痢になってしまう

電車内で冷え対策は?

電車内で冷房が効きすぎているせいでお腹が冷えて痛くなってくる
という経験をした人も多いと思います。

冷えるとお腹が痛くなる原因は、内臓の機能に関わっています。
食べたものなどはお腹の中にある内臓で消化、吸収を行っていますが、
その内臓は温度の変化に敏感で、温度が下がると機能が低下してしまう
という特徴があります。

そのため冷えると消化不良をおこし、下痢のような状態になりやすい
というわけです。

しかし寒くても内臓さえ冷やさなければ急激な腹痛にはならないので、
対処として腹巻や腹部だけにカイロをつけたり部分的にさすったり
することで予防することができます。

引用元-お腹が冷えると腹痛や下痢になる原因と対処

オフィスでの冷え対策

オフィスの冷え対策として、「カーディガンにひざかけ、レッグウォーマーの3点セットで武装」(32歳・メーカー)なんてのは、もはや普通。

「エアコンの風が私のデスクを直撃するので、送風口に段ボールを貼って、風向きを変えている」(31歳・金融)

「デスクの引き出しの中には、チューブの『おろし生姜』を常備。ティーバッグで『しょうが紅茶』を作って、体の中からあたためるようにしています」(28歳・流通)

 とまあ、あの手この手で抗っています。

引用元-夏は、おなかが不調な季節。原因は避けられないアレだった! | 女子SPA!

  • お腹の温度が冷えると、体の内臓の働きが低下する
  • 腹部にカイロを貼ったり、腹巻をするなど温めると良い
  • 会社ではカーディガンを羽織るなど、体を冷やさないようにする
  • 飲み物に生姜などを入れ、体を温める

お腹の冷えを予防するために、一枚余分に服を用意しておこう

お腹を温めると事で、内臓の温度低下を防ぐことができます。カイロや腹巻を使用することで、お腹を冷やさないようにしましょう。また、羽織物を一枚羽織るだけで、お腹の冷えを予防できることもありますよ。

夏は『お腹トラブル』が多い!防ぐ食事は?50代男性の下痢は飲み過ぎが原因!

アンケート調査の結果

大幸薬品株式会社が15~69歳の男女1,200名を対象に行った「日本人のお腹のトラブル」についての調査では、50%もの人が夏に最も下痢をしやすいと回答しました。特に50代以上の男性では、「アルコールの飲み過ぎ」を下痢の理由に挙げる人が多く、夏の食生活がお腹に悪影響を及ぼしているようです。

そこで今回は、体を温めて“お腹トラブル”を防ぐ食生活のコツをご紹介します。

スパイスや薬味を取り入れる

唐辛子やしょうが、胡椒などのスパイスがもつ辛味には、交感神経を刺激して褐色脂肪細胞を発熱させるはたらきがあります。冷たい飲食物や冷房による冷えを改善するためには、味噌汁などの汁物や紅茶などのホットドリンクにスパイスを加えて飲むのが効果的。特に冷房の効いた室内では身体の表面が冷えやすいため、温かい飲み物で水分を補給しましょう。

また、ネギやからし、ミョウガなどを薬味として料理にプラスすることで、血行促進効果がUP。冷えて滞った血の巡りを改善してくれます。味付けにラー油やマスタードを加えるのもおすすめです。

たんぱく質をしっかり摂取

体内の熱を生み出すのは筋肉のはたらき。筋力や筋肉の材料であるたんぱく質の摂取量が不足すると、体内のはたらきや体温調節機能が減退してしまいます。肉や魚、卵、大豆製品に豊富に含まれるたんぱく質の摂取は欠かせません。

また、たんぱく質は消化・吸収の過程で発生する熱量が多い食材。食事で取り入れた栄養素を分解・吸収する際に体熱として消費する“食事誘発性熱産生(DIT)”は、糖質や脂質よりも圧倒的にたんぱく質が大きいのです(たんぱく質のみを摂取した場合は摂取エネルギーの約30%、糖質のみの場合は約6%、脂質のみの場合は約4%)。

たんぱく質は食べるだけで体温上昇を促進させる食材。夏はさっぱりしたものを食べたくなってしまい、そうめんなどの糖質中心の食事になりがちですが、積極的にたんぱく質を取り入れるように心がけてください。

引用元-50代男性は飲み過ぎが原因⁉ 夏の「お腹トラブル」を防ぐ食事 | マイナビニュース

  • 飲み物に体を温める働きのある生姜などをプラスする
  • 冷房のきいている場所ではホットドリンクを飲む
  • 体を温める効果のある薬味を料理に使う
  • 筋肉が熱を生産できるようにタンパク質を摂取する

冷えの解消には、食生活の改善も大切

食習慣を改善することでも、冷えを解消することができます。体を温める効果のある薬味や香辛料を積極的に料理やドリンクに摂り入れて、体を冷やさないように工夫することができます。また、熱の原材料であるタンパク質の摂取も忘れないようにしましょう。

対処法のご紹介☆突然!お腹が痛くなった時、試してみよう

腹痛や下痢を楽にするポイント

実は腹痛や下痢を楽にするポイントがいくつかあります。

本来お腹が痛くなった時には、やはりトイレに行くのがベストです。
体外に出すことが一番良い対処法ですからね。

でも、
必ずしもトイレにすぐ行ける状況というのはそう多くはないのではないでしょうか。
「あと10分で授業が終わる。」
「あと5分だけもってくれ…」

そういった時に限って痛みが襲ってくるものです。

出来る事で結構ですので、何とかその場をしのぐ為に試してみて下さい。

① 腹部のマッサージ

腹部を直にゆっくり撫でる。撫でることで腸の活動をおさえる効果があります。
ポイントは反時計まわりになでることです。

② 深呼吸する。

深呼吸を繰りかえすことで、酸素を身体に取り込んで痛みをおさえられます。
リラックス効果も見込めます。

③ ベルトを緩める、外す。

お腹を締め付ける行為をやめることで、痛みがおさまる事もあります。
マッサージもやると尚良いですね。

引用元-下痢と腹痛の原因は!?突然お腹が痛くなった時の対処法。 | ためになる雑学が5分で学べるブログ

  • お腹の調子が悪い時には我慢せずにトイレに行く
  • お腹を反時計回りにマッサージする
  • 大きくゆっくり息をすることでリラックスする
  • お腹を締めているベルトなどを外す

ゆったりした気持ちで、お腹をさすると、不調が改善することもある

お腹の調子が悪い時には、そのことで頭がいっぱいになりがちです。ですが、ちょっと深呼吸をし、リラックスした気持ちで、お腹をさすってあげると、腹痛がおさまる場合もあります。ぜひ、やってみてくださいね。