トイレの我慢を限界まですると深刻な問題に!病気になる可能性

トイレの我慢を限界までしては深刻な問題になる可能性があります

トイレを我慢した経験がありますか。時には我慢しなければならないトイレですが、限界を超えると多くの病気を引き起こします。

病気と聞いて、真っ先に思い浮かぶのが膀胱炎。ですが、潜んでいる危険はそれだけではありません。

かかる可能性のある病気や、病気を予防するためにできることについてまとめました。

どこまで我慢できるのか?トイレの限界について

膀胱の大きさが限界を決める?

■おしっこはどこまで我慢できる?
まず知っておくべきことは、「トイレをどこまで我慢できるのか?」でしょう。

やっぱり限界を知っておくことは大事ですからね!

一応、何をもって限界なのかというのを決める基準としては
膀胱の大きさ」が扱いやすいようですね!

ちなみに平均は約500mlらしい・・・
ちょっとリアルな数値ですよね。笑

男女で異なる我慢の限界

ただやはり男女で比較しても膀胱の大きさも違うし、
我慢の限界値も違うみたいですね。

尿道の長さが女性と男性とでかなりの差があると・・・
ちなみに男性の方が我慢の限界点は高いみたいです。

調べて思ったのですが、、、

「あ、もうこれ以上我慢したら倒れる」とか
「やばい、目が霞んできた」っという限界まで我慢するのは止めましょう。笑

引用元-おしっこの我慢に限界はあるの?トイレを我慢する方法はコレ! | ALL You NeeD is InformaTion Blog

  • トイレを我慢できる限界を知っておくことが大切
  • 膀胱の大きさは約500ミリリットル
  • 男性の方がトイレを我慢できる
  • 限界までトイレを我慢してはいけない

トイレを我慢できる時間は膀胱の大きさや尿道の長さが関係している

男性の方がトイレを我慢できるというのは聞いたことがあります。よく「女性はトイレが近い」という表現をしますよね。それには、膀胱の大きさだけでなく、尿道の長さが関係しているんですね。どちらにしても、限界と感じる前にトイレには行きたいものです。

起こる病気とは?トイレを限界まで我慢することで

膀胱炎になる原因と症状

■トイレを我慢すると雑菌が増える
トイレを我慢していると膀胱炎になりやすいというのは知っている人も多いと思います。なぜ膀胱炎になるのかというと、トイレに行く回数が少ないと尿道で雑菌が繁殖してしまうからです。

雑菌が繁殖して膀胱に炎症が起こると膀胱炎になってしまうのです。

トイレにいって尿を出すという行為は、尿道や膀胱にある最近を尿で洗い流すという役割があるのです。トイレに行って排尿しないと細菌感染が起こって膀胱炎になってしまうのです。

■膀胱炎になるとどうなる?
膀胱炎の症状は残尿感、痛みや高熱、ひどくなると腎盂腎炎などを引き起こすこともあります。

膀胱炎になると、つーんとした痛みを感じたり、残尿感がひどくなり何度もトイレに行きたくなります。下腹部に痛みを感じるようになり排尿時にひどい痛みを伴うことも。また、血尿を出すこともあります。
膀胱炎はつらいものです。症状が出たら軽いうちに病院に行きましょう。

膀胱炎は予防できる?

■膀胱炎の予防は?
一度膀胱炎になるとクセになると言われます。膀胱炎になったら完治してもさらに注意が必要です。

予防としてはトイレを我慢しないこと。生理のときなどもこまめにトイレに行って清潔にするようにしましょう。さらに排便後はお尻を前から後ろに拭くようにしましょう。

また、性行為の前にはシャワーを浴びて清潔にし、行為の後はトイレに行って尿道や膀胱に入った菌を排出するようにしましょう。

引用元-女性がトイレを我慢すると起こる病気と対策方法 | 女性の美学

  • トイレを我慢すると尿道に菌が増える
  • 尿には尿道や膀胱を掃除する役割がある
  • 膀胱炎は腎盂腎炎に発展する
  • 膀胱炎になると何度もトイレに行きたくなる
  • 膀胱炎になったと感じたらすぐに病院へ
  • トイレを我慢しないことで膀胱炎を防ぐ
  • 性行為の際は清潔をこころがけよう

辛い膀胱炎を予防するためにトイレは我慢しない

膀胱炎になると日中何度もトイレに行くようになるだけでなく、夜間にも残尿感でトイレに起きるようになってしまいます。眠れないのは本当にしんどいですよね。そんな思いをしないためにも、トイレを我慢しないことで、膀胱炎を未然に防ぎましょう。

膀胱炎よりも深刻な問題に!?トイレを限界まで我慢し続けると…

限界まで我慢し続けると膀胱炎よりも深刻になる可能性が…

尿のタンクである膀胱が大きなれば解決するのだろうか?単純明快な方法だが、答えはNoで、逆に排尿が困難になってしまうのだ。

蓄尿も排出もスムーズにおこなえる尿の量は、成人男子なら身長170cmで700ml、180cmクラスになると1,000mlが目安とのデータがある。つまりこれが膀胱の大きさだ。

排尿は膀胱壁平滑(ぼうこうへきへいかつ)筋の収縮によっておこなわれ、絞るようにおこなわれるのだが、袋が大きくなり過ぎると平滑筋が伸びきってしまい、収縮力が低下する。これが排尿困難の原因だ。

どれくらい我慢すると危険なの?

排尿に悩みを持つ患者のデータを集めた文献には、膀胱の大きさと残尿、身体の不調が記されていた。例を挙げると、

・852ml … 320ml … 排尿困難

・1,606ml … 650ml … 発熱

・2,365ml … 2,365ml … 尿失禁

と、概して膀胱が大きく残尿量が増えるほど、不調の度合が増す。2,365mlの例は自力で全く排尿できない状態だから、心身ともに健康とは程遠い。おしっこの我慢し過ぎは禁物だ。

放っておくと膀胱内の神経が変性したり、腎臓と膀胱の間にある腎盂(じんう)が膨らんでしまう水腎(すいじん)症にもつながるから侮ってはいけない。思い当たる節がある人は、早めにお医者さんに相談しよう。

引用元-トイレを限界まで我慢すると?「膀胱が大きくなりすぎて尿が出ない」|「マイナビウーマン」

  • 膀胱が大きくなりすぎると排尿困難になる
  • 膀胱が大きくなると排尿時に必要な収縮力が低下
  • 2,356ミリリットルまで尿をためると自分では排尿できなくなる
  • おしっこを我慢することは水腎症などの病気の原因

長時間トイレに行けそうにない時には、先にトイレに行っておこう

おしっこを我慢しないといけない時ってありますよね。でも、我慢のし過ぎが積み重なると、排尿困難になってしまうことも…。予防のためにも、長時間トイレに行けなくなるとわかっている時には、事前にトイレを済ませておくと良さそうですね。

深刻な問題とは?限界までトイレを我慢しすぎると…

おしっこを我慢し過ぎるのは危険かも?

おしっこを我慢しすぎるとお漏らしに繋がります(笑)

これだけならまだ、カワイイものですが、
おしっこを我慢することには、
実はもっと大変な問題が潜んでいるのです。

おしっこを我慢する機会が増えて、
日常的になってしまうと病気に繋がります( ̄Д ̄;) ガーン

おしっこは身体にとっては老廃物・・・
要は、排出すべき不要な物質です。

長時間貯め込むことによって毒素となり、
排出されなければ体内に毒素が蔓延しかねないのです。

おしっこを我慢すると病気になる

おしっこを我慢することで思い浮かぶ病気のひとつに
膀胱炎」がありますよね。

他にも腎盂腎炎、尿毒症、腎臓病などが上げられます。

おしっこの我慢は腎臓に大きな負担をかけてしまいますΣ(゚皿゚) ガビーン

腎臓の機能が低下するとひどいむくみの症状が表れたり、
いつも身体がだるいなどの不快な症状が慢性化してしまいます。

もっと恐ろしいのはおしっこを我慢することを習慣化してしまったばかりに
知らぬ間に膀胱が風船のように膨れ上がってしまい、
最後には破裂の可能性もあるということです。

おしっこの我慢のし過ぎは、ひとつもいいことがありませんよ( ̄ー ̄; ヒヤリ

引用元-おしっこの我慢のしすぎは危険?病気にならないための対処法はこれ! | ALL You NeeD is InformaTion Blog

  • 尿には体に不要な物が含まれている
  • 尿に含まれる毒素が体中に影響を及ぼす
  • 膀胱炎、腎盂腎炎、尿毒症、腎臓病といった病気になりやすい
  • むくみや倦怠感は腎機能の低下のサイン
  • 膀胱破裂が起こる場合もあるので注意

おしっこはできるだけ早く体の外に出そう

尿には体に有害なものが含まれているんですね。確かに、風邪を引いた時「飲んでおしっこをたくさん出しなさい」と言われたことがあります。風邪の菌もおしっこから出ていくということでしょうか?そう考えると、尿はできるだけ早く体の外に出したいですね。

膀胱炎の原因と尿意に良くない!トイレを我慢するのは

膀胱炎の原因と尿意の関係

よく、「おしっこを我慢すると、膀胱炎になる」と言われますね。これは、可能性の高い話です。それには大きく2つの理由があります。ここでは、急性膀胱炎(以下膀胱炎)とトイレを我慢することを中心に、膀胱炎の原因について説明します。

「おしっこを我慢すると、膀胱炎になる」と言われますが、それには大きく2つの理由があります。

・排尿には、膀胱や尿道に侵入した細菌を洗い流す役割があるため、トイレに行くのを長時間我慢していると、尿道などの細菌が繁殖しやすくなります。

・膀胱の粘膜には感染防御作用があります。トイレに行くのを我慢していると、膀胱の粘膜が広がりっぱなしになります。この粘膜が広がった状態が継続すると、血流が悪くなるなどして、大事な感染防御作用が低下してしまいます。

3~4時間に1度はトイレに行く習慣を

では、トイレにはどのくらいの回数、行けば良いでしょうか。

人によっては極端に排尿の回数が少なく、「別に我慢しているわけじゃないから大丈夫。」という人もいますが、膀胱の細菌が増えないようにするためには、とくに尿意がなくても、トイレに入る習慣をつけたいものです。朝起きたときと夜寝る前に各1回、日中は3~4時間に1度で、1日4~5回が目安です。

あまりトイレに行きたくならないという人は、利尿作用のある飲み物を飲むと良いでしょう。コーヒー、紅茶、お茶など、カフェインの入った飲み物には利尿作用があります。ビールにも利尿作用はありますが、アルコールには脱水作用もあるため、飲み過ぎには注意しましょう。

引用元-トイレ・尿意を我慢するのは膀胱炎の原因になる? | ヘルスケア大学

  • おしっこを我慢すると尿道などの菌が増える
  • おしっこを我慢すると膀胱の粘膜が広がる
  • おしっこを我慢して血流が悪くなると感染しやすくなる
  • トイレは1日に4~5回行くのが一般的
  • コーヒーなど利尿作用のある飲み物でトイレに行く習慣を身に付けよう
  • ビールには脱水の危険性もあるので注意

トイレに行くことは体にとって大切なこと

すぐトイレに行きたくなる私は、あまりトイレに行かない人のことを羨ましいと思っていました。でも、この記事からトイレに行かないというのは良いことではなく、逆にトイレに行くほうが体には良いことを学びました。