幼稚園運動会の競技がおもしろい!どんな種目が?タイトルも注目

運動会競技: おもしろ種目を知りたい!(幼稚園編)

近年の幼稚園運動会の競技は、様変わりしつつあります。

運動会ではデカパンレース、魚つりリレー、うちのアンパンマン、おにぎり運びレースといった競技が行われています。

いったいどんな競技なのでしょうか。親子競技の種目やタイトル、競技方法についてまとめました。

なぜ?どんな目的で幼稚園の運動会は開催されるの?

幼稚園の運動会の目的

幼稚園の運動会は、保育士、親子の交流を目的とした一環と考えていいと思います。
一致団結して、感動したり、おもしろいプログラムがあったりといろんな方が試行錯誤して作られています。

運動会のプログラムは?

特に難しいことをすることもなく、決められたプログラムにそって、親子で参加したり、園児だけが参加したり、時には保育士が参加したりと全員で運動会を作っていく感じです。
幼稚園の運動会は特にプログラムが決まっているわけではなく、その幼稚園によってもプログラムは様々です。

引用元-幼稚園での運動会の競技は何をするの?しっかり事前準備をしましょう | おもしろい雑学の知恵袋

  • 職員と保護者とその子供たちの交流の機会として運動会がある
  • 参加者全員で運動会を盛り上げる
  • 幼稚園により、独自のプログラムを作っている

運動会はお互いを知る機会になる

最近では運動会が、春に行なわれることも増えてきました。秋頃だと、暑さで倒れる子どもたちが多いからのようです。新学期早々、まだ、良く知り合っていない先生たちと子供達、そして保護者が一緒になって行う運動会。お互いを知り合う良い機会ですね。

デカパンレースって?幼稚園運動会のおもしろ競技①

デカパンレース

大きなデカパンを用意し、片側の足の部分に親、もう片方に子どもが入り、十数m先のカラーコーンを回って元に戻り、バトンタッチという競技です。

デカパンレースの注意点

子供とのスピードを考えて走らないと転んでしまうので、結構盛り上がりますよ。

引用元-幼稚園の運動会の親子競技!定番から変わったものまでご紹介! | お役に立つよどっとこむ

  • 大きなズボンに親と子供が入って、走るレースをデカパンレースという
  • 子供と大人の走るスピードが違うので転倒しやすい

デカパンレースは二人三脚に近い

デカパンレースは二人三脚の紐がズボンに変わったものです。ズボンの場合は二人三脚とは異なり、足元が見えないため、歩幅やスピードを合わせにくいですね。競技に熱中してしまうと、親が自分のペースで走ってしまい転倒しやすくなります。

魚つりリレーって?幼稚園運動会のおもしろ競技②

魚つりリレー

簡単な釣り竿を作り、十数m先に、魚に見立てた釣れやすくて軽いものを準備します。
両方に磁石などを付けておくと釣れやすく、時間がかかりません。

魚に見立てたものが釣れたら、それを持ち帰り、バトンタッチします。

魚つりリレーの注意点

親子の息があっていないと、一緒に釣るのが難しく、見ている人はハラハラしますよ。

引用元-幼稚園の運動会の親子競技!定番から変わったものまでご紹介! | お役に立つよどっとこむ

  • 磁石に貼り付けられている魚の絵を釣る
  • 親子で一緒に魚を釣る

魚つりリレーのイメージはクレーンゲーム

昔、お楽しみゲームなどで楽しんでいた魚つりのゲーム。釣った魚に点数が書かれていて、その点数を競っていました。まさか、そのゲームが運動会に取り入れられてリレーになっているとは驚きです。クレーンゲームの簡易版といった感じですね。

ウチのアンパンマンって?幼稚園運動会のおもしろ競技③

ウチのアンパンマンとは?

親子運動会の年少以下(歩ける子で出られる子は皆出ました)の子どもと父兄向けに、「ウチのアンパンマン」という競技を考えました。
・コースの中途(変身ゾーン)に、色画用紙で作ったアンパンマンのお面と赤いマントを用意。(これは競技が終わったらそのままプレゼントしたので、人数分作りました)
・スタート位置から、子どもを抱いた父兄が変身ゾーンに向けて走ります。(「走ってください」とは言いませんでしたが、皆走りました)
・変身ゾーンで、子どもがアンパンマンのお面とマントをつけて変身!
 変身ポーズ!
・「変身したらアンパンマンです、もうだっこはいりません」子どものマントの端を父兄が掲げて持って、「飛ぶポーズ」で走ってゴール。

競技の結果とは?

競技結果は、「速さじゃなくて、『変身ポーズ』と『飛ぶポーズ』の出来で決めます」と言っておきました。
もちろん、お約束で、「みんなすばらしすぎて困ったなあ。…みんな1位!」でした。

引用元-幼稚園年少組運動会親子競技 – 幼稚園・保育所 解決済 | 教えて!goo

  • 競技の途中で変身ポーズと飛ぶポーズをする
  • 順位は速さではなく、変身や飛ぶ際の格好で決める
  • みんな1位というところで競技終了

運動会に楽しく参加できることが大切

順位がはっきりわかる競技も大切ですが、年少組などは運動会に楽しく参加できることのほうが大切ですよね。子供たちが大好きなキャラクターを使用した、競技を考えている幼稚園も多く、子どもたちが運動会が楽しかったと感じれるように工夫されています。

親子でおにぎり運びレースって?幼稚園運動会のおもしろ競技④

おにぎり運びレースで準備するもの

1レースの組の数だけおにぎりの模型を用意します。
おにぎりは1つずつ種類を変えて、うめぼしの絵を貼ったり魚の絵をつけたりゴマをまぶしたようにして一目で分かるようにします。

おにぎりは箱に紐をつけたものに乗せて、引っ張って走れるようにセットします。おにぎりと同じイラストを用意して、コースに置きます。

運ぶ箱とイラストカードの色を同じにして、見分けがつくようにすると分かりやすいです。

おにぎり運びレースの方法

走者は親子で手をつないで、よーいドンでカードを1枚選んで拾い、同じおにぎりを探して、親子で引っ張ってゴールを目指します。

引用元-保育園の運動会!親子競技でおもしろ種目を考えた!

  • 様々な種類のおにぎりの絵を準備
  • おにぎりの絵を箱に付け、引っ張れる紐を取り付ける
  • 自分の選んだカードと同じおにぎりを探してゴールに運ぶ

おにぎり運びレースは借り物競争に似ている

おにぎり運びレースは選んだカードと同じものを見つける点が借り物競争に似ています。現在では、人にものを渡したくない人が多く、借り物競争よりも、おにぎり運びレースの方が時代のニーズに合っているのかもしれません。

競技タイトルまでもおもしろい!幼稚園運動会の現状

思わず笑ってしまうタイトル

思わず笑ってしまう様なタイトルもありましたので一部をご紹介♪

『ものよけ姫』障害物競走みたいなものでしょうか?

『借り物暮らしのアリエッティ』借り物競走かな?

『アナとカゴの女王』玉入れですかね(;´・ω・)

『ダディーパミュパミュ』ちょっと想像つかないですが幼稚園の競技です(*’ω’*)

タイトルが楽しめると?

タイトルから楽しめるプログラムだと、気になって見に来る人も増えそうですよね!!

引用元-幼稚園の運動会でユニークな種目や曲が知りたい! | 子育て支援ブログ赤子くらぶ

  • 競技名を面白いものにする
  • 競技名に関心を持ち、運動会に来てくれる

保護者の関心を引く競技名を考える

最近の保護者は仕事が忙しく、以前ほど、幼稚園の行事に参加しなくなっています。そのため、競技自体だけでなく、競技名を考える時にも工夫が必要なようです。関心を引く名前を付けることで、保護者に足を運んでもらうことができますね。

親子競技の中で1番おもしろかった競技タイトルを幼稚園ママに選んでもらったら

親子競技について知りたいこと

幼稚園の親子競技で盛り上がった!楽しかった競技を教えてください!
いろいろ本を見て選んでいるんですがしっくりこなくて…
学年は四歳児
親子競技は団体種目で
ちなみに去年はリアカーに子供を乗せて競争しました
その前ははらぺこあおむしの絵本に沿ってキャタピラから蝶々になって抱っこされ走るというものでした
経験談聞かせてください(>_<) 
引用元-幼稚園の親子競技で盛り上がった!楽しかった競技を教えてください… – Yahoo!知恵袋

盛り上がった競技

子供が年中の時でしたが、グループを2つに別けて借り物競争ならぬ借り人競争をやってすごく盛り上がりました。先生が、『眼鏡をかけたお父さん』とか、『赤い靴を吐いたお母さん』、などと書いた画用紙を見せて、親子で探しに行き、頼んでつれてくる、園長先生がオッケーしたらゴールで次の親子にタッチ。
あと、かくれんぼもよかったです。親が顔を伏せて椅子に座り、子供が自分の親を探す、全員が早く親に会えたチームが勝ち。
あと、小さいフラフープみたいな輪っか2つを重ねて、棒を一本ずつで親子で持って運ぶ、ユータンして戻ってきて次の子にタッチ。
あと、オセロみたいに白と赤のパネルをたくさん並べて、自分のチームの色にひっくり返す。自分がひっくり返してもまた相手にひっくり返されたりして、盛り上がりました。最後にたくさんひっくり返せたグループが勝ち。

どれも盛り上がりましたよ♪

引用元-幼稚園の親子競技で盛り上がった!楽しかった競技を教えてください… – Yahoo!知恵袋

  • リアカーに子供を入れて走る
  • お題に出てくる人を連れてくる借り人競争
  • 顔を隠している親を子どもが当てる
  • 大判オセロも盛り上がる

事故なくみんなが楽しめる内容が選ばれる

幼稚園では楽しめる運動会の競技が沢山考えられています。ただし、競技内容を聞いていると運動会というよりは、お楽しみ会といった雰囲気の競技が多くなっています。そのほうが、事故することなく、みんなが楽しめるのかもしれませんね。