風邪やインフルエンザは、お風呂で感染する?注意する事は?

風邪やインフルエンザ、お風呂で感染することはある?

子どもの頃、風邪やインフルエンザにかかって熱がある時には、お風呂に入ってはいけないと言われていましたね。今はそうは言わないようです。

ただ、気を付けた方がよいこともあります。

ここでは風邪やインフルエンザの時のお風呂の入り方についてまとめました。

そもそもお風呂に入っていいの?風邪を引いたとき

子どもの時にお風呂がダメと言われた理由

そもそも風邪を引いたときというのは、お風呂に入っても良いものなのでしょうか。
子供の頃には、風邪を引いたときはお風呂に入ってはだめ、と言われた経験がある人もいるでしょう。
しかし、これはお風呂が外風呂だったり、銭湯などに通わなければいけなかった頃の常識。
お風呂から出た後に体を冷やしてしまう環境だったため、昔はこのように言われていたのです。

今は入って良い

家でお風呂に入れるようになった現状では、症状がよほどひどい場合でなければ、お風呂に入った方がすっきりして温まるので、風邪も治りやすいと言われています。

引用元-風邪で風呂に入るとうつるの?熱の場合は洗髪したらダメ?

  • 風邪をひいている時はお風呂に入って良いのか
  • 子どもの時はだめと言われたのは、外風呂だったり銭湯だったりで体は冷えるからだった
  • 家でお風呂に入れるので、今は症状がひどくなければ温まって風邪も治りやすいので入って良いと言われている

内風呂だと問題ないですね。

お風呂自体が風邪に悪いのではなく、環境がダメだったようです。子どもの予防接種の後でも今はお風呂に入れていいと言われているようです。常識だと思っていたことがどんどん変わっていくのですね。

こんな症状の時はお風呂に入ってはダメ!【風邪の時】

大人の場合

・熱が38度以上ある
・全身の倦怠感が強い、もしくは悪寒がある
・下痢や嘔吐をしている

このような場合は、お風呂に入ることで症状をさらに悪化させてしまうことがあるため、お風呂に入るのは止めましょう。

赤ちゃんや子供の場合

・熱が38度以上ある
・機嫌が悪い
・ぐったりしている
・下痢や嘔吐をしている

赤ちゃんや子供は、症状を自分で訴えることができません。
そのため、高熱や下痢といった症状以外にも、顔色や様子などを見てお風呂に入れるかどうかを決めましょう。

引用元-風邪の時のお風呂の入り方!家族にうつる場合があるの? ? 豆知識PRESS

  • 大人の場合は熱が38℃以上あり全身の倦怠感が強いもしくは悪寒がある時には入ってはいけない
  • 下痢や嘔吐をしている際もお風呂で症状を悪化させる可能性がある
  • 赤ちゃんや子供であれば、熱が38℃以上で下痢や嘔吐をしている時にはお風呂に入れない
  • 症状を自分で訴えられないので、ぐったりしていたり機嫌が悪い時も顔色や様子を見て考えよう

子どもは多少の熱でも元気に見えます。

子どもの場合、機嫌よく遊んでいると思っていたら実は高熱が出ていたということがよくありますよね。どこが痛い、どうしんどいとしゃべってくれるわけではないので、周りの大人が様子をしっかり確認しなければいけないですね。

注意することは?風邪、インフルエンザにかかった場合の入浴

お風呂の入り方は

・熱めの風呂でサッと入る
長時間の入浴は意外と体力が消耗します。長湯はせずに少し熱めのお湯にさっと入ってさっと出るのが効果的です!40℃以上のお風呂なら脈拍が上がりすぎない3〜10分が適当

・脱衣所を暖かくしておく
ストーブなどおけない場合はサッサと脱いですぐに入浴、または浴室全体を暖めておくようにします。

・入浴後の湯冷めに注意
お風呂上がりに気をつけるのは着替えるタイミングです。まだ汗が出ている最中に着替えると逆に寝冷えの原因にもなります。入浴後の体の汗をしっかりと押さえてから暖かい恰好に着替え、髪の毛も早めに乾かすようにしましょう。

・入浴後はしっかり水分補給
湯船に入るとシャワー以上に体力は消耗し、たくさん体内から水分が失われます。経口哺水液系の飲み物でしっかり水分補給しましょう。

引用元-【インフルエンザ】お風呂はいつから入れる?入り方や感染・注意点とは? | 話題ネタ!会話をつなぐ話のネタ

熱がある時に洗髪してもOK?

お風呂に入ること自体は、体を温める効果やリラックス効果もあるため、風邪の場合でもOKなのですが、洗髪となると、少し話は変わります。
風邪を引いている時にお風呂に入る際の注意点としては、長風呂をしすぎず、お風呂から上がった後で体を冷さないこと。
ところが、洗髪してしまうとその後に髪を乾かすのに、どうしても体が冷えやすくなってしまいます。
特に女性などロングヘアの場合などは、乾かすのにもかなり時間がかかる場合もあり、注意が必要です。
そのため、風邪の時にはなるべく洗髪は行わないのが基本です。
嘔吐などで汚れてしまった場合を除き、なるべく洗髪するのは避けた方が良いでしょう。

引用元-風邪で風呂に入るとうつるの?熱の場合は洗髪したらダメ?

  • 長湯はせずに少し熱めのお湯でサッと入る
  • 脱衣所や浴室全体を温めておく
  • 入浴後はしっかりと水分をふき取り、髪を早めに乾かして経口哺水液などで水分補給する
  • 洗髪をすると乾かすのに時間がかかり、体が冷えやすくなるので、洗髪は避ける

髪を乾かすのに非常に時間がかかってしまいます。

ロングヘアなので、普段から髪の毛を乾かすのに手間取っています。タオルドライしてもずっとドライヤーを当てていないとなかなか乾きません。普段でも冬などは湯冷めしそうになるので、風邪をひいている時は洗髪をやめようと思います。

家族に感染しない?風邪・インフルエンザにかかった人がお風呂に入ることで

希釈は最大の消毒

風邪やインフルエンザに感染している人が入浴した後のお風呂に入ることで、風邪やインフルエンザに感染しないのでしょうか?
風邪の原因となる8割〜9割がライノウイルス、コロナウイルス、インフルエンザウイルスなどのウイルスと言われており、残り1割〜2割が溶連菌、百日咳菌や肺炎マイコプラズマなどの細菌が原因と言われています。
これらのウイルスや細菌の中でもインフルエンザウイルスは熱に強く、60℃の熱で30分加熱しないと不活化になりません。
不活化とは、ウイルスや細菌が感染力を失った状態を言います。
お風呂のお湯は通常38〜42℃ほどですから、30分では不活化にはならないと考えられます。
しかしながら、浴槽には数十リットルのお湯があるために、ウイルスや細菌が混入したとしても十分に希釈され、感染力はほぼゼロに等しくなると考えられています。(希釈は最大の消毒であるとも言われているそうです。)

引用元-風邪の時はお風呂に入らない方が良いの?浴槽でうつるって本当? | 知っ得情報サイト♪

タオルは共用しない

勿論、タオルやバスタオルは別々のものを使用することを忘れずに。また、シャンプした髪はそのままにしておくと湯冷めの原因となりますので、湯上り後ドライヤー等で素早く乾燥させましょう。

引用元-風邪の時はお風呂に入らない方が良いの?浴槽でうつるって本当? | 知っ得情報サイト♪

  • インフルエンザウイルスは熱に強く、お風呂のお湯で感染力を失うことはない
  • 浴槽にあるお湯の量ではウイルスや細菌が混入しても十分に希釈されているので感染力はほぼなくなる
  • タオルやバスタオルを別々にし、お風呂上り後、髪は素早く乾燥させよう

アデノウイルスやノロウイルスであればお風呂で感染します。

プール熱の原因となるアデノウイルスや、下痢嘔吐がひどいノロウイルスであれば、お風呂で感染するので注意が必要です。お風呂に入るのはきちんと診断を受けてからの方がよいかもしれないですね。

入浴の順番は最後に!風邪、インフルエンザに感染した人は

脱衣所に注意

高温多湿な環境であるお風呂での感染を心配する必要はあまりありませんが、脱衣所での感染に注意をする必要があります。インフルエンザウイルスは、空気感染で人に移ってしまうことがあるからです。
インフルエンザにかかった方はお風呂に入る順番を最後にして、他の人への感染を防ぐようにしましょう。順番を最後にできない場合は、換気扇を回して空気の入れ替えを行う、十分空気が入れ替わってから次の人がお風呂に入るなどしましょう。空気を入れ替えていない密室だと感染率が高くなってしまうそうです。

インフルエンザの人にもメリットが

また、お風呂に入る順番を最後にすることで、十分温かい空気が充満したお風呂場を使うことができるので体をよく温めることができます。

引用元-インフルエンザのときはお風呂って入っていいの?絶対に気をつけるべき10のポイント|WELQ [ウェルク]

  • インフルエンザウイルスは空気感染するので、脱衣所での感染に気を付けよう
  • インフルエンザにかかっている人はお風呂に入るのを最後にするか、換気扇で充分空気を入れ替えよう
  • お風呂に入る順番が再度だと温かい空気が充満しており、体が温まりやすいというメリットがある

空気感染や飛沫感染に気を付けましょう。

インフルエンザの人が触ったドアノブから感染するということもあるようですので、念入りに対策しておきましょう。湿度が高い方が感染力も弱まりますので、ほかの部屋も加湿しておいた方がよいですね。