CT検査を受けるけど…金額はいくらぐらいかかる?MRIとの違いは?

CT検査の金額っていくらぐらいかかるの?

CT検査って、幾らぐらいかかるんでしょうか?

色々な条件で金額が変わるだろうとは思いますが、ざっくり言って6000円前後ではないでしょうか。

MRIは磁気を使用するので、CTのように放射線被ばくがありませんが、骨や肺はCTのほうが向いているそうです。

通常、どれくらいの金額がかかるのか。CT検査の費用を調査

保険点数は880点

単純検査であれば、保険点数は880点です。しかし、肝臓であれば、造影検査も行うことが比較的多いと思います。
これによる、保険点数の加算は500点です。
計1380点になります、ちなみに保険点数は1点10円だったと思うので、検査にかかる費用は13800円になりますね。
あとは自己負担額はあなたが本人か家族か分からないので知りませんが、2,3割ってとこですかね?

引用元-CT検査の費用 – 病気 | 教えて!goo

色々な条件で点数は変わる

まず、初診か再診か、どのくらいの規模の病院か、あなたの病名は何か、行った指導・検査、処方された薬の名前などいろいろな条件によって点数は変わってきますので、質問内容の条件だけでは細かいことは分かりません。。
とりあえず、思いついたものを書いておきます。
・再診料(病院)58点
・特定疾患療養指導料(肺気腫、慢性閉塞性疾患などの特定疾患に対しての指導料)147点
・特定疾患処方管理加算(特定疾患療養指導料を取っている患者に対して処方したとき)28日分未満のとき15点
・CT診断料450点
・CT撮影料830点(特殊撮影は950点)、造影剤を使用した場合500点加算
・画像診断管理加算(専門の医師が診断結果を文書により主治医に報告した場合)58点
ちなみに、CT用のフィルムは、一番大きいサイズのもので339円です。

引用元-病院で胸のCT検査を受けたら10000円近く請求されました(3割負担… – Yahoo!知恵袋

  • 単純検査:保険点数880点、造影検査:保険点数の加算500点
  • 保険点数:様々な条件で変わる

CT検査って、そんなに高くないんですね

受診する病院の規模や初診・再診、検査する部位など、いろいろな条件で金額は変わるでしょうから一概に言えないですよね。単にCT検査する費用医だってフィルム代とか造影剤の使用有無で変わりますからね。

金額の違いを解説|CTとMRIの検査には種類があります

CTとMRIには単純検査と、造影検査があります。

2つの検査によって費用は実際どうなのか?
結論を言うと、CTとMRIの単純検査の費用、MRIの造影検査の費用はCTのほうが約1.5倍ほど高いです。
とは言っても、実質負担額で見てみるとそこまで気にするような差ではないことが分かります。

・CT検査とMRI検査の単純検査費用
診療総額は2万円〜2万6千円
保険料1割で2600円、3割で6千円〜7千円超くらいですね。

・CT検査とMRI検査の造影検査費用
診療総額は3万5千円から4万円
保険料1割で3千500円程度、3割で一万円前後ですね。

引用元-CTとMRIの違いについて!料金・技術を比較!

CTなら6000円前後、MRIなら10000円前後

結構、高額な料金になりそうですね。
まず、初診の場合は、初診料というものが必要になります。
それ以外に、CT、MRということになりますと、
初診料     274点  (2740円)
CT      620点  (6200円)
フィルム5枚 1695点 (16950円)
普通の社会保険なら3割が本人負担ですから、7767円
これが、大まかな料金となりますが、これ以外に、血液検査の費用とか処方箋(お薬代金)などかかります。
(最近の医科点数の本を見ていないので、点数に若干の差異があるかもしれませんが、それほど大きな変化は無いと思います)
電話などで、問い合わせ頂きました折に、即答する場合は、
CTなら、6000円前後
MRIなら 10000円前後 と答えています。

引用元-CT、MRI検査料ってどのくらい? – 病気 | 教えて!goo

  • CT・MRI(単純・造影検査)費用→CTのほうが約1.5倍ほど高い
  • 単純検査費用:3割負担で6000~7000円程度
  • 造影検査費用:3割負担で10000円程度

高いといっても、3割負担ならそれほどでもないですね

CTもMRIも、正確かつ素早い確定診断につながるなら、躊躇う理由はないように思えますけどね。CTの方は放射線被ばくの心配がありますので、何回も撮るとなると気になる場合もあるとは思いますが。

2つの検査の違いを知っていますか?「CT」と「MRI」

どこが違う?なぜ両方検査?

MRI検査の結果とCT検査の絵を見ていると似ているところがあります。MRIで横断面を撮像した場合、CTと良く似た絵となります。どこが違っていて、どうして両方とも検査しなくてはならないのでしょうか。
CT検査は、X線を体の回りにぐるっと当てて得られた情報をコンピューターで計算し、格子の目のような2次元画像を作る方法です。最近は検査の台を動かしながら複数の検出器を用いて撮影できる装置(MDCT)ができて、検査時間が大幅に短縮しました。頸部から骨盤までおおむね25秒ほどで検査が終了します。この為、広い範囲の検査にはCTが適しています。またMRIでは骨や肺の描出が難しいので、骨や肺の状態を観察したい場合にはCTが適しています。

引用元-画像診断について : 放射線医学総合研究所 重粒子医科学センター病院

MRIは放射線被ばくがない

MRIは、磁気を利用して、体内の水素原子の量と、水素原子の存在の仕方を検査する方法です。放射線の被ばくがないため、繰り返す検査や子供・妊婦の検査に適しています。病変部と正常組織のコントラストも良好で、横断像だけでなく、冠状断像や縦断像など、どんな断面像でも得ることができるのも利点です。しかし、検査の範囲が狭い、検査に時間がかかる (30分から1時間) 、骨の変化がわかりにくい、という欠点があります。

引用元-画像診断について : 放射線医学総合研究所 重粒子医科学センター病院

  • MRI検査結果・CT検査結果→似ている。何が違い、なぜ両方検査するのか?
  • 広い範囲、骨や肺の状態を観察したい:CTが適している
  • MRIは磁気を使用→放射線被ばくがない、どんな断面像も得られる
  • 検査範囲狭い、時間がかかる、骨の変化解りにくい→MRIの欠点

広い範囲や骨・肺の状態はCTの方が適しているんですね

MRIの方が画像が綺麗だというのは知っていましたが、骨や肺の状態は分かり辛いんですね。知らなかったです。磁気によって水素原子の量と存在の仕方を記録するとなると、骨や肺にはそれが少ないという事なんでしょうね。

それぞれの検査にメリットとデメリットが…CTとMRIはここが違う

CT検査のメリットは、検査時間が短い

CTは検査時間が短いことが大きなメリットと言えるでしょう。
内臓系の診断をすると分かっていれば時間を大幅に短縮出来ます。

デメリットは、放射線を浴びていること。

微弱ではありますが原発事故によって多くの人は放射線に対しての意識が変わりましたので、抵抗のあるかたも多くなってきたかもしれません。
MRIは骨の影響を受けることなく部位の解析が出来る事がメリット。
CT検査とは違い、放射線の影響もないので不安になる方も少ないと言えます。
デメリットはCT検査と比べて検査時間が長くなってしまうことですね。
また電磁波を使う検査の為、ペースメーカーを体の内部に入れている方は、MRIを使った検査が出来ません。

引用元-CTとMRIの違いについて!料金・技術を比較!

夫々に一長一短

臓器ごとで考えた方が、わかりやすいかもしれません。
頭部:MRIの方が圧倒的に優れています。ただし、出血(急性期)に関しては、CTの方が便利です。
肺:CTの方が圧倒的に優れています。MRIは、空気に非常に弱いんです。
腹部(肝、脾、腎など実質臓器):CTとMRIは、ほぼ同等です。
胆道系(肝内胆管、総胆管、主膵管など):MRCPと呼ばれる水強調画像を得られる点で、MRIの方がやや有利です。CTの高い空間分解能による胆道系描出もあなどれません。
子宮や卵巣、前立腺など骨盤領域:MRIの方が優れています。
頸椎や関節など整形外科領域:MRIの方が優れています。骨の3D画像は、CTの方がキレイです。
内耳や中耳など細かい耳鼻科領域:CTの方が優れていると思います。
消化管:CTの方がよいですが、MRIでも情報が得られます。ただし、内視鏡にはかないません。
思いつく臓器ごとに回答しました。主観も多少は入っています。
MRIの方がよいとは限りません。検査部位により使い分けが必要なんです。

引用元-MRIとCTの違いについて教えてください – MRIとCTですがそれぞれの利点、欠… – Yahoo!知恵袋

  • CTのメリット:検査時間が短い、デメリット:放射線被ばくがある
  • MRIのメリット:骨に影響されず部位の解析が出来る、デメリット:検査時間長い
  • MRI向き:頭部、胆道、骨盤領域、整形外科領域
  • CT向き:頭部(出血(急性期))、胆、肺、耳鼻科領域、消化管、骨
  • どちらでもOK:腹部(肝臓、脾臓、腎臓)

CTとMRI、夫々に一長一短あるので使い分けがいいですね

頭部出血ならCTのほうが検査時間短くて都合良いかもしれませんが、MRIじゃないと分かり辛かったり放射線の影響が気になったりする場合もあるんでしょうね。両方のいいとこどりした検査機器ってないんですかね。

検査金額は高い?!いくらくらいかかりますか?PET‐CT検査に興味があります

がんに集積する検査薬を注射し、全身を撮影する検査

PET-CTは、がんに集積する性質を持つ検査薬(FDG)を静脈に注射し、全身を撮影する検査です。
がんの有無に加えて、がんの位置や大きさ、進行度なども捉えることができます。
PET-CT検査で は、最初にグルコース(ブドウ糖)にポジトロン核種(陽電子放出核種)合成した薬剤18F-FDG(フルオロデオキシグルコース)を投与します。そのポジト ロン核種は周りの電子と反応して放射線(γ線)に変わり、このγ線の場所と量がブドウ糖を消費するがん細胞の目印となります。
大きな特徴は、CT画像を使い、放射線が体のどこから出ているのか、又、検出されるまでにどのくらい減衰(弱くなる) しているかを吸収補正といいますが、これを調べることで検査時間がPET単体装置に比べ飛躍的に短縮できます。そして、従来のがん検診では、腫瘍の大きさが1cm程度で発見されてましたが、PET-CT検査では、5mm程度での早期発見が可能となりました。

引用元-PET-CTとは – がんを早期発見するための最適な方法「PET-CT」 – 西記念画像検診クリニック

PET検査の料金

PET検査で保険適用となった場合の費用料金の目安としては、下記の料金ぐらいが一般的な金額のようです。
【健康保健適用1割負担の場合】約10,000円前後
【健康保健適用2割負担の場合】約20,000円前後
【健康保健適用3割負担の場合】約30,000円前後
また、検診目的(健康診断)など自由診療扱いでのPET検査費用の料金相場としては、【およそ10万円前後】といった金額が一般的な費用料金のようです。

引用元-PET検査の費用料金

  • PET-CT検査:がんに集積する検査薬注射し、全身を撮影する検査
  • がんの有無、がんの位置・大きさ、進行度などを捉えられる
  • 放射線→体のどこから、どのくらい減衰を調べる→検査時間が飛躍的に短縮
  • 腫瘍の大きさが1cm程度で発見→PET-CT検査:5mm程度で早期発見可能
  • 検査に関わる保険点数:100000点→3割負担で30000円程度

がんが気になる方は、一度検査してもいいと思いますね

PET検診、よく聞くようになりましたよね。健保組合からの補助もあったりするので、随分と受けやすくなったのではないでしょうか。全身の検査ができるので、仮に転移があったとしても見つけられるのではないでしょうか。