夕方になると起こる!頭痛や吐き気…その症状『緊張型頭痛』かも

夕方に起こる頭痛や吐き気・・・それは緊張型頭痛かも!

夕方になると頭が締め付けられるように重く痛い。そんな症状に悩んでいる人に、是非読んでいただきたいまとめです。

緊張型頭痛になるメカニズムや症状、対処法についてまとめてあります。

鎮痛剤は根本的解決にはなりませんので、自分なりのリラックス法を見付けてくださいね。

『緊張型頭痛』について|夕方になると頭痛や吐き気を引き起こす

夕方 頭部に鈍痛が

午前中は元気なのに、夕方になると頭部に鈍痛が走る女性って意外に多いですよね。

偏頭痛なのかなと、頭痛薬でなんとなくその場をしのいでいませんか?実はその頭痛、「○○型頭痛」かも・・・。

これらの頭痛はちょっと休むと治ることもあり、そのまま放置したり頭痛薬でしのいでいるコがほとんどのようだけど、もしかしたらその症状、「緊張型頭痛」ではありませんか?

引用元-午後や夕方になると起こる頭痛って、実は「○○型頭痛」かも? – エキサイトニュース

緊張型頭痛の痛みの特徴

緊張型頭痛は3型に分けられますが、筋肉の圧迫痛(スパズム)が伴う頭痛は日常多くの人が経験する頭痛です。

頭痛の症状は軽度から中等度で頭痛があっても仕事は行える範囲の強さです。「圧迫される」・「しめつけられる」・「帽子をきつくかぶっているような」という痛みの感覚です。後頭部が「鈍い」とか「重い」と表現されることも多いです。 痛みを感じる部位は後頭部(頭蓋骨と首の付け根)を中心に両側性(頭部)に感じることが多いですが、片側性の人もいるようです。

仕事の後半や夕方に痛みが強くなる人が多く、これは身体的疲労と精神的疲労が影響しています。30〜40歳台に多く、PCなどを多用する事務系の仕事の方に多くみられます。

引用元-緊張型頭痛(頭痛と後頭部の痛み) 疾患別の説明

  • 夕方になると頭部に鈍痛が走り、少し休むと治るまでそのまま放置している人が多いが、緊張型頭痛かもしれない
  • 筋肉の圧迫痛がある頭痛は日常多くの人がなりやすく、痛みの程度は頭痛があっても仕事は行える範囲の痛さである
  • 「圧迫される」・「しめつけられる」・後頭部が「鈍い」や「重い」といったような痛みを頭蓋骨と首の付け根を中心に頭部の両側、もしくは片側に感じる
  • 3、40歳代に多く、PCを多用する仕事の人に見られる

日常茶飯事という人もいるかもしれませんね。

疲れたのかな、や、寝不足だったのかなという程度で我慢して、そのまま放置している人が多数だと思いますが、立派な病気です。同じ姿勢でデスクワークを続けている人は要注意ですね。

原因とは?夕方になると起こる頭痛や吐き気『緊張型頭痛』

緊張型頭痛を引き起こすメカニズム

緊張型頭痛の発生には、身体的・精神的なストレスが複雑に関係していると考えられています。

身体的なストレスによる緊張型頭痛

無理な姿勢の維持や長時間のパソコンの使用などによって頭から肩にかけての筋肉が緊張し血流が悪くなると、乳酸などの疲労物質が筋肉にたまり、 これが神経を刺激して痛みを引き起こすと考えられています。

特に、首筋の筋肉が弱い人ほど、頭部をしっかりと支えることができずに頭痛を引き起こしやすい傾向があるようです。

精神的なストレスによる緊張型頭痛

身体的なストレスが無くとも、精神的なストレスのみが原因で頭痛を発症するケースもあります。 精神的に緊張した状態が長期間続くと、脳の痛みを調整する部位が機能不全を起こし頭痛を引き起こしてしまうのです。

このような、精神的ストレスを原因とする緊張型頭痛には、生真面目な性格や几帳面さを持った人がかかりやすいと言われています。

引用元-緊張型頭痛 | 頭痛の原因 | 頭痛Online

  • 頭から肩にかけての筋肉が緊張し血流が悪くなると、乳酸などの疲労物質が筋肉にたまって神経を刺激し、痛みを引き起こす
  • 首筋の筋肉が弱い人の方が頭部をしっかりと支えることができず、頭痛を引き起こしやすい傾向にある
  • 精神的に緊張した状態が長期間続き、脳の痛みを調整する部位が機能不全を起こして頭痛を引き起こす
  • 生真面目な性格や几帳面さを持った人がかかりやすいと言われている

精神的な原因でも痛くなります。

思いつめてしまいやすい性格の人の方が緊張型頭痛を引き起こしやすいということでしょうか。心当たりのある人は自分なりのリラックス法を持っておいた方がよいのかもしれませんね。

症状について|夕方なると起こる頭痛や吐き気『緊張型頭痛』の特徴

頭重感がある

頭痛の感じ方の特徴として、グーっと両側が痛み頭をハチマキでギューッとしめつけられるような重苦しい鈍い痛みや頭全体が重く感じるため、まるで常にヘルメットをかぶっているような頭重感の感じをうけることが多くあります。緊張型頭痛は鋭いズキズキするような頭痛はあまり感じません。

頭痛を感じる部分としては後頭部から首筋にかけてが多くこの部分が悪化してくると、頭全体どこでも頭痛が起こります。また強い頭痛になった場合、吐き気やめまいを伴う事があります。

夕方にひどくなる

そして頭痛の起こる時間帯で多いのは、朝や午前中より疲れがたまってきた午後の時間帯から特に夕方に頭痛がひどくなる特徴があります。

緊張型頭痛の初めの頃は、疲労がピークに達し疲れが溜まった夕方だけの痛みなので我慢してごまかしながら日常生活を過ごす方が多くいらっしゃいます。しかし、これを繰り返しながら生活していると徐々に頭痛の頻度は増え始め、頭痛がひどくなり持続時間も長くなってきます。

引用元-緊張型頭痛の治療なら広島の広島市中区にある緊張型頭痛を解消するハルモニア鍼灸整骨院へ

  • 緊張型頭痛は鋭いズキズキするような頭痛ではなく、重苦しい鈍い痛みや頭全体の重い感じがある
  • 後頭部から首筋にかけてが多く、次第に頭全体頭痛が起こり、強い頭痛になった場合は、吐き気やめまいを伴うことがある
  • 疲れがたまってきた午後の時間帯から特に夕方に頭痛がひどくなるのが緊張型頭痛の特徴である
  • 我慢して生活していると徐々に頭痛の頻度が増え、痛みもひどく持続時間も長くなってくる

緊張型頭痛には我慢は禁物ですね。

我慢をすることでどんどん痛みが激しくなってしまうのですから、怖いですよね。原因がなくならないことには根本的に治ったということはできません。無理はしないようにしましょう。

治療法はあるの?夕方になると起こる頭痛や吐き気の『緊張型頭痛』

反復性緊張型頭痛の場合

ときどき緊張型頭痛が起こる「反復性緊張型頭痛」は、肩や首の筋肉をおさえると痛みを感じるような場合に鎮痛薬によって痛みが軽減することもありますが、通常は、とくに治療を必要としません。頭痛が起こったときには、適度に体を動かして筋肉をほぐしたり、マッサージや入浴によって血行を促すようにしましょう。頭痛体操も効果的です。

慢性緊張型頭痛の場合

一方、痛みが毎日のように続く「慢性緊張型頭痛」は、鎮痛薬を使用してもあまり効果はありません。にもかかわらず、痛いからといって気休めで毎日のように鎮痛薬を飲むことにより薬物乱用頭痛を起こすことがあるので、注意が必要です。慢性緊張型頭痛には、精神的ストレスが誘因となっている場合には抗うつ薬や抗不安薬が用いられ、著しく首や肩の筋肉がこっている場合は、筋弛緩薬(筋肉の収縮を弱める)などを用います。

ただし、あくまで薬は一時的に使用するものと考えてください。薬だけでは根本的な解決には至りません。日頃から筋肉が過度に緊張しないように、自分に合ったリラックス方法を見つけ習慣化することが大切です。

引用元-緊張型頭痛って? | いろんな頭痛 | スッきりんのバイバイ頭痛講座

  • 時々緊張型頭痛になる「反復性緊張型頭痛」の場合は特に治療をせず、適度に体を動かして筋肉をほぐしたり、マッサージや入浴で血行を促すのがよい
  • 痛みが毎日のように続く「慢性緊張型頭痛」は、鎮痛剤の効果はない
  • 精神的ストレスのせいであれば、抗うつ薬や抗不安薬が用いられ、首や肩の筋肉がこっている場合は、筋弛緩薬などを用いるが、薬は一時的に使用するだけにとどめる

鎮痛剤の副作用にも注意しましょう。

鎮痛剤を飲むことが日常になってしまうと、どんなに量を増やしても効かなくなってしまったり、いざというときに麻酔が効かなくなってしまうという副作用が怖いです。過剰服用には注意してください。

予防方法をご紹介☆夕方になると起こる頭痛や吐き気…『緊張型頭痛』

予防策について

緊張型頭痛を起こさないための予防方法をご紹介します。

枕を自分に合ったものに変える

枕が高すぎたり低すぎたりすると、首や肩のこりの原因となります。良質な睡眠は、頭痛予防だけでなく、生活の質そのものの向上になります。

頭痛に悩む方はオーダーメード枕も検討してみましょう。

適度な運動をする

緊張型頭痛の原因は、筋肉のコリだけでなく、ストレスや不安などの心理的な影響も大きいです。ジョギングなどの有酸素運動は、心身を健全に保ち、リラックス効果があります。

なかなか運動をする時間が取れない方は、ストレスを行いましょう。

頭痛体操をする

頭痛体操は、首や肩のストレッチにもってこいです。
動画と写真でわかりやすい! 頭痛体操のやり方

同じ姿勢を取らない

近年、緊張型頭痛は若い人に増えてきています。その原因は、パソコンの作業などで同じ姿勢を取り続けるために、筋肉が硬直化するためと考えられます。適度な休憩を挟みましょう。

オフィスで気軽に筋肉をほぐす道具として、のびーるはとてもお勧めです。お値段もお手頃です。

引用元-輪っかを取りたい! 緊張型頭痛を今すぐ解消する3つの方法

  • 枕の高さが自分に合っていると首や肩が凝りにくくなり、良質な睡眠が得られる
  • ジョギングなどの有酸素運動で心身を健全に保ちリラックスさせる
  • 首や肩のストレッチができる頭痛体操をしてみる
  • 筋肉が硬直化しないように仕事中は適度な休憩をはさみ、のびーるを使ってみる

のびーるというのは、ストレッチをするための器具です。

身体を動かさなければいけないとわかっていても、なかなかできないし、続かないですよね。のびーるのように手軽にストレッチできるような器具があれば、オフィスでも気楽に運動ができると思います。