虫垂炎の手術後の痛みは?ずっと続く?退院後の生活の注意点とは

虫垂炎の手術後は痛みどんなもの?どれくらい続くの?

一般には盲腸炎とも呼ばれる「虫垂炎」、経験した人もいらっしゃるでしょう。手術で切除した方も少なくないのでは?

近年は虫垂の役割が判明し、温存の傾向にあるようです。しかしそれは早期発見できればのこと。

虫垂炎の症状や治療方法について調べてみました。

 

どんな痛み?初期症状は?ストレスが原因で虫垂炎に?

ウイルスの感染

ウイルス性の虫垂炎の場合は、これが原因となります。ウイルスが体内に侵入し、虫垂が炎症を起こしてしまうのです。

便秘

女性に多い原因です。便秘により虫垂が圧迫されてしまい、炎症を起こしてしまいます。

ストレス

ストレスが胃を悪くするのは有名ですが、虫垂にも影響を及ぼします。

暴飲暴食

食べ過ぎ、飲みすぎは盲腸に限らず様々な病気を誘発してしまうので注意しましょう。脂っこい食べ物を食べ過ぎたりする食生活の方は特に注意が必要です。

また、バリウム検査のときにバリウムが盲腸についてしまい、それが炎症の原因となってしまったということもあるようです。

スイカの種を飲み込むと盲腸になるという話を聞いたことが多いと思いますが、それは原因とはならないので安心してください!

引用元-あなたに一番身近な医療メディア WEBホスピタル

盲腸の気づきにくい初期症状

虫垂の場所は下腹部の右側に位置します。したがって、初期の段階では下腹部の中心から右側に徐々にチクチクした痛みが移動します。

ただし、右だけではなく左側が痛くなったり胃のあたりが痛くなったり、人によって様々なようです。他にはこれに伴って、下痢、吐き気などの症状があらわれます。

これらの症状があらわれたら、ただの腹痛ではなく盲腸であるのではないかと疑いましょう。

盲腸の場合は、痛みは相当強いものとなりますので、いつもの腹痛とは違う!と分かると思います。

引用元-あなたに一番身近な医療メディア WEBホスピタル

  • 虫垂炎の原因には、ウイルスの感染、便秘、ストレス、暴飲暴食などがある
  • 初期症状には個人差がある
  • 下痢、吐き気を伴う腹部の強烈な痛みがあれば、虫垂炎を疑ってみて

早めの処置が肝心

私が昔聞いた話では、右下腹部よりも上腹部が先に痛くなると……。これも個人差だったということでしょうか。しかし下痢と吐き気も併発する鋭い痛み……この状態では、とりあえず、病院へまっしぐらですね。

原因と症状は?虫垂炎(盲腸)とは

盲腸(虫垂炎)とは?

体内にある虫垂になんらかの原因で炎症が起きる症状を虫垂炎といいます。ただ、一般的には盲腸や盲腸炎と言われることが多い。

盲腸(虫垂炎)の症状

代表的な症状は、上腹部および右下腹部の激痛。発熱があることもあります。
痛みは急激におそってきます。

盲腸(虫垂炎)の原因

盲腸(虫垂炎)の原因は、炎症の原因であるから、大腸菌や連鎖球菌など菌類が悪さを起こし虫垂で炎症が発生すると症状が現れます。

引用元-盲腸(虫垂炎)の原因や症状、治療や手術

最初はみぞおちから下腹部あたりに痛みを感じる。そのうち右側(の下腹部あたり)に痛みが移動していきます。
痛すぎて座れなくなってしまうこともあるみたいです。

お腹の中心辺りから右側の下っ腹あたりに痛みが移動したなら、ほぼ間違いなく虫垂炎と思っていいでしょう。

そのほかの症状は嘔吐、下痢があることも。初期のころは37℃くらいの微熱(腹膜炎を併発すると38〜39℃の高熱)が出てくることもあります。

急性の虫垂炎である場合には前兆はありません。
急に激しい痛みに襲われます。

慢性的な虫垂炎になると、右側のお腹が痛いかなぁ程度の痛みのことがあります。

胃が痛いような感じで食欲がなくなるだけ、微熱が続く、下痢をするだけの
ように激しい腹痛に襲われないこともあり、この場合は診断が難しくなります。

痛みの場所の目安はへそと右の腰骨(腰のところで一番出っ張っている骨のとこ)を結んだ直線を3つに分けます。その3分の1だけへそから右側を抑えると痛み強くなります。

引用元-その痛み虫垂炎(盲腸)かも?初期症状・痛くなる位置と診断方法 | 雑学、気になる話題を集めました

  • 虫垂炎の痛みはいきなり襲ってくる
  • 急性虫垂炎と慢性虫垂炎の症状の違い

発熱しないうちに対処を

腹痛は他の病気の症状としても現れることが多いので、即決は難しいでしょうね。慢性の場合は痛みも大きくないとなれば、要注意です。痛みの場所の目安は覚えておいた方が良いかもしれませんね。判断材料の一つとして役に立ちそうです。

今までに無い痛みが続く・・虫垂炎の手術後2年経っても?

盲腸の術後の痛みについて

私は2年前に急性虫垂炎の手術を受け、予後も良好でした。
術後の痛みといえば梅雨時や季節の変わり目に少し痛む程度でした。

しかし昨日から今までに感じた ことのないほど(盲腸の痕において)の痛みに襲われ、腹圧をかけるのが辛いです。
よって鼻をかんだり排便する際には痛みが伴います。
歩くだけでも響くのですが、座ったり寝ている時にはそんなに痛みは感じません。

これはただの季節の変わり目における痛みなのか、それともなにか内部で起こっているのか心配です。

似たような経験をしたことがある方、またこの分野にお詳しい方、なんでもいいので教えていただけないでしょうか。

先ほど屁と大便(下痢便ではなく普通の)が出ましたがそれでも癒着や腸閉塞の可能性はありますか?

引用元-YAHOO!JAPAN知恵袋

術後も安心できない?

病院に行ったら腸癒着ではありませんでしたが膿が溜まってて切開(部分麻酔でほんの少しですが)して膿を吸い取りました!いまはドレーンが刺さってる状態です(笑)

引用元-YAHOO!JAPAN知恵袋

  • 虫垂炎の術後2年頃、腹部に痛みが生じた例
  • 膿が溜まっていたため切開して取った

「虫垂あり」の身としては気になるところ

虫垂炎の手術は比較的簡単なものだと聞いています。炎症を起こしている部分を切除するので再発もないでしょうし、手術後は全く心配なくなると思っていました。このような例は、どれくらいの割合で発生するのでしょうか?

どんなものがある?虫垂炎(盲腸)の治療方法について教えて!

①薬物療法

症状が軽い場合は、手術は行わずに薬を使って症状を緩和する治療法を選択する場合もあります。早期に薬物療法を行えば、手術と同等の効果を得ることができます。

しかし、薬での治療を行った場合は、再び盲腸になってしまう事もあるので、治療後の生活を改める必要もあります。

近年は、虫垂が大腸の細菌バランスを保っていることが判明しました。虫垂を除去してしまうと、腸内細菌に対して免疫力が失われてしまい、様々な炎症を起こしやすくなってしまうのです。そのため、盲腸の時は、なるべく手術をせずに、薬物で治療を優先するようになっているそうなので、早めに盲腸に気づく必要があります。

引用元-Hapila

②手術

症状が悪化して、薬での治療が難しいと判断した場合は手術により虫垂を除去するという治療が施されます。

前までは開腹手術を行うことが多かったのですが、近年は体への負担が少ない「腹膜鏡下手術」を行う病院が増えています。腹膜鏡下手術だと、手術の後に体調が元通りになるのが早くなるのです。しかし、症状が進行してひどい場合は、開腹手術でしか治せない場合もあるので注意してください。

手術を終えた後は、主に1週間前後入院することが多いですが、長い場合だと1ヶ月程かかることもあります。手術での治療をした場合は、盲腸が再発することがないので、虫垂を除去したまま生活している人は多くいます。

・手術について

手術にかかる時間は、1時間〜2時間とされています。基本的には、部分麻酔を行ってからの手術になりますが、症状が悪化して切開部分が広くなった場合は全身麻酔を行うこともあります。

手術が終わってすぐは、腸の機能が弱っているためにガスが溜まってしまいます。ガスが抜けてくると腸が正常に働き出した証拠なので、通常の食事を行えるようになります。

1〜2週間後に退院をして、体の調子が戻ってきたら運動をすることも可能になります。

引用元-Hapila

  • 薬で症状を緩和する方法もある
  • 虫垂が大腸の細菌バランスを調整しているため、温存が望ましい
  • 近年の虫垂炎の手術は腹膜鏡下手術が増えている

むやみに切ってはいけない

虫垂炎=手術で切除、は昔の話となったのですね。虫垂は特に必要でないという認識は一般にも広まっていたので、大腸内細菌のコントロールという大仕事を担っていたとは、衝撃の情報でした。そうと分かれば、炎症をこじらせないよう注意せねば。

虫知りたい!入院期間は?虫垂炎の手術時間・手術後の痛みはどのくらい?

虫垂炎の手術時間は?

まずは

「もし虫垂炎になって手術が必要な場合、どのくらい手術に時間が掛かるのか?」

という点について、書いていきます。

手術するとなると、相当な時間が掛かりそうですが、実際のところ、それほど時間が掛からないようです。

一般的な虫垂炎の手術時間は、約30分〜1時間程度。

その間に治療が済むことが多いです。

引用元-暮らしの雑学.com

虫垂炎の手術後の入院期間はどの位?

では、手術が終わった後の入院期間は、どのくらい掛かるのでしょうか?

虫垂炎の程度にもよりますが、これは手術の内容によって変わってきます。

まず、虫垂炎の手術で最も早く退院できるのは、腹腔鏡手術です。

腹腔鏡手術はお腹を切る部分が小さくて済むため、早く退院出来るのです。

腹腔鏡手術の場合は、5日程度の入院で済むので、退院は約1週間後となります。

次に、開腹手術があります。

これは文字通り、お腹を切って手術するやり方で、この方法が最もメジャーでも有ります。

開腹手術で治療を行った場合は、7日〜10日ほどの入院となります。

これに加えて患部の重症度によっても、入院期間は前後しますので、一概には言えませんが、目安となれば幸いです。
(腹膜炎を起こしていたら1ヶ月以上の入院もあり得ますので、早めに治療しましょう。)

引用元-暮らしの雑学.com

手術後の経過観察も大切

最後に、虫垂炎の手術後、たまに「お腹が張るような痛み」がある場合があります。

この痛みは、基本的には手術後の癒着である可能性が高いです。

特に虫垂炎で膿が溜まっていた場合は、起こしやすい症状の一つでも有ります。

引用元-暮らしの雑学.com

  • 虫垂炎の手術は、30分~1時間程度
  • 入院期間は、腹腔鏡手術が5日程度、開腹手術は7~10日程度
  • 膿が溜まっていた場合、術後に癒着を起こすことがある

簡単な手術だと、軽く見てはいけない

手術自体はあまり大変なものではないのですね。とはいえ、体の一部に穴を開けるのですから、慎重に願いたいものです。最悪の場合、過去には死亡例もあるようですから。術後数か月もしくは数年経過して悪化するようなこともごめん被りたいところ。

退院後の生活で気を付けることは?虫垂炎手術後の痛みは続く?

痛みについて

手術が終わった時点では、傷跡はキレイに見えていても、1週間もすると傷口が腫れたり、中で膿が出たりということがよく聞かれます。

また、全体の10%が術後になんらかの合併症を引き起こすとも言われています。よく見られる合併症としては、腸管の癒着や縫合不全、腸閉塞などが挙げられます。

どの症状であっても痛みが伴います。ですので、手術や入院が終わったとしても油断せずに経過を見守るようにしてください。

運動について

経過の良い人は、入院中であっても一人で歩くことが可能ですが、あまり無理をしすぎないというのが重要になってきます。退院後は、家の周りを散歩するなど、軽度な運動から始めてみてください。

また、その際に少しでも痛みが伴うようなら、すぐに運動を中止してください。また、重いものを持ったり、子供を抱き上げたりするのもできるだけ控えましょう。

治り方にも個人差があるので、一概には言えませんが、激しい運動は担当医に相談し、許可を得てから、再開するようにしてください。

食事について

退院の許可が出た時点で、食事は普通食に戻っているかと思います。ですが、胃腸に負担をかけないためにも、固形物はしばらく控えるようにしましょう。

また、栄養があり、消化に良いものを摂ると良いでしょう。特に食物繊維の豊富な野菜類を多く食べることで、腸内環境が整い、回復も早まります。

引用元-メディカルエンジン

  • 術後、合併症が出る可能性もあるので、経過観察が必要
  • 動いたり重い物を持ったりすることは、できるだけ避ける
  • 退院後しばらくは、消化に良い物を取るように

将来のために、慎重に行動を

おとなしくしているのが苦手な人、必要に駆られて動いてしまう人もいるかもしれませんが、治りかけの状態で無理するとこじらせるのは目に見えています。十二分くらいのガマンは必要になるでしょう。