前歯が虫歯で黒くなった!原因は?治せるの?予防法や治療法とは

前歯が虫歯で黒いのは嫌!予防と治療について

白くてきれいな歯並びは、誰しも憧れるものではないでしょうか?

歯の色が黒くなるのには、さまざまな原因がありますが、虫歯もその一つ。軽いものは保険診療で治療可能です。

しかし虫歯は無いに越したことはありません。毎日の食習慣やメンテを見直してみましょう。

 

黒くなる原因は?虫歯?歯石?前歯が黒くて大変!

1.ヤニや着色で黒くなる

タバコや紅茶、ワインなどで歯に着色が付くと歯が黒くなります。着色自体悪いものではありませんが、見た目には良くないですよね。

引用元-歯医者が教える歯のブログ

2.歯石

歯石は白や乳白色のものが多いです。しかし、歯周病が進んでいる方の歯石は、歯茎からの出血で歯石が作られるため、歯石が黒くなります。

引用元-歯医者が教える歯のブログ

3.虫歯で黒くなる

虫歯になると歯が黒くなってきます。歯の溝などが黒くなり始めている初期の虫歯は削る必要がありませんが、そこから深くなっていたり、大きくなり始めている虫歯は進行性のため、治療をする必要があります。

引用元-歯医者が教える歯のブログ

4.銀歯

銀歯の金属イオンが歯や歯茎に漏れ出し黒くなることがあります。金属は濡れているところにあると、イオン化して流れ出ていきます。そのため金属のイオンが歯や歯茎に浸透して黒くなるのです。

引用元-歯医者が教える歯のブログ

5.詰め物の劣化

プラスチックは小さな虫歯を治すには有効な材料です。しかし、プラスチックは口の中の水分を吸収し、劣化するので3、4年程度で変色し、黒くなってきます

6.歯の神経がない

歯の神経がなくなると歯は黒くなってきます。歯の神経がなくなると、歯は枯れ木のように水分を失い黒ずんできます。

すぐに抜けることはありませんが、歯はもろくなり、欠けたり、割れたりするため、歯の寿命が短くなります。

引用元-歯医者が教える歯のブログ

7.薬の影響

薬の影響で歯が黒ずんでいる方はとても悩んでいる方が多いです。妊娠中や幼少期に抗生物質の影響によって歯が黒くなってしまうことがあります。

歯自体は悪くないので、そのままにしておくか、セラミックなどで白くするか迷うところです。

引用元-歯医者が教える歯のブログ

  • 歯が黒くなる原因は複数の可能性がある
  • 飲み物や血液、銀歯のイオンによる着色の可能性
  • 歯の神経がない場合にも黒ずむ
  • 抗生物質の影響で黒くなることもある

虫歯や詰め物のメンテは定期的に

きれいな歯並びや白い歯への憧れはありますけど、人前で話すような仕事でもないので、歯の色についてはことさら気にしたことはありません。しかし健康を害する可能性があるのなら話は別です。歯周病は口腔内だけの問題ではないので、一つのサインとして気を付けたいものです。

治せる?前歯が虫歯で黒くなってしまったら

前歯の虫歯が初期段階の場合

前歯の虫歯が初期段階で、小さな穴が開いている程度なら、虫歯になっている部分だけを削り取り、詰め物を入れる「コンポジットレジン」を行うのが一般的です。

「レジン」とは、プラスチックの合成樹脂のこと。そのままだと強度が弱く、摩擦しやすいので、そこにセラミックの粒子を混ぜて強度を上げ、歯科用の修復素材にしたのがコンポジットレジンです。

コンポジットレジンは、粘土のようにやわらかいペースト状をしていますが、可視光線を当てると、硬く固まる性質があります。このため、虫歯になった部分だけを小さく削り取り、そこに詰めて固めるだけでいいので、治療は通常1日で終了します。

また、色のバリエーションも豊富で、患者の歯の色に合わせられるので、前歯に利用しても、治療痕が目立たない場合がほとんどです。

前歯の虫歯が神経にまで到達している場合

虫歯がかなり進行して、歯髄(神経)にまで到達していると、歯髄を取り除く必要があります。

しかし歯髄には、神経組織だけでなく、毛細血管も存在しているので、取り除いてしまうと、歯に栄養や酸素が供給されなくなり、黒っぽく変色したり、歯の強度が弱くなってしまいます。

このため、歯髄を取り除いた歯は、被せ物(差し歯)をする必要があります。

引用元-ヘルスケア大学

  • 初期段階の虫歯の治療法
  • 虫歯が神経に到達している場合の治療法

定期的なメンテナンスは大切ですね

痛みがないまま、あるいは我慢できる程度の痛みを放置して大事になるケースも少なくありません。年齢が上がると歯周病のリスクも高くなります。歯周病が心臓病に発展する可能性もありますから、虫歯も、早期発見、早期治療がよろしいかと思います。

注意することは歯茎?前歯が黒くて虫歯治療をしたい場合は

前歯の治療には、歯茎の状態が肝心

前歯の虫歯を治療する際には、歯茎の状態も一緒に見てもらいましょう。前歯にレジン等の詰め物をしたり、差し歯や被せものをする時は、歯茎の高さに合わせて治療をします。

歯茎が腫れていると、治療した後に高さが変わってしまい、歯の根元が見えてしまう事もあります。また、歯茎からの出血があると、被せものの型をうまく撮れない場合があります。

場合によっては、歯茎の治療を先にした方が良い事もありますので、歯茎の状態を自分でも確認して、心配があれば一緒に治療してもらいましょう

引用元-アンチエイジングLife

前歯に金属を使うと歯茎が黒くなる

前歯の虫歯が進行してしまい差し歯を検討している場合、見た目を気にするなら、土台や被せものの内側に、金属を使用しているものは避けましょう。

歯や歯茎に金属が常に触れていると、金属イオンが溶け出して歯や歯茎を黒くしてしまいます。

保険治療でできる差し歯は、土台や被せものに金属が使われているので、費用は掛かってしまいますが、自費治療で、金属を使用していない差し歯を作ってもらうようにしましょう。

金属によって歯茎が変色してしまうと、それを治療するのはとても大変ですし、変色してしまった歯茎の治療は、もちろん保険対象外ですので、始めから金属を使用していない差し歯にした方が良いでしょう。

引用元-アンチエイジングLife

  • 歯の治療には健康な歯茎が前提条件
  • 差し歯の土台や被せ物の金属からイオンが溶けだし、歯が黒くなる場合がある
  • 歯茎の変色は治療が大変だし保険もきかない

歯も歯茎も健康に

「歯磨き」という言葉どおり、ブラッシングは歯の表面もしくは歯間を主に行うことが多いでしょうか?歯科でブラッシングについてレクチャーを受けた際には、歯ブラシを歯茎に45度の角度で当てると教わりました。その方法を取っている人は歯茎も比較的元気なのでは?

知ってた?何故違うの?前歯の虫歯とほかの虫歯の治療費について

保険診療なら治療費負担は0〜3割

保険が適用されるものは“保険診療”といいます。社会保険や国民健康保険に加入していることが条件で、患者の治療費負担が0〜3割で済みます。

保険が適用される治療方法に限定されますが、国が診療報酬点数を定めているため医院側で自由に価格を設定することができません。

つまり医院によって費用に差がつくことは基本的にはありません。美しさなどにこだわりがなければ保険診療の範囲内で虫歯を治療することが可能です。ちなみに保険診療の場合に使用される素材は銀です。

引用元-歯の教科書

自由診療は患者が全部負担

保険が適用されないものは“自由診療”と呼ばれ、患者が治療費の全額を負担しなければなりません。また、医院側が価格を設定できるので同じ治療でも安くできる歯医者もあれば、高い歯医者もあるのです。

主な自由診療の例として、審美歯科やホワイトニング、インプラントが挙げられます。保険診療との大きな違いは、見た目の美しさを追求するなど審美と言われる方法であることです。

引用元-歯の教科書

前歯だけは保険診療で白い被せ物をしてくれる!

前歯は人の目に触れる場所であるため、銀では不自然に見えてしまいます。という理由で上下左右の犬歯の間にある12本に限り、白い被せ物をしてもらえます。

この場合に使われるのはレジン前装冠という、金属の上にプラスチックをのせた素材です。安価で白い歯であるという利点がある反面、プラスチックなので耐用年数が3〜4年と短く、変色しやすく、食べ物がくっつきやすいという特性があります。

引用元-歯の教科書

  • 虫歯治療は保険診療内で可能
  • 審美歯科、ホワイトニング、インプラントは自由診療で、患者が100%費用負担する
  • 前歯のみ、保険診療の範囲で白い被せ物が使える

見栄えは確かに全然違う

前歯に保険診療で白い被せ物が使えるとは初めて知りました。30~40年前、年配の人の中には、前歯も金や銀の被せ物をしている人がいましたが、言われてみれば、最近では見なくなりました。いつ頃から保険適用になったんでしょう?

食べ物に気を付けて白い歯を維持!虫歯の予防法とは

砂糖を含む食品の摂取頻度の制限

虫歯菌が栄養分として糖を分解する際に出す酸が、歯を溶かすことが虫歯の原因となります。

実はその際、私たちの唾液は、酸性になった口の中を中性に近づけようとするほか、唾液に含まれるカルシウムやリン酸で溶けた歯を再石灰化し、修復してくれているのです。

このように、私たちのカラダには歯を虫歯から守る素晴らしいシステムがあるのですが、糖を頻繁に摂取してしまうと、再石灰化のサイクルが間に合わずに、どんどん歯が溶け続けて虫歯になってしまうのです。

虫歯を防ぐために心がけること

そのため、虫歯を防ぐためには、糖を含む食べ物を摂る頻度を減らすことが必要とされます。

砂糖を含む食べ物をだらだらと食べ続けたり、ジュースやスポーツ飲料を飲み続けていると、常に口の中では酸が作りだされています。

そうならないためにも、「デザートを食事の直後に食べる」「間食は時間を空けて摂る」など、砂糖を含む食べ物の摂る頻度を抑えることで、虫歯ができにくい口内環境作りを心がけましょう。

引用元-長谷川歯科医院

  • 唾液には虫歯修復効果がある
  • 自然の修復レベルを超えて糖を摂取すると虫歯になる
  • 糖類を含む食べ物は、時間を意識して取る

歯の健康をおろそかにしない

何事もメリハリは大事。食事も然りです。唾液は、殺菌だけでなく、歯の修復効果もあるという優れもの。そんなスペシャルな機能を上回る暴挙を、人間はやってしまうんですね。反省し、行動を改めるしかありません。当の過剰摂取は他にも悪影響がありますしね。

虫歯予防は正しい歯磨きから!丁寧に時間をかけて!

歯磨きの工夫

「歯磨きの基本」を守りながら、ハブラシが届きにくい歯も、工夫して丁寧に歯磨きしましょう。

工夫1 でこぼこ歯並び

前歯のでこぼこしている歯は1本1本にハブラシを縦にあてて毛先を上下に細かく動かしましょう。

工夫2 背の低い歯

奥歯の背の低い歯に対しては、ハブラシを斜め横から入れて、細かく動かしましょう。

工夫3 歯と歯ぐき(歯肉)の境目

歯ぐき(歯肉)に対しては45度の角度に毛先をあててハブラシを5mm幅程度で動かしましょう。

正しい歯磨きのポイント

歯垢(プラーク)をしっかりと取り除くことが必要

歯垢(プラーク)は生きた細菌のかたまりで、むし歯・歯周病などの原因となります。乳白色で歯と同じような色をしており、舌で触るとザラザラした感触があれば、それは歯垢(プラーク)です。

歯垢(プラーク)は、水に溶けにくく粘着性があるため歯の表面に付着し、うがいでは取り除くことができません。

歯磨きの目的は、この歯垢(プラーク)を取り除いてむし歯や歯周病などにならないようにすることです。

引用元-予防歯科から生まれたクリニカ

  • 歯並びや歯の状態に応じてブラッシングを行う
  • 歯垢(プラーク)は歯ブラシでしっかり取り除くこと

食べたら歯磨き、という習慣を

歯は食べ物を消化しやすくするために細かく砕き、すりつぶす働きを持っています。それゆえ、部位によって違った形をしています。噛み合わせの部分も複雑なので、丁寧にブラッシングしないと、食べかすが残ったままになってしまうんですね。