中学生おすすめ☆効率よい勉強方法を紹介!身に付けて成績アップ

中学生は見逃すな!効率よい勉強方法を身につけ成績アップ!

中学生で勉強が出来るか出来ないかに差が出てきますよね。

中学生の時期に伸びるように、勉強方法をきちんと考えていきましょう。

やみくもに勉強したり時間をかけたりするのでは大変。効率的な勉強方法を知って、苦しまずに成績アップをしていきたいですね。

中学生の勉強で一番大事なのは、「勉強方法」

勉強方法が肝心!

中学生の勉強で1番大事なのは何だと思いますか?

「やる気?」「理解力?」「暗記力?」

いいえ違います!勉強方法なのです。

暗記力がいくらあってもいつか忘れちゃいます。

「やる気」に関しては後で説明しますが、後々ついてくるだけで勉強方法さえわかっていれば中学生のうちは大丈夫です。

だれでも勉強したことを忘れる!?

あなたのお母さんお父さんだって中学生の内容を全て覚えているわけではありませんよね?

でも、1度はやってるんです・・・。

一般的に人は、1日で約70%のことは忘れると言われています。

テスト前に何もしなかった場合授業でやっているのに回答用紙に書く内容は頭には浮かんできません。

これは楽しくないこと嫌なことを忘れるからです。

ゲームやマンガの事なら覚えているのに・・・。

でもそれは当たり前の事なのです。

だからと言って、勉強に励む中学生がそれで良いとは言えません(笑)

引用元-【中学生の勉強法】今すぐ勉強の仕方を変えるだけで成績はあがる!

出来る子はなぜ覚えてる?

1日で70%の事を忘れるといいましたが、クラスに勉強のできる子っていますよね?

その子だってそうなのです。
 
なぜ、その子たちはできているのか?

「勉強しているから!」
 
そうです!(笑)
 
でも私が言いたいのは、時間をかけることではありません。
 
その子たちは「なぜ覚えているのか」です。
 
中には、家に帰ってから何時間も勉強している子もいるでしょう。

しかし、これって効率悪いし、ゲームしたり友達と遊びたいですよね!
 
効率よく「覚える」「理解する」必要があります。

引用元-【中学生の勉強法】今すぐ勉強の仕方を変えるだけで成績はあがる!

  • 中学生の勉強は、勉強方法が大切
  • 1日の7割は、次の日には忘れている
  • 出来る子は、勉強しているからだけではない
  • 効率よく覚えたり理解することが大切

勉強方法を見直してみることが必要かもしれません。

1日の7割を忘れているとは、思っている以上で驚きました。頭の良し悪しで記憶力に差があると思っていましたが、それだけではなさそうです。みんな平等だという事を信じ、効率用の良い勉強法をしていきましょう。

中学生の数学の勉強。こんな誤解をしていませんか?

誤解1 算数は思考力やヒラメキがモノを言う科目だから、地道な計算練習などはしなくてもよい

これは保護者の皆様と言うよりも、子ども達が勝手に思い込んでいる勘違いですね。

特に「うちの子、算数のセンスはあると思うのだけど、思ったほど成績はよくないのよね」というお心当たりのある方は、お子さんがこう勘違いしている可能性が非常に高いです。

確かに算数は、その科目の性質上、「センス」や「数感」といったものが、成績に大きく影響を及ぼす科目です。

それゆえ、計算練習などの地道なトレーニングは軽視される傾向にあります。

小4くらいまでは、それでも、センスだけで何とかやれてしまうのですが、学年が進むにつれて、計算力がないとできない問題が出てくるようになります。

引用元-みんなが誤解している中学受験の学習法 算数編 [中学受験] All About

誤解2 算数だって暗記科目。解法パターンを丸覚えさえすれば、算数の力は上がるはず

中学生になると、方程式や様々な公式を学びますね。

それを覚えるのに苦労した方もいらっしゃると思います。

そのイメージがあるせいか、算数も暗記科目であると捉え、同じ問題を何度もやらせて解法パターンを徹底的に覚え込ませようとする保護者の方は、実はとても多いです。

算数も学習のひとつですから、覚えるということと全く無縁ではありません。

確かに解法パターンをみっちり覚えていけば、成績は一時的に上がります。

何しろ週テストや月例テストでは、その期間に習ったことがそのまま出題されますから、解き方さえ覚えていれば、点数は取れるようになります。

ところが、そうやって鍛えた生徒は、範囲のない実力テストや外部模試では、全く力を発揮することができなかったりします。

引用元-みんなが誤解している中学受験の学習法 算数編 [中学受験] All About

  • 算数は計算力が大切
  • センスだけでは問題がでてくる
  • 解き方だけ暗記したのでは、その場しのぎの点数しかとれない

算数は、センスや暗記だけでは実力は伸びません。

やはり計算力なのですね。私は中学校では公式の丸暗記ばかりしていたので、高校に行ってみごとにつまずきました。算数は計算力を付けて、公式の意味を理解することが大切ですね。

中学生の英語、こんな勉強法がおすすめ

英語の勉強法

中学生が英語の勉強で考えるのは、英文法と英単語ではないでしょうか?

「不定詞」「SVO」など文法用語を苦手な方は多いようです。

さらに、中学で習う英単語は約1200語です。

しかし、中学校で習う英文法や英単語は、定期テストならそれほど難しくはありません。

教科書を丸暗記すれば定期テストでも簡単に点数を取ることができます。

ここでは、参考となる暗記法を引用します。

英語の暗記法

授業で習った英文をノートに書き、その英文を隠して、何度もチェックを繰り返し、書けなかった英文は印を付け、定期試験までに何度も書いたり頭の中でイメージしたりします。

これは、一見単純のようにみえますが、とても効果が高く、英単語帳で勉強などをするよりもよっぽど良いです。

そのほど、教科書の英文の暗記は効果的です。

英語の成績を伸ばしたい方は是非試してみてください。

引用元-定期テストの得点が抜群にアップする中学生の教科別勉強法!

  • 中学校の英語は、教科書を丸暗記すれば点数が取れる
  • 英単語帳で学ぶより効率がよい

中学校の英語は、教科書の丸暗記が効果的ですね。

私は、英語が苦手でした。言われてみれば、教科書の音読もしなければ、暗記なども全くしなかったですね。教科書の英文もそれほど長いものではないので、やってみる価値はありそうです。

中学生の勉強。社会は成績を上げやすい!

社会はほぼ暗記

5教科の中で、最も上げやすいのが「社会」です。

短期間でも、目に見えて上がります。

以下の方法を使えば、

お子さんは次の定期テストで、かなり上昇するでしょう。

よく読んで、マスターしてくださいね!

「社会」は、“暗記”の要素が非常に強いです。

歴史上の人物、地理の国名、公民(政治経済)の語句など…

大半が「暗記」ですね。

つまり、「一種のクイズ」なので、ある事柄について、“知っているか、知らないか”を尋ねているだけです。

(知っていれば ⇒ 得点 知らなければ ⇒ 書けない… 仕組みは、ほぼこれだけ。)

引用元-中学生の「社会」の勉強法|“今すぐ”上げたい方は必見!

真面目すぎないこと

「定期テスト」は、学校配布の問題集(学校ワーク)からほぼそのまま出ます。

これを知っているだけでも有利ですが、

★“記憶に残り、得点が伸びる使い方”があります。

これを知ることで得点アップできるのです。

実は、「伸びない原因」のひとつは、やり方が「真面目すぎる」ことです。

引用元-中学生の「社会」の勉強法|“今すぐ”上げたい方は必見!

×「真面目に、すべて自力で解く」のは賢くありません。

代わりに、こうすべきなのです。

最初から答えの冊子を横に置き、答えを見ながら解きましょう!

引用元-中学生の「社会」の勉強法|“今すぐ”上げたい方は必見!

  • 中学校の社会は、ほぼ暗記
  • 知っていれば答えられるし、知らなければ0点
  • 真面目に全て自力で解くのでなく、答えを見ながら解くこと

社会はほぼ暗記すればよい科目です。

そうなんですよね。社会はほぼ暗記の教科です。特に歴史などは、覚えていなければ勘でも答えられません。しかし、逆に考えれば、やればやっただけ点数になるということですね。頭の良し悪しとは関係ないのです。

中学生の定期試験の勉強法。試験範囲を予想して、早めに試験勉強を始めよう!

早めが肝心

定期試験の直前になって試験勉強を始める中学生がいます。

そのような子に、

「もっと早くから勉強を始めればいいのに」

と言うと、

「試験範囲が発表されていないから勉強できない」

なんて、返事があります。

確かに、試験範囲がわからなければ、試験に関係のないところを勉強してしまうかもしれません。

でも、試験範囲の予想がつけば、早めに試験勉強を始めることができますね。

確実に出るところから早めに始める

中学校の定期試験の試験範囲というのは、前回の試験範囲の次の単元からが次回の試験範囲になる場合が多いです。

ですから、そこから勉強を始めれば、無駄になることはまずありません。

もし、不安なら、中学校の先生に確認してみるとよいでしょう。

中学校の授業では、わざわざ先生が、「ここは、次の定期試験に出るからしっかりできるようにしておいてください」と教えてくれることがあります。

そのような場合は、そこから勉強を始めれば、間違いありません。

また、どうしても試験範囲が予想できないという場合は、学校の授業を思い出してみましょう。

先生が、繰り返し丁寧に教えてくれたところや、ここは重要そうだなと感じたところがあれば、その部分のまとめをしておくのもよい方法です。

教科書やノートを見れば、そのサインが読み取れるかもしれません。

中学校の定期試験の試験勉強は、確実に出題されそうなところから、早めに勉強を始めるのが得策です。

引用元-中学生の定期試験の勉強の仕方|勝者の勉強の仕方

  • テスト範囲が発表されてから始めるのでは遅い
  • 先生が繰り返し教えていたところや、大切そうなところから早めに始める
  • 前回のテスト範囲の続きからが今回の範囲の場合がほとんど

テスト勉強はどんどん始めてしまいましょう。

試験範囲が発表されていないからできない、というのは言い訳ですよね。私にも覚えがあります。テスト勉強は面倒ですから、後回しにしたくなるのも分かります。でも、毎日少しずつやっていけば、テスト勉強は大変ではないという事が大人になって分かりました。早めにやるのが楽にできるポイントです。