中学生で苦手が多い『英語』!勉強方法のポイントとコツをご紹介

中学生が苦手とする英語の勉強方法のポイントとコツ~

中学生で英語が苦手な人は多いですよね。

英語は積み重ねの教科。はじめの段階でつまずくと、後から挽回するのはとても大変な教科です。

中学校英語の効果的な勉強法やポイント、コツなどをしらべてみました。英語が苦手な人、必見ですよ!

中学生の英語の勉強方法とは?どう覚えればいい?

単語を覚えることが実力アップのカギ

英語の勉強は、大きく3つに分かれます。単語と文法と長文読解。

さて、どんな順番で取り組むか?不安な中学生に、コツをお教えしましょう。

まずは、単語を一定数覚える必要があります。

英語で低迷する原因は、その大半が、単語の知識不足。単語を知らないと、文法も読解も上がりません。(出てくる例文の、意味が分からないため。)

しかし、逆にいうと――基礎単語を身につければ、全分野の「実力アップ」が始まる。

できる中学生は、このことをよく知っています。ですから、最初に必要なのは、語彙を増やすという姿勢ですね。

品詞を意識して単語を覚える

なお、単語を覚える際には、ポイントが1つあります。

名詞・動詞・形容詞など、「品詞」を意識して覚えることです。

これを知らないと――テキスト解説で、「動詞の原形」などの用語が出たときに、“サッパリ意味が分からない…”こうなっちゃいます。

中1、中2の挫折原因1位。(“分からない”が連鎖し、だんだん英語が苦手科目に…。)

しかし、再び逆転の発想!単語を覚えるときに、「これは動詞!」などと意識すれば、良い流れの始まりに。

過去形や進行形など、動詞の変形もあとで楽々できちゃいます。

「分かった!」「うれしい!」が連鎖し、どんどん分かるように。プラスの流れが生まれれば、合格の「未来」が開けます。
引用元-中学生の「英語」の勉強法|高得点で、未来を変える!

  • 一定数単語を覚えることが大切
  • 単語を覚える際には、品詞を意識して覚える
  • 分かるが連鎖すると、さらに分かるようになる

品詞を意識しながら、単語数を増やすことがポイントです。

まずは、単語からですね。わたしは単語を覚えるのがとても苦手で、英語はとても苦手でした。長文問題の時、知らない単語ばかりなので、さっぱり意味がわからないんですよね。まずは単語を覚えることから始めてみましょう。

中学生で英語の成績が上がらないと悩んだら、こんな勉強方法から!

英文を覚える

【ステップ① 0点⇒30点】

多くの中学生が英語の成績が上がらずに悩んでいる一番の理由は、英単語のみを覚えているからです。これは間違った英語の勉強方法なのです。

特に中学1年生の子は、まだ英語の勉強の仕方がわからないので、この傾向が強いです。この勉強法は、国語で言うなら、ひたすら漢字だけを覚えている状態と同じです。この方法だとせいぜい20点が限界です。

ではどうしたらいいのかというと、英単語を覚えることに加えて、教科書本文の音読を行います。すると頭の中に英文がそのまま入ってくるので、文章の並び替え問題が出たときに点数が取れるようになります。

英単語をきちんと覚えた後は、音読を最低10回、できれば20回くらいやりましょう

英単語と英文の覚え方

【英単語と英文を覚えるときのポイント】

①単語カードか単語帳を使おう
英単語を覚えるとき、最初に英語を見て日本語を答えられるようにします。
その後、日本語を見て英語答えられるようにします。このステップを踏むうえで、英単語カードを使うと非常にスムーズに勉強が進みます。

②あらかじめ日本語訳を読んでおこう
教科書の英文を音読する前に、あらかじめ日本語訳を何回か読んでおきましょう。
このステップを踏んでおくと、教科書の音読をするだけで、自然に日本語訳まで頭に入ります。
引用元-中学生の英語の勉強方法<<定期テスト対策編>>

  • 単語だけを覚えているのでは20点が限界
  • 単語を覚えてたら、センテンスで覚えるために、音読を20回
  • 単語帳を使う
  • 教科書の英文を音読する前に、日本語の訳を読んでおくこと

単語だけではなく文章で覚えると英語は上達します。

単語だけでも、文章だけでもダメですよね。まずは単語をしっかりと覚えたら、音読をしてみましょう。文章ごと暗記してしまえば、定期テストはばっちりだと思います。毎日音読していれば、自然と頭に入りそうですね。

中学生で英語が苦手と感じたら、まずは勉強方法見直そう!

まずはBe動詞と一般動詞の区別から

具体的に言えば、

She is from Tokyo . (be動詞)

He likes music . (一般動詞)

この2つの英文の疑問文と否定文を作る手順の違いは区別できますか?

× Does she is from Tokyo ?  (区別できていない生徒さんの間違い例)

× Is he like music ?       (間違い例)

× He is not like music .     (間違い例)

また、上の英文のTokyoと下の英文のmusicについて問う、疑問詞を使った疑問文は作れますか?

× Where she from ?       (間違い例)

× What do he likes  ?       (間違い例)

英語が苦手だという中学生は、まず1年生で習う上の3つの文法を完全に区別できるように練習して下さい。

中学1年がベース

一般的な問題集のように、それぞれ単独の問題ではなく、be動詞・一般動詞・疑問詞の文章が混ざっていても、それぞれを区別して疑問文や否定文に書きかえられるかどうかが重要です!

くり返しになりますが、ここがあいまいでは、2,3年生の内容をどんなにがんばっても理解が進みません。
中学・高校で習う多くの英文が、上の3つの文法をベースとしています。

これから英語を習い始める小学生は、中学1年の春から夏にかけてが重要です。苦手にしないように気をつけましょう!

引用元-【中学英語/勉強法】英語が苦手な中学生はここから見直そう!|新潟の家庭教師ホームティーチャーズ|インフォメーション

  • Be動詞と一般動詞の区別をきちんとつけておく
  • 中一の英語が基礎となる
  • 基礎がしっかりしていないと、中二中三で必ずつまずく

まずは、基礎的なところをしっかりさせていきましょう。

英語でなくても、まずは土台がしっかりしていないと、あとからからぐらぐらしてしまいますよね。英語が苦手だと感じたら、中学校1年の基礎に戻ってやり直してみるといいと思います。

中学生の英語の勉強方法のポイントは「音読」と「単語」

教科書をしっかりと音読する

英語の学習は「音読」と「単語」がポイントです。
教科書を良く読む、英単語をしっかり書ける用にする。この二点が出来ていれば平均点以上は取れるように出来ています。

ポイントになるのが音読です。教科書をスラスラ読めるようになるまで読み込みます。
定期テストの長文読解は必ず教科書から出ます。

教科書を詰まらずにスラスラ読めるようになっていればほとんど対応が出来るのです。

・英語の点数が悪い中学生は教科書の音読を疎かにしています。

音読するときのポイント

一度、お子さんが音読しているのを聞いて上げて下さい。英語の理解度はすぐに解ります。

For example, we clean streets and parks near our school.

例えば上の英文を読む場合ですが、

For example, /we clean streets and parks/near our school.

と区切って読めているでしょうか?

出来ていたら英語が苦手ではないはずです。なぜなら、意味が解って読んでいる証拠だからです。
引用元-中学生の英語学習 英語の成績を伸ばすコツ

  • 中学の英語は、教科書の音読と英単語の暗記がカギ
  • 教科書をしっかりとスラスラ読めるようになるまで音読する
  • 音読するときは、意味を考えながら区切る事

教科書の音読を、区切る場所を考えながら読みこみましょう。

私は英語が苦手でした。今から考えれば、音読なんてほとんどしなかったですね。読んで訳すことに精いっぱいで、授業でさされたときぐらいしか読んでいませんでした。英語が苦手なら、音読を試してみる価値がありそうですね。

英語のテスト勉強で苦手を克服する方法には、どんなものがある?

単語帳の丸暗記と英検取得

英語は調子悪いと、グダグダな点数しかとれないけど一回、並に乗ればグングン上がる不思議な教科です。
なので、定期テストで90点とれる人は一般的な試験でも90点とれます。

英語の苦手な人の勉強法は次のうちの二つ。

・単語帳を買ってきて一冊丸暗記。
英語は語学なので、単語の数が少ないとどうにもなりません。

・英検を取る。
英語が苦手な人の半分近くは「-s」を付け忘れたり時制の間違いをしている場合が多いです。
しかし、英検はマーク式問題なので文法と単語を覚えていればできるのでここから英語をのばしていくのがいいかも。

英検はバランスよく実力アップできる

どちらかといえば、後者の英検をお勧めします。
何故かと言うと、英検には「文法」「長文」「会話文」「リスニング」これら全てが一つの試験に詰まっているからです。
俺も、英検に合格してから英語の点数がかなり安定しています。
見栄を張らずに五級から挑戦していくのがいいと思います。
引用元-中学生です英語のいい勉強方法をおしえてください – 英語は調子悪いと、… – Yahoo!知恵袋

  • 英語の苦手な人は、英単語帳の丸暗記をするか英検を受ける
  • 単語の数が少なければ英語は得意になれない
  • 英検の勉強は、文法、長文、会話文、リスニングが学べる

英語が苦手なら、まずは英検5級の取得を目指しましょう。

高校受験の内申書にも英検は有利になることもあると聞いたことがあります。目標が出来るとモチベーションも保ちやすいですよね。英語が苦手な人は、英検を目指してみるとよいですね。