ロキソニンとカロナールを併用!注意点やメリット・デメリットは

ロキソニンとカロナールの併用はOK?併用する場合の注意点

ロキソニンとカロナールの違いや、両方の特徴・メリット・デメリットをまとめました。

発熱時に処方される薬の違いを知っていますか?同じ効き目があっても、作用や効果などが違っていたります。実際にどちらを選べばいいのか?

この記事を読んで、薬を選ぶ時の参考にしましょう。

薬の効用を知って正しく飲む!ロキソニンとカロナールの併用は?

ロキソニンとは?

どのケースでも効果の高さをうたっていますが、
ロキソニンの特徴は
頭痛などの痛みに非常に効果が高い
というところにあります。

効果が出るのが早く、副作用も少ないためにとても便利で多くの人に利用されています。

カロナールとは?

ロキソニンと同様にカロナールはまた鎮痛薬として有名です。

カロナールの特徴としては、穏やかな薬と例えられることが多いです。

これは非常に身体に優しいということで、副作用はまったくないとは言い切れませんが、ほとんどありません。

そのため子供にも用いられることが多い薬となっています。

ただし、その一方で鎮痛効果としては少し弱いとされている部分もあり、重度の打撲などには効果が薄いと感じられるケースもあります。

ロキソニンとカロナールの違い

ロキソニンとカロナール、どちらも鎮痛薬です。

しかし、そこには大きな違いがあります。

それは鎮痛効果です。

ロキソニンとカロナールでは、ロキソニンのほうが鎮痛効果が高いです。

その分、副作用や身体への影響を考えるとロキソニンのほうが大きいのも確かです。

ロキソニンが成人、カロナールが子供というのは、こういった身体への影響というのを考慮されたものとなっています。 

引用元-ロキソニンとカロナールの違いは?同時併用は大丈夫?効き目について | ブレインミルクの消耗。

  • 痛みに強い効果があるロキソニン
  • 効果は弱いが子供でも使える優しいカロナール
  • ロキソニンは大人向け、カロナールは子供向け

両方とも解熱鎮痛剤として、発熱時に処方される事が多い薬ですね。

ロキソニンやカロナールは両方とも鎮痛薬として知られていますが、私が知る限りでは熱冷ましや解熱剤として病院から処方される事が多いように感じます。とてもひどい発熱や痛みがある場合は強めのロキソニンが処方されてるんですね。

同時に飲める?ロキソニンとカロナールは併用可能?

併用はNG!

いずれも処方薬なので、基本的には医師の判断のもと提供されるので、勝手に併用しない方が良いです。

とはいえ、併用についてご回答させていただきますね。

まずカロナールとロキソニンは同じ効能効果をもち同系統のお薬ではあるので、一緒に飲むと効果だけでなく副作用のリスクも高まってしまいますので、今回のように5時間以上は時間をズラして服用した方がいいでしょう。

また、カロナールは解熱鎮痛剤の中では比較的安全性が高いものですがロキソニンは妊婦さんなどでは避けた方がいいです。

また、小さなお子様の発熱にも避けた方がいいときがあります。

頓服する際の間隔に注意しよう!

その上で大人が頓服(とんぷく:朝昼晩の食後ではなく、症状にあわせて飲む事)として使う場合は、カロナールの服用から5時間はあけましょう。

カロナールが血中から半減するのには2時間以上がかかります。

カロナールにしろロキソニンにしろ、頭痛の頓服として服用する場合は、1日2回までを目安としてください。

また、月に10回までを意識していただければと思います(薬物乱用頭痛を避けるためです)
引用元-カロナールとロキソニンは併用してもいいですか?カロナールとロキソニンは同時に(一緒に)飲んでいい?|ミナカラ

  • ロキソニンとカロナールの併用は避けよう
  • 頓服する際は決められた時間をあけよう

併用することで、体温が急激に下がり過ぎてしまう可能性もあります!

私、実は薬を併用してしまった事があるんです。高熱でダウンしている時に薬を飲んだのですが、直後飲んだ事を忘れ同じ薬を飲んでしまいました。その時は体温が急激に下がり、寒気や震えが止まりませんでした。医師から処方された方法で薬はしっかり飲みましょう!自己判断での薬の服用は危険です!

時間の間隔を空ければ併用可!?ロキソニンとカロナールの同時使用について

カロナールからロキソニンに切り替えるとき、またはその逆の空けべき間隔は4〜6時間

カロナールからロキソニンに切り替えるとき、またはその逆の空けべき間隔は4〜6時間程度空けるのが望ましいと考えられます。

その根拠として、カロナールを連続して使用するときの間隔が4〜6時間以上あけるという注意喚起がある点、ロキソニンは明確なあける間隔の注意喚起がないものの、解熱鎮痛剤の一般的な服用間隔が3〜4時間空けるといわれている点から、カロナールで注意喚起されている4〜6時間以上空けるのが安全と考えられます。
引用元-カロナールとロキソニンの違いや同時の併用、頭痛、生理痛、歯痛などへの効果|空けるべき間隔やインフルエンザでの使用、腎機能に応じた使い分けなども | 薬インフォ

カロナールとロキソニンの用法用量と間隔、効果時間の違い

用法用量の違いとしてカロナールの錠剤は200、300、500と規格が複数あり、また、1回量も300〜1000mgと幅広いため、指示された量を確認して使用するようにしましょう。

一方、ロキソニンは60mgの規格のみであり、60mg〜120mg(1錠〜2錠)であり、通常は1錠で使用することが多い薬です。

使用間隔はカロナールは4〜6時間空けると明記されており、ロキソニンは明記されていないものの、同程度の間隔を空けるのが安全と言えるでしょう。

効果が出るまでの時間はカロナール、ロキソニンともに15分〜60分程度と考えられますが、どちらかと言えばロキソニンの方が早いという意見が一般的です。効果が持続する時間はカロナールは2〜6時間、ロキソニンは平均7時間という報告が一例で上がっていますが、こちらも実際には個人差や1回の使用量、使用する症状によるところが大きく、大差はないという印象です。
引用元-カロナールとロキソニンの違いや同時の併用、頭痛、生理痛、歯痛などへの効果|空けるべき間隔やインフルエンザでの使用、腎機能に応じた使い分けなども | 薬インフォ

  • 4〜6時間あけてから薬を切り替えよう
  • カロナールの効果持続時間は2〜6時間
  • ロキソニンの効果持続時間は平均7時間

カロナールで効かないという事はそれだけ痛みが強いということ!

カロナールは効果も緩やかなので、熱が上がっている最中に飲んでも効果がでない場合があるようです。熱が上がりきってから飲むようにしましょう。それでも効かない場合にロキソニンなどの強めの薬に変えてみてもいいかもしれません。そんな時は服用する間隔をしっかり調べておきましょうね。

違いは何?ロキソニンとカロナールの作用や効果など

ロキソニンとカロナールの作用の違い

まずは、ロキソニンとカロナールの作用について見比べてみましょう。効果を発揮する作用のメカニズムに違いがあります。

■ロキソニン(ロキソプロフェン)

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)のタイプに分類されます。

体内の「痛み、炎症、発熱」などを引き起こす物質(プロスタグランジン)が作られるのを抑えることによって、炎症に伴う腫れや痛みをやわらげ、熱を下げます。

■カロナール(アセトアミノフェン)

NSAIDsとよばれる一般的な解熱鎮痛薬とメカニズムに違いがあります。非ピリン系解熱鎮痛薬に分類され、脳の中枢神経や体温調節中枢に作用することによって、解熱鎮痛効果を示します。

ロキソニンとカロナールのお薬の剤型<タイプ>

■ロキソニン(ロキソプロフェン)

ロキソニンには、内用薬として、錠剤の他に細粒があります。外用薬としては、テープ剤、パップ剤、ゲルがあります。

■カロナール(アセトアミノフェン)

カロナールには、内用薬として、錠剤の他に細粒、シロップ、ドライシロップがあります。外用薬としては、坐剤があります。
引用元-【基礎知識】解熱鎮痛薬のロキソニンとカロナール。1分でわかる、作用や効果・副作用の違い | EPARKくすりの窓口コラム

  • カロナールには抗炎症作用がない
  • ロキソニンは炎症に伴う痛みを和らげる
  • カロナールもロキソニンも内用薬意外にも外用薬がある

妊娠初期・後期の人はロキソニンは絶対ダメ!

炎症に対する鎮痛効果があるロキソニンは、妊娠初期・妊娠後期には胎児に悪影響を与える可能性があるので、服用できません。その代わり、脳の神経や体温などを調整する事で痛みを和らげるカロナールが処方されます。医師処方意外にも一般で販売しているロキソニンもあるので要注意ですね。

良く効くのはどっち?ロキソニンとカロナールのメリット・デメリット

処方されたロキソニンは成分がきつい

子ども用に調整したものもあります。

近年は栄養状態が良くなり、初潮を小学3,4年生でむかえると言うことも増えています。

そのために小学生であっても生理痛を経験することが多くあります。そのために、販売数で比べるとその様なことになるのです。

しかし、ロキソニンについてはドラッグストアーなどで販売されているものは病院で処方されるものよりも効能が少し弱めに作られているために他の種類の頭痛生理痛、解熱剤と同じような効果しか発揮することが出来ません。

病院で処方されるものについては一般的に売られているものよりもかなり成分がきついものであり、医師の指示に従って服用しないと生命にかかわる重大な副作用が出ることもあるためにドラッグストアーなどでは販売されていません。

カロナールはとにかく効果が穏やか

カロナールについては、小児も飲むことが出来る様に量を調節した粉末状のものもあり、小さい子どもでも服用することが出来る様になっています。

小児用の場合はシロップで甘くなっているために安心して服用することが出来ます。

また、カロナールの成人用の錠剤はサイズが他の薬とくらべて大きくなっているために大きな薬を飲みこむことが苦手または不可能な場合は医師と相談して粉末状にしてもらう必要があります。

この様にカロナールにもロキソニンにも様々な短所があり、また長所もそれぞれ違いますがたくさんあります。
引用元-カロナールとロキソニンのどちらが効くか

  • 市販のロキソニンは効果が弱め
  • 医師処方のロキソニンは市販より強い
  • カロナールは子供でも服用できる優しい作用

市販の薬を探す場合は「カロナール=アセトアミノフェン」と思って探してみよう。

病院から処方される場合は、医師の判断で処方されているのでしっかりと指示通り服用しましょう!ドラッグストアで購入する場合はカロナールは市販薬は無いので同じ成分の「アセトアミノフェン」を探しましょう。パッケージに「子供用」「ジュニア」など記載されてる場合はアセトアミノフェンの事が多いです。