腸の痛みは腰痛の原因に!腸と腰痛の関係は?〇〇の初期症状かも

腸の痛みは腰痛を引き起こす!?気になる腸と腰痛の関係について

腰が痛いと、筋肉や骨のトラブルをまず思い浮かべるでしょう。もちろんその可能性も高いですが、内臓の病気が原因の腰痛もあるのです。

腰周辺には胃腸や膵臓などたくさんの臓器があります。内臓由来であれば他の症状が出ている可能性も。

予想される腰痛の原因を挙げてみました。

 

もしかして内臓の病気なの?腰痛は腸の痛みからきてる?!

内臓と腰痛って関係あり?

なんと腰痛の85%は原因不明!!

腰が痛いんだから腰が原因だろうと思ってしまいがちですが、

実はそんなこともないんです。
引用元-危険な腰痛!あなたのその腰痛は内臓が関係している?? | 大阪市大正区の人気整体 ひろ整骨院

痛みを訴えて受診する人のうち、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症など原因が特定できる腰痛は実は約15%。

ぎっくり腰を含め、病態不明の『非特異的腰痛』のほうが多い」

腰痛全体の約85%は、レントゲンなどの画像検査では腰に明らかな異常が見られない「非特異的腰痛(腰痛症)」である。

要するに全国的な調べで85%の腰痛は原因分からないとなっています。
引用元-危険な腰痛!あなたのその腰痛は内臓が関係している?? | 大阪市大正区の人気整体 ひろ整骨院

腰痛と内臓の病気との関連性

内臓はなんで腰痛の原因になっているのでしょうか。体の中心の胴体内部には、内臓が詰め込まれています。

そのため、内臓の大きさは胴体内部のの大きさによって決まってきます。

この内臓が、病気などによって肥大すると中からお腹や腰を圧迫します。

この内臓による圧迫が痛みとして感じられることが、腰痛の原因となっているのです。

腰痛を伴う病気としては

慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胆嚢炎、胆石症、胆道結石、

腎盂腎炎、尿路結石、、子宮筋腫

卵巣嚢腫、卵巣炎、腹部大動脈瘤、帯状疱疹による神経痛

などが挙げられます。

普通家が火事だと家から出てる火を消そうとしますよね。

これを自分の体に置き換えて下さい。

痛いって信号は痛いところが悪いに決まってると、思ってませんか?

真の原因を突き詰めていくと、腰が原因ではないことがとても多いです。
引用元-危険な腰痛!あなたのその腰痛は内臓が関係している?? | 大阪市大正区の人気整体 ひろ整骨院

  • 85%の腰痛は、未だ原因不明
  • 内臓が病気で肥大し、中から圧迫することで腰痛が起こることもある

それでも原因にたどり着ければいい

血管の周囲には神経が絡みついていますが、血管が膨張して神経に触り、痛みが生じることもあります。すべてのものが正常な状態、正常な位置にあれば痛みは起こらないはずなんですよね。一つ一つ可能性を潰していくしかないでしょうかね。

原因は?腸の痛みや不調で腰痛になるの?

過敏性腸症候群と腰痛との関連性

お腹周辺の筋力が落ちている

腸の不調で腹痛や下痢などを引き起こす過敏性腸症候群と、腰の骨や筋肉が痛む腰痛では、関係がないように思うかもしれません。
しかし実際には関連が深く、腰痛に悩む過敏性腸症候群患者は少なくありません。
過敏性腸症候群が腰痛を引き起こす理由のひとつは、お腹周辺の筋力低下を招くからです。
常にお腹を壊している過敏性腸症候群の患者は、一日に何度もお腹を壊し、トイレに行くため腹筋が弱くなる傾向にあります。腹筋が弱まると、姿勢が悪くなると同時に背骨や内臓を正しい位置に保つことができなくなるため、腰痛になりやすくなるのです。
いきむ習慣が腰に負担をかけている

下痢型も便秘型も腰痛になり得る

下痢型の過敏性腸症候群の場合は、前述の通りお腹周りの筋力が落ちているため腰痛になっている可能性が高いです。
しかし、便秘型の過敏性腸症候群の場合は、トイレで腰に力を入れていきむ習慣がついているため、一般の人よりも腰にかかる負担が大きく、それが腰の痛みを引き起こしているのかもしれません。
引用元-過敏性腸症候群の症状~腹痛・腰痛~

  • トイレの回数が多い→腹部筋力低下→内臓を正しい位置に保てない
  • 下痢型は腹部筋力低下、便秘型は、いきみによる腰の負担増が痛みを招く

一人でもできるよ

腹部はほぼ筋肉で守られているので、筋力低下が内臓の状態に影響を及ぼすのは納得です。腹部の筋肉を鍛えると見た目もスマートになるし、内臓も安定するし、代謝も良くなるし、一石三鳥といえるでしょう。

注意が必要!腸の痛みで腰痛に?〇〇の初期症状かも!?

大腸がんの初期症状の可能性あり

腰痛で悩んでいる方は多いと思いますが、
大腸がんの初期症状として腰痛
が起きる場合があります。

この場合、直腸がんであることが多いです。

大便が通るときに出来たポリープが刺激され、肛門の奥に鈍い痛みが起こって、臀部にかけてその痛みが走ることがあります。

腰から臀部にかけて痛みが直接感じられる場合、大腸がんはある程度進行しています。

大腸がんの初期症状といっても初期症状の後半期だと認識してください。

他の腰痛との違い

では、いわゆる腰痛と言われるものとどう違うのでしょうか?
大きな違いは夜に腰痛が頻繁に起きることです。
内臓疾患は夜に痛むことが多いのです。

普通の腰痛でしたら、特に夜に痛むとかはないですから、こういった体の変化に注意しましょう。

それに腰痛が起きる前には、血便や腹痛、便秘、下痢などが起きていなかったかも判断材料となります。

大腸がんの初期症状、この変化を見逃すな

大腸がんの症状として多いのが血便です。

しかし大腸がんだとは思わず、同じく血便が出る痔だと思い込んでしまう方も多いです。

大腸がんの初期の症状は自覚できないことが多いです。
引用元-大腸がんの初期症状が腰痛の場合の特徴となりやすい人や年代 | これって、そうなんだ~!

  • 大腸がんの初期(後半期)に腰痛が起こることがある
  • 便通時にポリープが刺激されるための痛み
  • 内臓疾患による腰痛は、夜間に起こる
  • 同時に発生した他の症状も見逃すな

自分で調べるのも悪くないでしょうけど

「痛み」とひと口にいっても、どこが、どんなふうに、いつ、と詳しく突き詰めていくと、特徴が見えるようになります。「この病気ではこんな症状が出る」と、専門家ならご存知でしょうから、材料をたくさん集めて判断を委ねましょう。

なぜ?腰痛が起きてしまう原因は腸の影響?その理由とは

筋肉と骨はくっついている

腸の周辺の緊張している筋肉が、骨を歪ませるケースです。

そう。“筋肉”と“骨”はくっついているので、当然ですよね。

木の葉っぱ ( 筋肉 ) を引っ張ると、枝 ( 骨 ) も一緒に
くっついてくるのと同じです。

ですから当然、筋肉が緊張し張っていれば、その周囲の骨をも
引っ張るため、歪みます。

このように、腰痛は腸の疲れだけでなく、腸の疲れから
骨の歪みを生む、二次的な原因も絡んでいるのです。

専門家は触っただけで分かる?

今からその、腰痛は腸の影響で 骨まで歪ませる。という
事例を交えながら、解説していきたいと思います。

さて、今からお話する事例は、私が 見習い期間中に授業を
受けていた日のことです。

ある カイロの先生 ( Y先生 ) が、痛みで顔をしかめながら、
生徒が集まっている部屋に駆け込んでこられました。

どうやら、腰に かなりの痛みがあるような感じで、
慌てふためきながら、もう一人おられた別の先生 ( I先生 ) に、

「 ちょっとちょっと! 腰が痛いんで、頼む! 」
と言ってこられたのです。

そこで、I先生が腰を触られて言われたのが、次の一言でした。

あ、この腰痛は腸からきてるよ。

そう。腰に触れただけで、腰痛は腸から来ている。ということを
一瞬にして 特定されたのです。

なぜ、このとき 腰の辺りを触診しただけで、腸の影響だと
あっさり言われたのかは、自分には分かりません。

しかし、ともかく、その場で Y先生の腰の辺りに手を当てながら、
仰向けに寝かせ、一瞬で 腰椎を矯正して、痛みは取り除かれました。

引用元-腰痛は腸の影響でも起こる理由|「原因不明」の原因解析法&原因別整体術の極意を伝授

  • 筋肉が緊張すると、骨も引っ張られる状態になり痛みの元となる
  • カイロの施術者が内臓由来の腰痛と診断した例

これぞ、プロの技

触診で分かったということは、特有の筋肉の張り方というのがあるんですね。I先生は経験としてそれをご存じだったと。それは素晴らしい技術だと思います。たくさんの事例が共有されることを希望します。

腰痛が起こる可能性大!胃の痛みや膵臓の痛みが実は原因かも・・

腰痛を引き起こす胃の病気とは?

胃が正常に動いていないと腰痛を引き起こすことがあります。腰の痛みのように感じていますが、次に紹介する胃潰瘍や、胃の不調から胃がんまで多くの胃のトラブルによって起こります。

胃潰瘍
胃潰瘍の症状には、腰痛のほかに腹痛やみぞおちの傷みなどがあります。食後に傷みが生じるという特徴もあります。

引用元-腰痛が知らせる恐ろしい内臓疾患まとめ【素人判断は命取り】|内臓疾患ファイル

腰痛を引き起こす膵臓の病気とは?

膵臓は炭水化物や脂質、タンパク質を分解するすい液(消化酵素)を分泌する臓器です。膵臓に異常をきたすと、インシュリンの分泌がスムーズに行えなくなり、糖尿病を引き起こす可能性もあります。
腰痛を引き起こす膵臓の病気には、次に紹介する病気のほかにも膵臓がんや急性膵壊死があります。

急性膵炎
膵臓で分泌される消化酵素(すい液)で膵臓自体が溶かされ、炎症を起こす病気です。主にアルコールや胆石が原因で起こります。
慢性膵炎
膵臓に持続的に炎症を起こす病気であり、アルコールや喫煙などが原因で起こります。
腰痛を引き起こす腎臓の病気
腎臓は背中側に位置しているため、異常をきたすと腰痛を引き起こすことがあります。
腎臓は血液の老廃物を除去する働きがありますから、腎臓が正常に働かなくなると毒素が体内にたまって尿毒症になってしまいます。

引用元-腰痛が知らせる恐ろしい内臓疾患まとめ【素人判断は命取り】|内臓疾患ファイル

  • 胃潰瘍、胃がんなども腰痛を起こす
  • 膵炎、膵臓がん、急性膵壊死の可能性もある

痛み方も、さまざまありますから

内臓の炎症や肥大などが周辺の神経に影響するというのは理屈でも分かります。症状を一番わかっているのは患者自身ですから、細かい記録も取っておくに越したことはありません。診断材料は多い方がいいですよね。