高校化学を苦手にする生徒が多い!原因と対策についてまとめ

高校の化学を苦手とする…その原因と対策について

化学は高校になると、急に難しくなります。高校化学を苦手と感じる人は少なくありません。

大学受験を見据えて、高校化学の苦手を克服するおすすめの勉強法や対策をまとめてみました。

高校化学を得意にして、大学受験を有利に進めていきましょう。

原因と対策について|高校化学を苦手とする生徒が多い!

どこから手を付けていいかわからない

中学の化学が曖昧な高校生が化学を勉強すると、知らない前提知識だらけなので、教科書の説明や問題のメインでない部分にもつまづいてしまいます。

教科書の説明で何から何までわからないことだらけなので、暗記量が膨大に思えてしまい、苦手意識が強くなってしまいます。

確かに化学は覚えることは少なくありません。

最終的には膨大な数を覚えなければなりませんが、まずは覚えられる範囲で覚えていきましょう。

最初は、最低限必要な知識のみに絞って覚えましょう。

苦手意識がある場合、中学の範囲や高校初学用の参考書を用いるのがよいです。

そこでは、説明でピックアップされている化学式、問題に出てきた化学式など、よく出る知識を中心に覚えていきましょう。

イメージしづらい

目に見えないミクロな内容を扱っているため、イメージしづらいという点があります。

イメージ無しに口頭の説明だけで化学を理解することは困難です。

写真やイラスト主体の教材を使っていくことによって、ミクロな現象のイメージをすることが出来、理解を促進することが出来ます。

イラストの多い参考書または、資料集の併用をおすすめしています。

単位変換が多い

化学の計算問題では単位変換の計算が非常に多いです。
化学モルを経由して考えるため、ほとんどの計算にモルへの変換/モルからの変換が絡んでくるのです。

まずは単位自体の理解と計算慣れが必要です。

引用元-高校化学を苦手にする原因とその解決策 | 中だるみ中高一貫校生専門 個別指導塾WAYS(ウェイズ)

  • 中学での知識が曖昧だと、高校化学は理解できない
  • 初めは最低限の知識に絞って覚える
  • つまづいたら、中学科学などの初歩から始めること
  • 高校化学はイメージしづらいので、写真やイラストの多い参考書がおすすめ
  • 高校化学は、単位自体の理解や計算の慣れが必要

高校化学は、中学の知識が曖昧だとつまづいてしまいます。

知識は積み重なっていくものなので、基礎の部分がしっかりしていないと理解をすることが出来ません。丸暗記しても、理解をしていなければ、その知識には限界があります。焦らずに丁寧に学んでいきましょう。

高校化学の勉強法について|大学受験で苦手を克服するには

①化学は、「暗記」と「理解」の両方が求められる

イメージですが、物化生の暗記量を比率で表すと、だいたい

・物理2
・化学6
・生物10

ぐらいだと感じています。物理は極端に暗記量が少なく、また生物は暗記量が多いような傾向があります。

その中で化学という教科はバランスが取れている。逆に言えば「暗記」と「理解」を同時に進めていかなければ、決して高得点は取ることができません。

だから何だと言われると困るのですが、このことを意識して学習していくことは大切になっていきます。高校3年生であれば、自分が暗記に強いのか理解に強いのかが分かっていると思います。弱点と思う部分をしっかり固めないと、安定した点数を取ることは不可能と言えます。

②構造化されている教科である

化学という教科は、主に次のような4層の構造に分かれています。

「基礎」というのは、教科書の最初にある原子モデルの話や、イオン化エネルギーなどの話で、本によっては「理論」に分類されています。

「基礎」の部分から「理論・無機・有機」へと分岐します。実際には重なる部分はあるのですが、理論・無機・有機の3つを別々に仕上げていくような印象です。下は、恥ずかしながら僕の模試の結果です。

引用元-大学受験での化学の勉強法とおすすめ参考書を全部書いてみた【高校生必見!】 – Yukihy Life

  • 化学は暗記と理解を両方同時に進めなければならない
  • 自分の弱点をしっかりと固めていくこと
  • 化学は、基礎、理論、無機、有機に分かれている
  • 基礎の部分から、理論、無機、有機に枝分かれする

化学は暗記と理解の両方が必要となる教科です。

化学は理科の中でも受験生が多いと言われていますよね。その分参考書も充実していますが、ライバルも多いというわけです。穴がないように、しっかりと暗記と理解を深めていきましょう。

苦手な人へおすすめ☆高校化学の理解を深める!

覚えることが大切

化学の得点をもう少し伸ばしたいと思っているなら
「覚える」という作業から逃げないこと。
授業を聞いてその場でわかったと思うことと、
いつでも自分の中から答えを探せることとは違います。
チェックテスト等を利用して、覚えたことを忘れる前に反復し、
分からないところは身近な先生や友人にでも声に出して質問しましょう。
声に出すということも理解を深めるポイントです。

頑張って伸びない時は

それでも頑張ったのに得点が伸びない、という生徒も毎年100人~150人中に
2~3人は見かけます。そういった生徒は何もひどく落ち込むことはありません。
生きていくとはそういうものです。
頑張ってダメなら次の方法を探すまで!
何度でもやり直して結果を求めるも、他の分野に力を入れて頑張るも、
自分で決めて進むしかないんです。その結果、
進んできた道・選んだ道をプラスにとらえられるかどうかも自分にかかっています。
振り返ったとき自らが頑張ったと思える過程は、
きっと物事をプラスに考える力をその人に与えれくれると思います。

引用元-化学が苦手な人へ:受験に化学を必要とする人へ

  • 化学は暗記も必要
  • 分からないところは、先生や友人に聞くこと
  • 頑張っても得点が伸びない人も中にはいる
  • 頑張ってもダメなら、次の方法を探してみること

頑張りをプラスに変えていきましょう。

化学は暗記が大切です。この部分から逃げていると、必ずどこかでつまづいてしまうと思います。人間には向き不向きが少なからずあります。苦手でも頑張るのか、他の教科で頑張るのか、自分と向き合ってみると良いですね。

勉強法とは?苦手な高校化学の解き方

解き方で大きな差

問題集を解くときになんとなくで解いていませんか?解き方を工夫することで効果は大きく変わります。以下の解き方を参考にしてみてください。

問題集1週目

●一周目
1.まず白紙に解いてみる
2.分からない場合は5分考える
3.それでも出ない場合は問題番号に×をつけて、解説に下線を引きながら読んで行く。
4.解答解説を隠して、解答を再現できるか試してみる。できない場合は解答解説をそのまま写しましょう。(すぐにやれば解けるが、時間が経つと忘れてしまうという場合は、その日の化学の勉強時間の最後にまとめてやっても大丈夫です)
5.週に1回、その週に解いて×がついている問題の解き直しを行う。復習する曜日はあらかじめきめておきましょう。

問題集2週目

●二周目
1.×のついた問題を解く
2.間違えた場合は問題番号の×の隣に、もう1個×をつける。
3.解説に下線を引きながら読んで行く。
4.解答解説を隠して、解答を再現できるか試してみる。できない場合は解答解説をそのまま写しましょう。(すぐにやれば解けるが、時間が経つと忘れてしまう心配が高い場合は、その日の化学の勉強時間の最後にまとめてやっても大丈夫です)
5.週に1回、その週に解いて×がついている問題の解き直しを行う。

問題集3週目

●三周目
××の問題を解いていく

要領は一、二周目と同様です。

ここで、3つめの×がついた問題は、「苦手な問題」としてしっかり意識しておく必要があります。

引用元-絶対に知っておきたい高校化学の勉強法のすべて

  • 科学の問題集は解き方を工夫すること
  • 間違ったところは繰り返して行う
  • 3回間違ったところは、苦手な問題として強化する

しっかりと苦手を潰していきましょう。

なんとなく解くのではなく、苦手な場所をしっかりと認識して何度も解いていくといいですね。一つの問題集を徹底的に行い、穴を無くしていきましょう。自分の苦手な場所を知ることも大切なことです。

苦手だった!高校化学について

先生の重要さ

僕も高1の時は化学が苦手で平均程度やそれより低い時もありました。物理とか数学が得意というところも同じです。
化学はまず覚えることが多いのが嫌でした。
高1のときの授業はわかりにくかったですが、高2・高3の時の先生が変わってすごく分かりやすい授業になったら最終的にセンター9割取れるくらいにはなれました。その先生は覚えるところもしぼって分かりやすくまとめて教えてくれました。いかに教える側の授業の分かりやすさが重要かが身にしみました。

分かりやすいかが基準

おそらくあなたも授業が分かりやすければ点も取れるようになると思います。
学校の先生を変えるという訳にはいかないので、予備校に通うか、分かりやすい問題集を探してみるのはどうでしょうか。

引用元-高校化学についてです。化学が苦手です。 – 僕は化学が苦手です。物理とか数学… – Yahoo!知恵袋

  • 化学は覚えることが多い
  • 先生が替わり、急に化学が分かるようになった
  • 学校の先生が分かりにくかったら、予備校や参考書を探してみるべき

先生が替わり、化学の点数が取れるようになりました。

先生の力はすごいですよね。その教科を好きになるのも嫌いになるのも、先生にかかっていると言っても過言ではありません。もしその教科が苦手なのは、もしかしたら先生のせいかもしれません。いい先生や参考書に出会える努力をしてみましょう。