朝起きられない人へアドバイス|音楽を聴こう、目覚めに効果抜群ですよ

朝起きられない人へ。音楽を聴くと目覚める効果が抜群!!

あなたの目覚まし音はどんな音楽ですか。

実は、朝聞く目覚まし音は、気持ちよく起きることや、やる気アップに関係しています。どんな音楽を聴くことで、目覚めよい朝を迎えられるでしょうか。

脳を起こす音楽の役割や、集中力を高める音楽の力など、起きられない朝の対処方法についてまとめました。

気持ちよく起きられて効果を実感。朝は優しい音楽で目覚めるのがGood

朝の寝起き ―1日の始まりは綺麗なメロディで目覚める―

過去にはビックリして飛び起きるくらい、けたたましい目覚し音を大音量でセットした時期もありましたが、年を重ねるにつれて心臓に良くないと思いやめました。
今は、スマートフォンで予めインストールされている鳥のさえずりと爽やかなメロディ音や、穏やかで優しいメロディを就寝前の気分で選んでいます★1。(その選択は、私の夜のリラックス法の1つになっています)

綺麗な音楽を選んでいるため、起きられるよう大きめの音量でセットしていますが、目覚まし音を変える前よりも気持ち良く目覚められることを実感しています。1日の始まりを少しでも気持ち良く迎えられると、その日の過ごし方や気分も違ってきますよね。

朝はメロディがあった方が覚醒する?

私は朝はメロディがあった方が覚醒を促される気がして好きですが、鳥の声や川のせせらぎなどの「自然音」で目覚めるのも素敵だと思います。また、人間は本当に覚醒するまで1時間くらいはかかるといいますので、人によっては、賑やかな音や音楽の方が、意識や身体の覚醒効果を感じるかもしれません。
引用元-心と身体のメンテナンス -音楽の力を借りて- : サポート : 富士ゼロックス

  • 大音量の目覚まし音で、目覚めよく起きれるとは限らない
  • ただの通知音よりも楽曲のほうが目覚めが良い
  • 実際に、脳や体が起きるまで1時間程度かかる
  • 目覚めに良い音楽は人それぞれ

起きるための曲が、爽やかな目覚めにつながるとは限らない

私の場合、目覚まし音は明るく、かつ大好きな曲でした。でないと、目覚まし音が嫌いになってしまうからです。どうやら、賑やかな曲は目覚めの際の不快感につながるようです。賑やかな曲は起きるのには良いですが、爽やかな目覚めには向かないんですね。

やる気アップの効果が期待できる!「音楽」や「おしゃれ」があなたの朝を変える

自分の気分に適した曲を選ぼう

A. 音楽やオシャレで、やる気をバックアップ

朝一の「やる気UPミュージック」に、いきなりロックや交響曲のようなダイナミックな曲を選んではいけません。音楽の心理効果には「同質の原理」というものがあり、自分の今の気分に適した曲を選んだ方が励まされるのです。朝の気だるい気分に適した曲としては、ボサノバ、モーツァルトの室内楽、女性ボーカルのフォークミュージック、といったところがお勧めです。

また、オシャレで気持ちを前向きにしたい場合には、ぜひ色使いに注目してみましょう。仕事着には、黒、グレー、紺、ブラウンなどのダークな色を基調にするのが社会人のマナーですが、ぜひ「さし色」を楽しめる鮮やかなネクタイやスカーフを15~6本は用意しておいてください。色彩心理効果などはごちゃごちゃ考えず、ファースト・インプレッションでその日のお気に入りカラーを身に付け、やる気をバックアップさせましょう。

仕事以外の課外活動が効果的

B. 仕事以外の楽しみを心の支えにする

仕事から頭を離し、週末や退社後の「自分の時間」に思いを馳せるのも効果的です。そのためにも、仕事以外に定期的に取り組むべき「課外活動」を持っておくのが効果的です。

私は、常々生活は「アウトプット」(仕事、家事、育児など)、「インプット」(勉強、体力作りなど)、「パスタイム」の3つの要素のバランスが必要であると述べています。この「インプット」の要素を、やる気が途切れやすい水曜日か木曜日の退社後に用意しておくといいでしょう。
引用元-2/2 「出社したくない朝」のやる気UP術ベスト10 【ストレス】 All About

  • 朝起きる時の気分に合った曲調を目覚ましに選ぼう
  • 華やかな色を持ち物にプラスすると気分が出る
  • 仕事以外の楽しみを持ち、それを楽しみにする

聞く曲の順番を変えると、すっきりした目覚めにつながる

私は起床時に明るい曲を聞くほうが、やる気につながると考えていました。ですが、起床時には、ゆっくりとしたテンポの曲を聞き、体が動き出したのちに明るい曲を聞くほうが良いようです。聞く曲の順番も快適な目覚めには必要なんですね。

ゆっくり目覚める→脳を起こす効果が|朝は毎日同じ時間に音楽を流そう

目覚まし時計のセットの仕方

1. コンポかラジカセ、またはスマホのアプリ(AlarmDroidが便利)を用意する

2. スローテンポな音楽(クラシックでもヒーリングミュージックでもボサノバでもジャズでもカントリーでもバラードでもJポップでもなんでもかまいません)を用意する

3. 起きる時間の30分まえにその音楽が部屋に流れるようにセットする

4. 目覚まし時計は起きる時間にセットして、寝る!

以上です。

半覚醒状態を作ろう

こうすると本来起きる時間の30分前から、セットした自分にとっての優しい癒しの音楽が部屋に流れるわけです。

目覚ましのアラームが鳴る前にこの音楽でうっすら目が覚めて、ゆっくりと時間をかけて起きる準備ができるわけなんですね。

決まった時間にどんぴしゃで起きるより、この方法だと目覚めが実にスムーズなんですよ。この半覚醒状態で目覚ましのアラームが鳴ってもそれほど「うるせー!」という気持ちにならないわけです。ほぼ起きてるわけですからね。

引用元-朝起きる方法※低血圧でもパッと目覚める超簡単なやり方!

  • 目覚ましの30分前から落ち着いた曲を流す
  • 目覚ましのアラームは起きた時間に鳴るように設定する
  • 最初にかかる音楽で、起きるための体や頭の準備ができる
  • アラームが鳴る時間には、頭も体もしっかりしているため、すぐ起床できる

起床後、すぐに活発に活動したい場合は、事前に音楽を鳴らそう

起床してすぐに活動的に動く必要がある場合には、30分前から音楽を鳴らすと良いようです。ただし、しばらくのんびりする予定があるなら、事前に音楽を鳴らす必要はないかもしれません。起きてすぐに活動する場合に、事前に音楽を鳴らしましょう。

心地よく目覚めるには「朝にクラシックを聴く」のが一番!

クラシックにはリフレッシュ効果がある

クラシックは右脳を刺激し、左脳を休ませる効果あると言われています。
仕事や遊びなどをする際、人は主に左脳を使用しています。
そのため左脳は非常に使用頻度が高く疲れがち。
クラシック音楽を聞くと左脳が休まりますので、思考のリフレッシュになります。
引用元-クラシック音楽を生活に取り入れるちょっとしたポイント -癒しとリラックス効果・演奏者による表現の魅力・コンサートの楽しみ方- – Latte

普段の生活に少しクラシック音楽をプラスするだけで、いろいろな安らぎを得られることでしょう。
クラシックを聞いていると精神が落ち着くとよく言われますが、これはα波(アルファ波)という、リラックス時に出る脳波がそうさせています。
少し前に有名になった「1/fゆらぎ」という周波数(水や川のせせらぎのリズム)を感じている時も、このα波が出ています。

つまり、クラシック音楽を聴いている時は、自然音を聞いている時の心地よさと同じ脳波が出ているということです。
引用元-クラシック音楽を生活に取り入れるちょっとしたポイント -癒しとリラックス効果・演奏者による表現の魅力・コンサートの楽しみ方- – Latte

朝にクラシックを聴くのが一番

朝、目覚めたらまず音楽を聴く習慣をつけると、さわやかに一日を始めることができるかもしれません。
特にモーツァルトの音楽は、非常にリラックス効果を生むと言われています。
「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」などはよく目覚まし時計に内蔵されている曲ですが、こういった理由からなのかもしれません。
引用元-クラシック音楽を生活に取り入れるちょっとしたポイント -癒しとリラックス効果・演奏者による表現の魅力・コンサートの楽しみ方- – Latte

  • 仕事で使う左脳をクラシックは休ませる
  • クラシックはやすらぎに欠かせないα派を出現させる
  • クラシックは自然のせせらぎなどの音と同じ効果を脳にもたらす
  • モーツァルトの楽曲は爽やかな朝に不可欠

クラシックにはリラックス効果が期待できる

私たちの心を最も休めるのは自然界の音です。ですが、携帯などに入っている自然界の音楽は、どこか作られた音で、リラックス効果に欠ける場合がありますよね。そこで、自然界の音の代わりに、クラッシックを聞くなら、同じリラックス効果が期待できます。

仕事や勉強に…効果アップ?!音楽を聴くと集中力が高まるみたい

音楽が感情を刺激する

所謂「パブロフの犬」と同じ原理で、犬にメトロノームの音と共に餌をやり続けると、そのうちメトロノームの音を聞いただけで涎を分泌するようになる、という現象が起きます。音楽を聞いて僕たちの感情が刺激されるのも、これと同じだと思われます。

過去、感動した映画とともに聞いた音楽を耳にすると、何だかじんわりとしてきちゃったり、昔、ライブに通っていたバンドの音楽を聞くと、ノリノリな気分が蘇ってきて体を動かしていたりするわけです。

これらは何れも、レスポンデント条件づけという学習原理の働きです。だから、音楽は僕たちの感情を刺激する可能性が多いにあります。行動が増えるかどうかは微妙ですが、やる気が出てきたかのようには感じられるかもしれません。
引用元-音楽(曲)に「やる気を引き出す効果」はあるのか? – これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

イヤフォンで音楽を聞くと集中力が高まる

イヤフォンなどで音楽を聞くことで、集中力が高まる可能性がありそうです。

そもそも集中できていない状態というのは、集中すべき対象以外の様々な刺激に引っ張られ、余計な行動が頻発する状態です。イヤフォンで音楽を聴くことは、聴覚からの刺激を減らす効果があります。耳から音楽しか聞こえてこないので、刺激が単調になるんですね。

その分、気を取られる刺激を耳から受け取らずに済みます。余計な行動が減少すれば、相対的にやるべきことに従事する時間が増えます。絶対に集中できるわけではありませんが、より集中しやすい環境を作るのに役に立ちそうですね。
引用元-音楽(曲)に「やる気を引き出す効果」はあるのか? – これ僕.com:行動分析学マニアがおくる行動戦略

  • 音と記憶は結び付けられることがある
  • 音楽が気持ちや考えを刺激する
  • 耳からの情報を最小限にするためにイヤフォンを使用すると集中力がアップ
  • イヤフォンの活用で、集中できる場を作り出せる

余分な音をカットし、集中するため、イヤフォンを使用して音楽を聞こう

スポーツ選手は、試合前にイヤフォンで音楽を聴いています。これは、余計な音をカットして、自分の試合に集中するためです。私たちも見習えますが、試験前に音楽を聴くと、学習する内容より、音楽を覚えてしまうこともあるので注意しましょう。