肋骨骨折をした場合、どのような症状?治療期間の目安について?

肋骨骨折はどんな症状?治療期間はどのくらい?

最近なぜか肋骨が痛い・・・そんな時、実は肋骨を骨折しているかもしれません。

ここでは、肋骨を骨折した場合の症状や、治療にどれくらいの時間がかかるかの目安についてまとめました。

場合によっては咳をしただけでも疲労骨折をしてしまうので、一度チェックしてみてくださいね。

症状が現れてから完治するまでの治療期間の目安は?【肋骨骨折の場合】

2~3週間程度が目安

 肋骨の疲労骨折の場合の完治までの治療期間の目安についてチェックしていきましょう。

 症状の程度によっても当然治療期間は異なってきますが、小さなヒビ程度の疲労骨折の場合は、通常2~3週間程度安静にしていると症状は緩和してきます。

 骨は毎日のように新陳代謝され造成されておりますが、小さな傷口やひびであってもやはり数週間単位の治療期間が必要となるのです。

 但し骨の新陳代謝は骨芽細胞と破骨細胞の働きによって毎日作り変えられてはいるものの、加齢と共にこの割合は変化し、徐々に骨の生成能力が減少していくことが確認されております。

 その為、子供の回復期間と大人、そして高齢者の回復期間は個人差はありますが異なるのが通常で、加齢と共に治療期間が長くなる傾向にあることは覚えておく必要があるでしょう。

※個人差はあるが治療期間は年齢によって異なる

 尚、スポーツ選手の場合は1ヶ月程度の治療期間を得てから、リハビリを実践しながら徐々に競技へ復帰していくのが基本です。

引用元-肋骨疲労骨折の症状【完治までの治療期間】

完治までは2ヶ月ほど

完治までの治療期間

 疲労骨折の完治までの期間の目安は長く見ても2ヶ月程度で完治します。

 前述したように疲労骨折の症状は、2~3週間程度の安静を保つことで回復してきますが、完治までの治療期間の目安は2ヶ月程度の期間が必要となります。

引用元-肋骨疲労骨折の症状【完治までの治療期間】

  • 小さなヒビ程度の疲労骨折であれば、通常2~3週間程度安静にしていると症状は緩和するが、完治までの期間の目安は2ヶ月程度かかる
  • 子供と大人、そして高齢者の回復期間は異なり、加齢と共に治療期間が長くなる傾向にある
  • スポーツ選手の場合は1ヶ月程度の治療期間を得て、リハビリを実践しながら徐々に競技へ復帰していく

完治するまでには時間がかかるのですね。

うまくギプスで固定できない場所の骨折であるため、安静にするのもなかなか難しいですよね。なるべく動かさないように2、3週間過ごした後は、2ヶ月くらい気を付けて生活しましょう。

完治するまでの期間について|肋骨骨折の症状とは?

⇒肋骨骨折の症状

肋骨骨折の症状は、主に「胸部の痛み」と「背部の痛み」です。

肋骨というのは、当たり所によって簡単に折れてしまう骨といわれており、机のかどで胸を強打するなどの外的要因だけでなく、くしゃみをした拍子に折れてしまうこともあります。

通勤時の満員電車で人に強く押されただけでも肋骨は折れてしまうことがあるほどなので、誰にでも肋骨を骨折する可能性はあるといえます。

肋骨を骨折してしまうと、咳をしたとき、笑ったとき、深呼吸をしたときには強い痛みをおぼえるようになります。

日常生活で当たり前に行っていた動作をするだけで、肋骨周辺に強い痛みを感じてしまうわけですね。

このような症状を感じたときは、肋骨骨折の可能性があります。

引用元-肋骨骨折:骨折治療ガイド

⇒肋骨骨折の治療法

大人の肋骨骨折の場合、通常は3週間経ってもX線上で骨癒合をみることはできないでしょう。

骨折をつなぐ仮骨がX線上に現れるまでの期間というのは、個人差や部位によって異なりますが、一般的に肋骨骨折が完治するのは「だいたい4~6週間程度」といわれています。

肋骨骨折の治療期間は、どうしてもそのくらいの治療期間がかかってしまうのですね。

そして、肋骨骨折の治療には、2~3週のあいだ「バストバンド」という胸部を固定する簡単な装具を使って患部を固定していきます。

バストバンドで肋骨を固定して安静にすることで、肋骨骨折は完治していくのですね。

なお、基本的にはバストバンド(固定帯)による肋骨の固定を行うのですが、症状によっては痛み止めや湿布による治療も可能です。

引用元-肋骨骨折:骨折治療ガイド

  • ろっ骨を骨折すると、「胸部の痛み」と「背部の痛み」を感じ、日常生活で当たり前に行っていた動作をするだけで、肋骨周辺に強い痛みを感じてしまうようになる
  • 肋骨骨折が完治するのは個人差はあれど、「だいたい4~6週間程度」といわれている
  • バストバンドによって肋骨の固定を行うことで治療とするが、症状によっては痛み止めや湿布による治療もすることがある

いつの間にか骨折している可能性があるんですね。

他の部位の骨折よりも、気が付いたら骨折しているということが多いようです。疲労骨折のように毎日の動作のせいで骨折をしてしまうという例があります。特に高齢の方は要注意ですね。

治療期間を短くできる?肋骨骨折した場合、どんな症状?

肋骨骨折の症状とは

症状は、胸の痛みが特徴です。

深呼吸時の痛み、くしゃみやせきの痛み、寝たり起きたりしたときの痛みがでます。

※肋骨骨折は、痛めてすぐはそこまでの痛みでなくても1週間くらいかけて徐々に痛くなることが多々あります。

ですからぶつけるなどしてからしばらくして来院されることも多いです。

肋骨は全部で12本あり、背骨と胸骨(きょうこつ)という胸の骨と一緒に胸郭(きょうかく)と言われる籠のような上半身の骨格を作ります。

この胸郭は息を吸うとふくらみ、息を吐くと小さくなります。

大きく息をすったとき、胸がふくらみますよね?

これは肺に空気が入り、肺がふくらんでおこります。

ですから肋骨骨折を起こしていると、胸郭がふくらむ、つまり大きく息を吸うと肋骨の折れた部分に負担がかかり痛みがでます。

※症状が強いと軽く息を吸っただけでも痛みがでることがあります。

治療方法とは

肋骨骨折の治療は非常にシンプルで、先ほど説明した胸郭がふくらまないようにバストバンドと呼ばれるコルセットくらいの大きさのものを胸に巻きます。

基本的にはこれだけでも治療になります。

骨にヒビが入る程度なら、極端な話しほっといてもよくはなります。

ですがヒビも骨折です。当然痛みはありますし、このバンドを巻くことで治療期間をだんぜん短くすることができます。

このバンドを巻くときのポイントは、息を完全に吐いたときに巻きます。

引用元-肋骨骨折 | 健向接骨院の症状解説ブログ | 健向接骨院の症状解説ブログ

  • 深呼吸の時や寝たり起きたりするとき、くしゃみや咳の時に痛みが出、一週間くらいたってから痛みが出ることもある
  • ろっ骨を骨折していると、大きく息を吸った時にいたくなる
  • 胸郭がふくらまないようにバストバンドを胸に巻くことで治療期間を短くすることができる
  • 息を完全に吐いた時に巻くのがポイントである

バストバンドを巻くだけで治療になります。

ギプスや松葉杖のようなものの代わりにバストバンドになります。欠点は一つ、骨折していることがわかりにくいことです。満員電車などでぶつかられたりしないように気を付けましょう。

症状が治まるまで2週間は必要!肋骨骨折の治療は基本的には『胸部固定』

●胸部固定の治療が基本

手や足の骨折を体験したことがあれば、ギプスでの固定を経験したことがあるという方も多いかもしれません。

肋骨の疲労骨折の場合にも基本的には固定が重要です。

ただし、足や手の骨折のときに使うギプスとは少し形の違う器具を用います。

肋骨の疲労骨折治療で用いるのはバストバンドという胸全体を覆うタイプの器具です。

バストバンドを用いた固定の他にはテーピングで治療することもありますし、鎮痛剤の処方もあります。

引用元-咳のし過ぎで肋骨骨折…治療内容と治療期間は?[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など20000件以上

●症状が治まるには2週間は必要

疲労骨折によるひどい痛みが治まるまでにはまず2週間は必要と言われています。

これはあくまでも症状を抑えるために必要な期間です。

疲労骨折を本格的に治す、いわゆる完治までには1-2か月かかるケースが多いようです。

引用元-咳のし過ぎで肋骨骨折…治療内容と治療期間は?[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など20000件以上

●お酒は控えめ、栄養に注意

咳による疲労骨折の治療中に注意したいのはお酒をあまり飲まないこと、骨を強くすることです。

お酒は鎮痛剤の効果を弱めてしまいますので最初の2週間は飲まない方が良いです。

そのあとも出来るだけお酒は控えながら治療期間を過ごしてください。

そして、若くして疲労骨折を体験している方は骨が弱っている可能性が高いので骨を強くするビタミン類やカルシウムを十分に摂取できる食事を意識しましょう。

引用元-咳のし過ぎで肋骨骨折…治療内容と治療期間は?[カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など20000件以上

  • バストバンドという胸全体を覆うタイプの器具を使って治療するが、他にはテーピングや鎮痛剤の処方をすることもある
  • 疲労骨折では、ひどい痛みが治まるまでにはまず2週間は必要であるが、完治までには1、2か月かかるケースが多い
  • 飲酒すると鎮痛剤の効果を弱めるので、特に最初の2週間は飲まない方が良いし、その後もできるだけ控えた方がよい
  • 骨を強くするビタミン類やカルシウムを十分に摂取できる食事を意識しよう

サプリメントに頼るよりも食事から摂る方がよいそうです。

骨を強くする食べ物としてよく上げられるものは、葉物野菜、乳製品、大豆、海藻、小魚などで、カルシウムとともにミネラルも多く含んでいるようです。これらを意識した献立にしてみましょう。

バンドの購入と肋骨骨折の治療期間について

■効果的な治療法はある?

肋骨にヒビが入ったり骨折した場合に手術が必要なんてケースはまず無いと言われています。

肋骨はギプスで固定することができない場所ですので、

治療法としては取り外しができるバンドを巻いて固定する方法が一般的です。

治療としては安静にして骨が自然と固まるまで待つことが大切ですが、痛みがひどい場合には病院で鎮痛剤を処方してくれます。

治療の際に必要となるバンドは薬局やホームセンターなどで売られていますので、手軽に購入することができます。

価格も1,000円〜2,000円と安価なものが多いです。

肋骨はもともと体の中でも折れたりすることが多い箇所でありますので

、折れたとしても慌てずに時間をかけてじっくりと治療して行くことが大切です。

■治療の期間はどれくらい?

肋骨のヒビや骨折が完治するまでの治療期間はおおよそ2〜3週間です。

症状の程度によっても違ってきますが、小さなヒビや疲労骨折であれば2週間程で治すことができます

高齢になると骨の生成能力が減少していることがあり、1ヶ月くらいまたそれ以上の時間がかかる場合もあります。

スポーツ選手がなることが多く、1ヶ月程度の休養が必要になるため、時期によっては致命的なケガになることがあります。

大丈夫だと思って痛みを我慢していると悪化してしまう恐れがありますので、早めの対策が必要となってきますね。

引用元-肋骨にヒビが入っているかも?原因と症状は?治療法を教えて | 読んでトクする情報サイト

  • バンドでしっかり固定して、安静にして骨が自然と固まるまで待つのがよいが、もし痛みがひどければ病院で鎮痛剤を処方してもらおう
  • 治療に必要なバンドは薬局やホームセンターなどで1,000円から2,000円くらいで買うことができる
  • 小さなヒビや疲労骨折ならば2週間ほどで治るが、高齢であれば一ヶ月以上かかる場合もある
  • 痛みを我慢していると悪化する可能性があるので早めに対策をしよう

なりやすいスポーツがあるようです。

スポーツの中でも、ゴルフ、柔道、野球の選手に多いそうです。同じ場所に負担がかかりすぎることで起こるようです。痛みがなかなか取れない時には受診してみることをお勧めします。