高校の「留年の基準」救済処置があるかは学校によって条件が違う!?

高校で留年が決まりそうなとき、救済措置は必ず設けられているものなのでしょうか?

高校の留年の救済措置や留年の判断基準、留年と救済の仕組みについてご紹介します。

大学の留年の救済措置や、内定が取り消しになりそうなときの対処法も、参考にしてみてくださいね。

Q.救済措置があるか教えて!?高校で留年が決まりそうなとき!

留年の救済措置は、どこの高校でも設けられている?

留年の救済措置はどの高校でも普通ありますか?

引用元-留年の救済措置はどの高校でも普通ありますか? – 絶対、あるとは限りません… – Yahoo!知恵袋

  • 留年の救済措置は設けられているのが普通?

救済措置があるイメージはあるけど、実際はどうなの?

高校で留年が決まりそうになってから、慌ててしまう人も多いのではないでしょうか?多くの高校では何らかの救済措置が設けられているイメージがありますが、実際はどうなのか気になりますよね。

A.留年の救済措置について…。すべての高校にあるわけではない!

救済措置は必ずあるわけではない

絶対、あるとは限りません。

成績不振でも、追試などにより、救済処置のある学校が多いですが、中には学校決定で救済処置がなく、救済処置を頼んでも決まったことなので、それを覆すことができない場合もありますよ。

ですから、救済処置がない高校もあります。

引用元-留年の救済措置はどの高校でも普通ありますか? – 絶対、あるとは限りません… – Yahoo!知恵袋

救済措置に補講を行ってくれる高校もある

通常欠席超過日数が少ない場合は、「救済措置」として、長期休業中に「補講」などを行い、出席日数を補うなどをする学校も少なくないと思われます。

特に注意しなければならないのは、欠席日数はあまり多くなくても、いろいろの事情で特定の教科の「欠課」が多い場合です。担当の先生が気に入らないので、その授業だけ「サボる」ことが重なったり、「遅刻」が多く、1時限に「単位数」が少ない(週の「コマ」数が少ない)教科があるような場合に多く見られます。

引用元-高校の留年ってどんな事をした時に決定されるのですか? – 多くの高校では、… – Yahoo!知恵袋

  • 救済措置がない高校も存在する
  • 救済措置として補講を行ってくれる高校もある
  • 特定の教科を欠席することが多い場合は、注意が必要

救済措置がなく、留年が決まってから慌てても手遅れになってしまう

私の高校時代の友人にも、出席日数が足りずに留年しそうになった子がいました。幸い救済措置があって留年は免れましたが、救済措置がない学校もあるのですね。留年が確定してから困らないよう、遅刻・欠席はやむを得ない状況を除いて控えましょう。

救済してくれるケースもある!?高校で留年しそうなとき!

成績の基準を満たしていない科目がある

定期テストの点数と普段の授業態度や提出物の点数(平常点)を足した点数が基準以下の場合は留年になります。

いわゆる「赤点」と言われるのがその点数の基準となると考えてください。

高校の赤点には、30点以下や25点以下などの点数を決まる場合と平均点の半分、6割以下など平均点を基準にする高校があります。

引用元-高校の留年の基準とは?!私の高校にはこんな条件が!! | ワンダートレンド

赤点になってもほとんどの高校で救済措置を設けている

また、どんなに成績がよくても授業に出席する基準に満たしていないと留年のため、第一条件としてその科目を「履修」している必要があります。

例え、1科目で赤点を取ってしまったとしても補習や追試を受ける救済措置で留年にならない高校がほとんどです。

また、赤点を取った科目が少ないならば進級させてくれる高校もたくさんあります。

ですので赤点の取りすぎには注意をして高校生活を送るようにしましょう。

引用元-高校の留年の基準とは?!私の高校にはこんな条件が!! | ワンダートレンド

  • 赤点をとると留年になることが多いが、救済措置がとられることがほとんど
  • 赤点の基準は高校によって異なる
  • 赤点は取り過ぎないように気をつける

赤点をとらないように努力して

私の通っていた高校では、赤点は30点以下だった記憶があります。高校によって基準が異なるので、成績に自信がないときは確認しておくと良いですね。救済措置がとられることが多いとはいえ、赤点をとらないように努力することが大切です。

高校によって「条件に違いがある」!?留年の判断基準について!

一般的な高校の留年の基準

細かい留年の基準は高校によてバラバラですが、どの高校も大きく分けて2つの留年の基準があります。

➀出席の基準に満たしていない科目がある

➁成績の基準に満たしていない科目がある

「科目」とは?

※「科目」は理科・社会・数学などではなく、物理や地理、数学A、歴史など細かい分野のことを言います。

引用元-高校の留年の基準とは?!私の高校にはこんな条件が!! | ワンダートレンド

  • 出席の基準、あるいは成績の基準を満たしていないと留年対象となる
  • 科目とは「数学A」などの細かい教科

高校生活は義務教育ではない

留年対象とならないためには、出席基準と成績基準の双方を満たすことが必要です。どちらか一方でも基準に達していなければ留年対象となるため、注意してくださいね。高校は義務教育ではないため、自分の学習態度や成績に責任を持ちましょう。

留年の基準】は教師次第で変わる??高校の判断が曖昧って本当!?

高校は学力ではなく成績をつける機関

学校は,学力をつけるところではなく,成績をつけるところ。

これが学校の本質と言っても過言ではない。

そもそも,高等学校は義務教育でも何でもなく,高校の卒業資格を与えるところだ。

高卒という国家のお墨付きがあれば,その学歴によって就職の第一段階をクリアできたりする。

求人欄に高卒以上の学歴を求める場合は結構あるのだ。

高校に学力をつけてもらうことを期待する生徒・保護者は多いだろうが,根本的に虫のいい話だ。

高校は「高校卒業資格」を与える場所

高校は学力をつける機関ではない。

資格を与える機関だ。

文科省の指導要領に定める内容を習得していれば資格を与える機関だ。

ただし,その習得の基準が全く曖昧で,あってないに等しい基準なのだ。

つまり,教師の裁量で何とでもなる。

だから,生徒は教師の機嫌のみうかがっていれば,資格を習得できるという仕組み。

引用元-救済される欠点者のカラクリ|尾崎塾 富田教室

  • 高校では学力ではなく成績を身に着けるもの
  • 高校は「高校卒業資格」を取得するための場所だが、その基準はあいまい
  • 教師の裁量によるところが多いため、教師の機嫌さえうかがっていれば資格がとれる

教師の機嫌だけをとるスタンスでは、高校生活で成長できないのでは?

極端に感じる話かもしれませんが、確かに高校は「高校卒業資格」を身に着けるために通う場所ですよね。教師の裁量にゆだねられているところも多いですが、機嫌さえとっておけばOKという意識では高校生活の中で成長することは難しいかもしれません。

「留年」と「救済」の仕組みついて!高校で必要な単位との関係は!?

学年制(がくねんせい)

学年制の高校では、3ヶ年分の授業カリキュラムがあらかじめ組まれています。

一部選択可能な授業もありますが、選択肢はそれほど多くないのが一般的です。

学年制では単位(授業)を落とすと進級できなくなります。

これを留年(りゅうねん)と呼びます。

引用元-通信制高校など | 高校の基本知識 – 高校受験ナビ

留年(りゅうねん)

学年制の高校で単位を落とすと、その年は進級することができなくなります。

これを留年(原級措置)と呼びます。

留年するともう一度その学年の全ての授業を受け直さなくてはなりません。

ただ、この留年措置はあまりに厳しいため、追試などで救済してもらえることがあります。

引用元-通信制高校など | 高校の基本知識 – 高校受験ナビ

  • 学年制の学校では、単位を落とすと留年してしまう
  • 留年すると、もう1年授業を受けなおさなくてはならない
  • 留年対象となっても、追試を受ければ進級させてもらえることもある

高校の留年条件は、確かに厳しいかも

大学では単位を1つ落としても進級に影響することはほとんどありませんが、高校の場合は1つでも単位を落としたら留年となってしまいます。改めて考えると、確かに厳しい措置ですよね。そのため、救済措置を設けている高校が多いのでしょう。

留年が救済してもらえるかどうか!?【大学編】

本当に留年?最後まで諦めるな!

成績が発表され単位が取得できず卒業できない場合でも、必ずしもすぐに諦めてはいけません。

多くの大学では成績が発表された後に、点数に不満がある場合に再度採点を依頼する制度が用意されています。

自分では自信があったのに落ちてしまった科目などがあれば、諦めずに再度採点をお願いしてみるといいでしょう。

教授にお願いし続けることで、救済措置を設けてもらえることも

さらにここからは授業を担当する教授次第ではありますが、担当の教授に全力でお願いすることでなんらかの救済措置をとってもらえることもあったりします。

僕の知り合いにも卒業ができないことが決まった後、教授に毎日土下座でお願いすることで卒業できるようになった方もいます。

また教授に全力でお願いをしたことで、レポートを書くことを前提に単位をもらったなんて話もあるようです。

ここまできたらプライドなんて捨てて、全力で卒業のために行動をとってみよう!!

引用元-

  • 大学で単位を落としても、採点に疑問があれば再度採点を依頼してみて
  • 担当教授にお願いし続けることで、救済措置を設けてもらえることも

教授にお願いして、レポートの提出期限を延ばしてもらった友人がいる

大学では救済措置はないと最初からあきらめている人もいますが、意外と救済措置を取ってくれる教授も多いものです。私の友人もレポートの提出期限を延ばしてもらい、何とか単位を獲得することができました。

内定が取り消しになりそうな時の対処法!大学の留年が原因なら急いで対策を!

半年入社を待ってもらう

学校としては、卒業できず内定取り消しになるから単位をくれないか、と言われても、それを認めているようではなんのための試験なのかということになります。

そういう学校だという話が広まったら学生の質を疑問視されるという場合もあるでしょう。

ですから、留年が決定し、もう終わりだと思うかもしれません。

しかし企業によっては、半年程度なら待ってくれるというところもあります。

前期に試験があり、単位を取得して卒業できるなら、内定を認めてくれるというわけです。

企業に未練があるなら連絡して待ってもらえるか早急に確認

企業に未練があるのなら、連絡をし、待ってもらえるかどうかの確認をとってもいいでしょう。

どちらともダメだったとしても、内定をとれたことは事実です。

翌年も同じ会社を受けて内定をとった、という猛者もいます。

他の企業からだって内定をとれるかもしれませんし、やるだけやったら、また就活を再開すればいいでしょう。

引用元-留年で企業から内定取り消しをされた際の措置 | 就活のことならキャリアパーク

  • 内定が決まっているのに留年してしまったら、入社を半年待ってもらえないかお願いしてみて
  • 入社を待ってもらいたいときは。すぐに企業に連絡する
  • もしダメだったとしても、翌年の就活で挑戦してみて

卒業できなくなっても、すぐに内定辞退するのはもったいない!

せっかく苦労して内定を取ったのに、卒業ができなくなったとなると困りものですよね。しかし諦めて内定を辞退せず、一度入社を待ってもらえないかお願いしてみましょう。ただし連絡が遅れるほど企業側にとってはマイナスイメージとなるため、注意が必要です。