胃痛・発熱・頭痛の原因はどんな病気の可能性が?自立神経とも関係が

胃痛や発熱、頭痛の原因は誰にでも経験のある○○だった?!

胃痛や発熱に加え、頭痛といった症状がある場合、考えられる原因は何だ思われますか。原因として考えられるのは、溶連菌感染症やストレスなどが挙げられます。

また、無理なダイエットによっても胃痛を感じる場合があります。

今回は、胃痛や頭痛の原因や、胃痛を避けるためのリフレッシュ方法についてまとめました。

原因は何?胃痛・発熱・頭痛の症状がある場合

微熱と頭痛と胃痛がある

症状としては『微熱と頭痛と胃痛』なのですが、頭痛が酷くて某解熱鎮痛剤(処方薬です)を服薬していて37度5分…だったので、多分、本当は微熱ではなくそれなりに発熱していたのかもしれません。3日目に解熱鎮痛剤を止めてみたのですが、37度前半、その後平熱なので、多分、熱の方はもう大丈夫と思われます。頭痛は、まあ疲労時に出る程度にはボーっとしています。肩凝り等も激しいので何ともいえません。

原因は?

胃の方は、元々慢性的に薬を飲んでいるのに悪化したのですが、疲れからなのか鎮痛剤の影響なのか神経性胃炎なのか判断しかねていました。昨日、かかりつけ医に「余計に胃が痛くなるから鎮痛剤はできるだけ飲まないように」と言われ、鎮痛剤を自粛した影響なのか、少々懸案だった事が片付いたからなのか、どうにか昨晩あたりから落ち着いてきました。

かかりつけ医には「過労でしょ」と。

引用元-「まんぼう」が思うこと

  • 解熱鎮痛剤飲んでも37度前半の熱がある
  • 胃の痛みと頭痛も併発している
  • 鎮痛剤を飲むと胃の痛みが生じる
  • 医師は原因は疲れだという

疲れやストレスによるものと診断されたら注意しよう

疲れやストレスといったものは、原因が分からない場合によく用いられる言葉です。確かに、疲れが原因の場合もありますが、原因が別のところに潜んでいる場合もあります。ちょっとでも、症状に変化があれば、再度受診するなど注意が必要です。

溶連菌感染症の症状かも?胃痛・発熱・頭痛・・風邪かと思ったら

溶連菌感染の症状とは?

●溶連菌感染症(ようれんきんかんせんしょう)の症状

一般的な溶連菌感染症の症状としてあげられるのは
・高熱 ・咽頭炎 ・偏桃炎 ・中耳炎 ・とびひ ・リンパ節炎 などです。
免疫力が低下していると、病気は悪化し溶連菌感染症から化膿性の病気やしょう紅熱になることもあります。

しかし、ここに上記にある症状はなく
・だるさ(倦怠感) ・頭痛 ・吐き気 ・微熱 ・胃痛(腹痛)
だけでも溶連菌感染症が陽性になったこともあります。
(例外的な症例かもしれませんが微熱・吐き気・胃痛が続くようであれば
検査してもらったほうがいいかもしれません。)

一般的な溶連菌感染の症状とは?

一般的な溶連菌感染症は喉が痛くなり,熱が出ることが多いみたいです。
急性咽頭炎になると、喉が痛み、熱は38〜39度。
熱のために嘔吐や頭痛が起ったり、口の中から喉が炎症を起こし真っ赤になる。
腹痛も伴う。

引用元-溶連菌感染症について。

  • 溶連菌感染は胃痛、頭痛、発熱を併発する
  • 溶連菌感染はだるさや微熱だけといった場合もある
  • 急性咽頭炎の場合は高熱と喉の痛みだけでなく、頭痛や腹部の痛みも感じる

溶連菌感染の場合は、原因がすぐにわからないことも多い

インフルエンザの場合は高熱が出ればすぐに検査をしてくれます。ですが、溶連菌感染の場合は、病院を受診することで、抗生物質などを処方され、症状を抑えることができるので、原因は不明のまま終わるということが多いかもしれませんね。

原因はストレスからくるもの?胃痛や頭痛の症状は自立神経と関係が

急性胃炎

食べすぎ飲みすぎやストレス、ウイルス、ピロリ菌の感染、食中毒、アレルギーなどが原因で胃の粘膜がただれ、みぞおちが突然キリキリと痛むことがあります。胃痛の他に、吐き気や下痢をともなうこともあり、ひどい場合は嘔吐や吐血、下血を起こすこともあります。多くの場合、安静にしていれば2〜3日で治まります。

引用元-タケダ健康サイト

神経性胃炎

仕事などによる精神的なストレスや過労が原因となり、自律神経がバランスを崩して起こる胃炎です。ストレスを受けて、自律神経がバランスを崩すと胃酸が過剰に分泌され、気分がふさぐ、のどがつかえる、胸やけがする、胃が痛むなどの症状を引き起こします。

引用元-タケダ健康サイト

自律神経失調症

ストレスなどが原因で自律神経が乱れ、心や体に不調があらわれた状態です。不安や緊張、抑うつなどの心のトラブルや、多汗、全身の倦怠感、頭痛、肩こり、手足のしびれ、動悸、不整脈、めまい、不眠などの症状があらわれます。あらわれる症状は人によって大きく違うのが特徴です。

引用元-タケダ健康サイト

  • 急性胃炎は胃の内部がただれることで痛みを感じる
  • 神経性胃炎はストレスなどで、自律神経が乱れることで胃の症状を引き起こす
  • 自律神経失調症は心理的な原因により、体に不調が現れる

胃はストレスに影響されやすい

胃は特に精神的ストレスに左右されやすい部位です。痛みを感じていても、病気によるものなのか、心理的なものなのか区別がつきにくいかもしれません。もし、検査しても痛みの原因がない場合には、精神的な原因も考えてみてください。

どんな対処法がいい?ストレスが原因の胃痛や頭痛はリフレッシュを

ストレスとは?

ストレスとは生活環境の変化が体に与える刺激のことです。外から受ける刺激に対して、無意識に体が反応して健康な状態を維持しようとします。

しかし、ストレスが過剰になると回復が追いつかず、体に不調をきたす実害となります。段々とストレスは蓄積されていくにつれ、憂鬱な気分が抜けなくなったり、肌が荒れたり、胃の調子が悪くなったりします。

引用元-メディチェ

ストレスの対処方法

心と体を癒すためには食事と睡眠がしっかり取れている、お風呂にゆっくり浸かったり、運動でリフレッシュすることが大切です。自然と触れ合ったり、自分の趣味を持つ、逆に何も考えない時間を作るだけでも心がリセットできます。

生きている限りストレスは必ず発生します。ストレスとは変化による刺激のことです。誕生日や結婚式といった嬉しいイベントでも、少なからず変化によるストレスが起きます。もちろん、親しい人の死や失恋、借金のほうがストレスによる肉体への負担は大きいです。
ストレスは上手に消化していけばなくなるものですが、うまく処理できないと溜まっていって、身体にマイナスの変化をもたらします。

引用元-メディチェ

  • ストレスは体の回復を妨げる
  • 自分の時間をとることでストレスが減少できる
  • ストレスは上手に対処できないと体に悪影響を及ぼす

配偶者との離婚は大きなストレスとなる

配偶者との離婚は大きなストレスの原因となるのをご存知でしょうか。望んで離婚した場合、精神的負担が軽くなるように感じますよね。ですが、実際は配偶者と死別よりも、より大きなストレスを感じるようです。

胃痛や頭痛は無理なダイエットでも起こる!?

胃痛や頭痛の原因は無理なダイエット?

ダイエット前は、普通に三食か少なくとも二食は
量を気にせず食べていたと思います。

それなのに、ダイエットをはじめたからと言って
絶食やわずかな食事にしてしまうと胃は対応
できるはずはありません(;_:)

いつもと同じように食事を待ち、消化のための
胃酸を一生懸命、分泌してくれます。

なのに、胃の中はほぼ空っぽ(@_@)消化するものが
ないのに出続ける胃酸!

この胃酸が、胃の粘膜を痛めてしまうのですね。

引用元-頭痛解消くん!

ダイエットによる胃痛や頭痛の原因と対策

胃痛や頭痛が出てしまうということは、
そのダイエットは正しい方法ではありません。

ダイエットによる胃痛や頭痛の原因と対策方法は
以下の通り!

・胃痛:胃液が多く出ている胃酸過多のため
(対策方法)お腹が鳴り始めたら何か胃に入れる

・頭痛:栄養バランスが悪いため
(対策方法)極端な食事制限をやめる

ダイエットしたいとつい我慢していると
体に悪影響を及ぼしかねません。脂肪のつきやすい
体になってより太りやすくなってしまうことも(‘_’)

毎食、ダイエット前よりも若干少な目の食事で。
野菜を中心にタンパク質も忘れずに!
と覚えておいて下さい(^-^)

引用元-頭痛解消くん!

  • 無理なダイエットは胃の痛みを生じさせる
  • ダイエット時にお腹が鳴った際には、何か少しだけ食べる
  • 栄養が偏る食事制限はしない

ダイエットをしていても栄養はバランスよく摂取する

栄養の偏った無理な食事制限は、胃の痛みだけでなく、体全体の不調の原因となります。また、一時的に痩せることができたとしても、リバウンドの原因ともなり得ます。ダイエットをする際には、栄養はまんべんなく摂りつつ、カロリーに気を付けましょう。