辛くて痛いむちうち!原因は気圧?梅雨の時期のオススメの対策法

ツライむちうち。梅雨の時期はこんな対策がオススメ!

梅雨の時期になれば、古傷のむち打ちが痛むという人は多いのではないでしょうか。

ここではむち打ちが痛む原因や対処法についてまとめました。

気圧の変化で痛むようなので、アルコールも控えてうまく付き合っていく必要がありますね。

対策法を教えて!痛むむちうち・・梅雨のせい?

急に首から肩にかけて痛みが

私ではなくうちの主人なのですが、最近首から肩にかけての痛みがひどく、治る気配がありません。慢性的なものではなく、急に痛くなったと言っています。

むち打ちの可能性は

もちろん、ただの肩こりの可能性が高いのですが、一つだけ気になる事があります。主人が知人に肩の痛みの事を相談したら、むちうちではないか、と言われたそうです。考えられる原因は、3ヶ月くらい前、主人が車でガードレールに衝突した事です。ただ、怪我をするほどひどいものではなかったのですが、かなり激しくぶつかったようです。その知人いわく、衝突したときには痛くなくても、梅雨時期などに現れる場合もある、とも言われたそうです。

本当にそういうことはあるのでしょうか?また、後から現れた場合でも病院に行ったほうがいいのでしょうか?いまいち無知なので、むちうちと肩こりの区別の仕方も分かりません。むちうちに詳しい方、痛みを緩和する方法など、何でもいいので教えて下さい。

ちなみに今は毎日肩をもみ、バンテリンなどの薬を塗っています。

引用元-むちうちについて – 病気 | 教えて!goo

  • 主人が最近首から肩にかけての痛みがひどくなり、治る気配がなく、急に痛くなったと言っている
  • 3ヶ月くらい前車でガードレールに衝突し、かなり激しくぶつかったようで、衝突したときには痛くなくても、梅雨時期などに現れる場合もあると聞いたので、そのせいではないかと思っている
  • 後から症状が現れた場合でも病院に行ったほうがいいのか知りたい

梅雨時は痛むといいますよね。

そこまで激しく痛むのであれば、ただの肩こり首こりではなさそうですね。むち打ちになったことがありますが、結構いつまでも痛みが慢性化して治らないですよ。完治というのは難しいそうです。

むちうちの対策法は?梅雨のせいじゃない可能性も

事故とは関係ないのでは

 「事故直後は何も症状がないのに、後になってから首が痛くなった」ということは、確かにしばしばあります。しかしそれは事故後約2日〜1週間くらいの話です。すでに3ヶ月経過しその後から首に痛みが出ることはまずありません。そして今回の頚部痛が「急に痛くなった」ということから、以前の事故とは関係なしに別の理由で痛みが出てきたと考えられます。

骨と椎間板の変化

 動物は(人間も含めて)「年齢による骨の変化」というものがあります。ヒトの場合、一般的には約60歳を境にその変化が現れてきますが、その直前から痛みが先に現れてきます。これを「変形性頚椎症」といいます。

この骨の変化とほぼ同時期に「椎間板」にも変性が始まります。「椎間板」は体重を支える背骨の、いわば「座布団」のような役目がありますが、背骨の周囲の筋肉が年齢と共に衰えてきて、背骨に負担がかかり、骨ほど硬くない椎間板に変性が生じます。この変性が進んだあげく、縦に潰れてしまい、後方の神経に潰れた椎間板が当たってしまった状態を「椎間板ヘルニア」といいます。このどちらの状態でも首から肩にかけての痛みが生じます。

 事故前からこのような頚椎の変化が始まっていて、事故をきっかけに症状が出てきた、ということも考えられますので、やはり一度整形外科を受診されて調べていただくことをお勧めします。

引用元-むちうちについて – 病気 | 教えて!goo

  • 事故からすでに3ヶ月経過しその後から首に痛みが出ることは考えにくく、急に痛くなったということから、以前の事故とは関係なく別の理由での頚部痛ではないか
  • 年齢による骨が変化する「変形性頚椎症」という病気は痛みが先に現れる
  • 背骨の周囲の筋肉が年齢と共に衰えてきて背骨に負担がかかり、骨ほど硬くない椎間板に変性が生じ、縦に潰れて後方の神経に潰れた椎間板が当たってしまった状態を「椎間板ヘルニア」といい、首から肩にかけての痛みが生じる
  • 事故前からこのような頚椎の変化が始まっていて、事故をきっかけに症状が出てきたという可能性も考えられる

椎間板ヘルニアは手術が必要だといいますが…

以前は椎間板ヘルニアがひどくなれば手術を余儀なくされていましたが、最新の医学では、よほどの場合以外は出来るだけ手術をしないという風に変わってきているそうです。なんでも、自然治癒するらしいですよ。

むちうちが痛む!対策法が知りたい!梅雨の影響なの?

事前に対策を

「頭が痛くなりそうな天気だな」と思ったら、

・ストレスを発散しておく
・ストレッチしておく
・食生活や、生活習慣を見直す
・ゆっくり寝る
・栄養ドリンクを飲んでおく
・好きなことをして、過ごす

余裕が必要

ということを、するようにしているんですが、余裕を持っておくのが、いいかなと思っています。

引用元-梅雨に頭痛になる原因は?私の対処方法はコレ! | 大人の歩き方

  • 頭が痛くなりそうな天気だと感じたら前もって対策をしておく
  • ストレスを発散したりストレッチしたりするようにしている
  • 食生活や、生活習慣を見直し、ゆっくり寝、栄養ドリンクを飲んだり好きなことをして過ごすのもよい

頭痛持ちの人は梅雨時つらいそうですね。

頭が痛くなってからはなかなか治らないので、事前に対策をして痛くならないようにしておく方がよいですね。一旦痛くなってしまえば、頭痛薬も効き目が悪くなってしまいますよね。

頭痛やむちうちで悩む人へ・・梅雨時期の対策方法

睡眠は特効薬

・首筋、後頭部、目、を冷やしたり温める
(部分を温めや冷やす事で対策出来ます。)

・睡眠
(やっぱり体を休めるには一番の特効薬と言えますね。)

血流を良くしよう

・肩全体や首を回す
(同じ状態を続けると血流が悪くなるので適度に回すと良いです。)

・スマホやパソコンを控え目を休める
(ゲームなどが好きな人には辛いですが目を休めてください。)

引用元-梅雨時期に頭痛で悩む人へ原因と簡単に出来る対策方法(ツボ押しなど) | トレンド★一番星

  • 首筋、後頭部、目といった部分を冷やしたり温めたりする
  • 睡眠を取ることで体が休まり一番効果的である
  • 血流が悪くなった肩全体や首を適度に回す
  • スマホやパソコンの使用を控えて目を休める

血流をよくするのは効果的かもしれません。

どうしても同じ姿勢をとって血流が滞りがちなので、余計に悪影響になるのかもしれませんね。手首や足首も一緒に回しておけば、身体全体のリラックス効果が高まるかもしれませんね。

気圧が原因でむちうちが痛む!梅雨の時期が辛い

梅雨に痛みがぶり返す?!

「雨が降ると古傷が痛む」って昔からよく言われていることですが、交通事故でのむち打ちなどのケガの場合も同じように天気が悪くなると痛みなどの症状がまた出てくることがよくあり、特に梅雨の時期などは以前に交通事故にあわれた方で「また痛みが出てきた」とおっしゃって来院される方が多くなります。

これは気のせいでも何でもなく天気の変化は私たちの体調に影響を及ぼします。

例えば、梅雨の時期などで湿気が多いと体がだるく感じたりするのはあ誰もが感じる変化だと思います。

気圧の影響で

そして雨の日にむち打ちの痛みなどがまた出てくるのは、『気圧』が影響していると言われています。

低気圧が接近してくる雨が降る少し前から気圧が下がることで体を外側から押す力と内側から押す力が強くなって神経や血管などが圧迫され症状が出やすくなると言われています。

神経は圧迫されると痛みが出やすくなりますし、血液の流れが悪くなると痛みを出す物質が出やすくなったり疲労物質も溜まりやすくなるので痛みが出やすくなります。

実際に梅雨の時期に痛みがぶり返していた方がハワイなどの気候が良い所に行くと全く痛みが無くなるというのはよくあることです。

天候の変化による症状悪化に対しては入浴や血液の流れを良くする温かい飲み物などでカラダを温める冷やさないようにケアをすると、痛みの予防に役立ちます。

引用元-なぜ、天気が悪くなると『むち打ち』の痛みがまた出てくるのか? | 交通事故対応マニュアル

  • 梅雨の時期などは以前に交通事故にあったところがまた痛むという人が多い
  • 低気圧が接近してくる雨が降る少し前から気圧が下がり、体を外側から押す力と内側から押す力が強くなって神経や血管などが圧迫され雨の日にはむち打ちの痛みが出やすくなる
  • 入浴をしたり、血液の流れを良くする温かい飲み物を飲んでカラダを温めたり、冷やさないようにケアをすると、痛みの予防につながる

気圧が大きく影響していたのですね。

すっかり湿気の問題だと思っていたのですが、それよりも気圧が影響していたのですね。むち打ちは完治するには非常に時間がかかり、完治しない可能性もあるので、うまく付き合っていくしかないですよね。

アルコールを控えて!むちうちの人は特に梅雨の時期は注意!

低気圧とともに痛む

むちうちや古傷などが雨の日に痛むということはよく聞きます。
これはなぜでしょうか?むちうちなどでは神経が傷ついていることが多いので、雨の日など低気圧が近づくと痛み出してしまうのです。
 
頚椎のズレによって周囲の筋肉が引っ張られて緊張し、軽い炎症が起こる、というメカニズムもあるようです。
このような時、傷む部分を暖めると幾分和らぐようです。

アルコールは控えよう 

雨の日にはアルコールを控えているという工夫をしている人もいるようです。
 
また痛みの出ている時はマッサージなどの強い刺激を加えずに擦る程度が良いようです。
 
雨の日の頭痛や肩こりがとてもひどく辛いという人は頓服の痛み止めなどを処方してもらっていると安心かもしれないですね。
 
痛みと上手に付き合っていくことが大事です。
 

引用元-むちうちが雨の日に痛むのはなぜ?

  • むちうちは神経が傷ついていることが多く、雨の日など低気圧が近づくと痛みが出てきてしまう
  • 頚椎のズレによって周囲の筋肉が引っ張られて緊張し、軽い炎症が起こっている場合は、傷む部分を温めることで幾分かは和らぐようである
  • 雨の日にはアルコールを控えているという工夫をしている人もおり、痛みの出ている時はマッサージなどの強い刺激は加えずに、擦る程度にしておくのがよい

人間の体は宇宙に左右されるものなのですね。

低気圧になると、身体全体が膨らんでいくので、傷口が広がるので痛くなるのだそうです。傷んでいる部分が引き延ばされる状態なので痛いのですね。低気圧でも痛くなくなると完全に治ったといえるのだと思います。