お腹の冷えからくる身体のトラブル!夏でもお腹を守る対策とは?

お腹が冷えると体によくない!?夏こそお腹を守ろう!

夏でもお腹が冷えて困ることはありませんか。その原因は内臓にあるかもしれません。

お腹を温めることは体の健康に欠かせないので、きちんと原因を把握して対策することが必要です。

冷たいものや冷房の風が大敵となります。どのように夏のお腹の冷えを予防できるかについてまとめました。

Q、お腹が冷えてしまった!夏なのにどうして?

生まれつきのお腹の弱さを改善したい

生まれつきお腹が弱いです
冷えると下痢などになります
夏でもなります
どんなに体が熱くても、運動をしていても、お腹が痛くなってお手洗いに行きたくなります
冷えると一日に何度も下痢が続きます
冷たい飲み物を飲んだり、はだしだったり、半そでだったり……辛いです
どなたか改善案をください
平均体温は36・2くらいです

引用元-生まれつきお腹が弱いです冷えると下痢などになります夏でもなりますどんなに体… – Yahoo!知恵袋

  • もともとお腹が弱くて冷えると下痢にすぐなる体質
  • 体は冷えていない気がするのに、トイレに行きたくなるのはどうしてか
  • 夏場でも下痢になるので、冷たいドリンクや夏服がしんどい

お腹が弱い原因がわかれば、改善できる

もともとお腹が弱い人っていますよね。夏や冬を問わず、そのような人は年中、トイレが近く、下痢に悩まされています。本当にしんどいですよね。どうしてお腹が弱いのか原因が解れば、改善方法の糸口が見つかるはずです。

A、お腹の冷えは夏でもなります。

過敏性腸症候群

お腹が弱く、腹痛や下痢などの症状で悩まれているということですね。

原因として、過敏性腸症候群という病気の可能性が考えられると思います。

過敏性腸症候群とは、大腸や小腸に原因となる異常が見つからないのに、便通異常と腹部症状が続く病気です。

主な症状は腹痛、腹部不快感(お腹の張り、お腹が鳴る、ガス過多、お腹がゴロゴロする おならが出やすい など)、下痢、便秘などの便通異常です。腹痛や腹部不快感のみの場合もあります。
この様な症状はありませんか。

原因としては、腸の運動機能や分泌機能が亢進していることにより、下痢や便秘などが起こると考えられます。

また、腸のひろがる刺激に対して過敏となっているために、通常では痛みとして感じないような刺激を痛みとして感じてしまうのではないかと考えられています。ストレスに対して自律神経のバランスを乱しやすい素因のあるところに、肉体的な疲労や不安・緊張などの精神的なストレスが加わることで、症状が起こってきます。

対策は?

対策としては、症状によって、次の方法を試してみて下さい。

症状によって、市販の整腸剤を服用して下さい。整腸剤には、腸内環境を整える効果がありますので、症状が改善してくると思います。下痢や便秘がひどい場合は、市販の下痢止めや便秘薬を症状に応じて、服用してみて下さい。

また、冷たいもの、辛いもの、カフェイン(コーヒーなどに含まれる)、アルコール、脂っこいもの などの胃腸の刺激となるものを控えて下さい。
また、お腹の張り、ガスが溜まりやすいなどの症状には、小林製薬のガスピタンという市販薬を服用されると良いと思います。ガスたまりや膨満感に効果があります。

症状が続く様でしたら、一度、病院を受診されることをお勧めします。

引用元-生まれつきお腹が弱いです冷えると下痢などになります夏でもなりますどんなに体… – Yahoo!知恵袋

  • お腹が弱い人は、過敏性腸症候群の可能性がある
  • 腸が活発に動き過ぎていたり、腸の刺激に敏感なことが原因
  • 市販の整腸剤を飲んでみる
  • 胃腸に刺激を与えるものを食べないようにする
  • 症状が改善しない場合には、病院にかかったほうが良いかもしれない

お腹の調子を整えるために、整腸剤を使用することもできる

過敏性腸症候群によって、お腹に痛みを感じている場合には、お腹の調子を整えてあげることで痛みを改善することができます。市販の整腸剤などを活用して、腸の働きを普通の状態にすることで、お腹の調子を整えてあげましょう。

お腹の冷えを防ぐには?夏の季節でも…

お腹は冷やしてはいけない?

夏、夜寝るときにも、
「お腹だけにはタオルケットをかけて、冷やさないようにしなさい」
と、子供に注意したりするものです。
注意する大人自身も、昔から自分の親や周りの大人に言われていたからこそ、自然に出る言葉ですね。

健康のためにはお腹を冷やしてはいけないということ。
それは、人々の昔からの経験から考えだされたいわば「知恵」のひとつなのかもしれません。

それでも、お腹(あるいは体)が冷えると腸が正常に働きにくくなる、ということは、十分に考えられることです。

冷えることにより血行が悪くなったり、自律神経のバランスが崩れたりして、消化不良になるためです。

体温の維持は重要

「体温が1度上がると病気をしにくくなる」

という言葉があります。がんのような病気さえ、なりにくくするとも言われています。
風邪の時に発する熱は、体内の菌をやっつけるためであることはご存知でしょうか?

それだけ、人間にとって体温の維持は重要なことであり、「冷え」は万病の元とも言えることなのです。

引用元-冷え | 下痢の改善相談室

  • 夏であっても、睡眠中にお腹は冷やさないようにすべきである
  • 冷えにより血流が悪くなったり、自律神経の調子が悪くなると消化不良になる
  • 体温が高いほうが病気にかかりにくい

寝苦しい夜もお腹だけは冷やさないように注意しよう

夏場は暑さのために布団を欠けずに寝ることもあるかもしれません。ですが、その際もお腹だけは冷やさないように注意すべきです。お腹にだけはタオルケットなど何かをかけるようにしましょう。そのように、体を温めることは体調管理に重要です。

原因について|お腹の冷えには様々ある

冷え性の原因は内臓から?

お腹が冷える原因は様々ですが、冷え性の場合は内臓が冷えていることも考えられます。
いわゆる内臓タイプの冷え性で、お腹が冷えていても冷え性だと自覚しにくい、隠れ冷え性とも言われます。
しかし冷え性だからと言って、お腹の冷えを治す薬などはありません。
まず、腹部が冷えるのはそこを流れる血液の循環がスムーズでないためですから、その原因を探ることが必要です。

そして、実際には下半身やお腹を冷やさないと言うよりは、温かくすることです。
体内の血液の約70%は下半身に集中していますから、腹部が冷えていると多分下半身にも冷えを感じているでしょう。

お腹を冷やさないためには?

お腹を冷やさないようにするのには腹巻が一番理に適っています。

ただし、本格的に冷え性の原因を追究して体質を改善していかないことには冷え性を根本から改善することにはなりません。
あまり腹部を締め付けない、柔軟性のある腹巻をすることは予防や治療のためではなく、これ以上冷え性の現象が現われないようにするためです。
腹巻をしていると腹部から腰にかけては外気から遮断されますが、内臓が冷えているのではお腹が温かいとは感じられないでしょう。

まず温かい食べ物や飲み物を摂るように心がけて、食事の内容も冷え性に効果があるとされているものにしましょう。
同時に、血流が悪いのも原因の一つですからコレステロールの溜まりすぎではないかとも考えて、血液がサラサラになる食事を考えましょう。

引用元-お腹が冷える

  • 内臓型冷え性は冷え性であるとの自覚がない場合が多い
  • 血液の循環がよくないために内臓が冷える
  • 内臓型冷え性の場合は腹巻によって腹部を温める
  • 口に入れるものは温かいものを選ぶ

内蔵型冷え性はなかなか自覚できない

内臓型冷え性は冷え性の中でも一番体に負担があると考えられています。その理由としてはお腹は冷たいのに、手足は温かいため、本人に冷え性の自覚がないからです。もし、お腹をさわって常に冷たい場合には内蔵型冷え性の可能性を考えましょう。

お腹を冷やさない方法とは?夏は冷たいものや冷房の風が大敵!

お腹を冷やさない方法

夏の場合:お腹を冷やしやすい方は、夏で暑くてもアイスやかき氷などの食べ物は言うまでもなく厳禁です。なにもいいことはないので我慢しましょう。

冷房の風も大敵ですので、カーディガンやもしくは腹巻きもお腹を直に温めて効果的です。

腹巻きというとおじさんがつけてる印象がありますが、最近はオシャレなデザインの腹巻きも出ていているので、見た目も気になる方は調べてみてはどうでしょうか。

寝るときの注意点

また寝るときも注意が必要です。うっかり扇風機をつけっぱなしにして寝てしまい、気づいたらお腹が冷えてしまったなんて事がないように、扇風機にタイマーをかけることや薄い毛布をかけるなど常にお腹が冷えないように留意しましょう。

引用元-お腹が冷たい痛い!冷える原因と改善方法やお腹を温める効果的な方法 | LifeHack.com

  • 冷たい食べ物や飲み物は口にしない
  • 羽織物や腹巻でお腹を温める
  • 扇風機などの冷房器具はタイマーにして寝る

お腹を冷やさないために、食べ物や冷房器具の使い方に気を付ける

お腹の調子を保つためには、お腹を冷やさないことが大切です。腹巻などでお腹を直接温めることもできますが、食べ物に注意したり、冷房器具の使い方に気を付けることで、お腹を冷やさないことも大切ですね。