指の骨折!平均全治何ヶ月?治療方法や全治回復期間は?応急手当も

指を骨折!全治何ヶ月?治療法と完治するまでの期間とは

指を骨折しちゃった!さて、治るまでにどのくらいかかるんだろう?

骨折した時の治療法は、患部を固定してくっつくのを待つ保存療法と手術療法とがあります。

全治までの期間は、年齢などにより違うみたいです。骨折してしまったらまずは冷やし、患部が動かないように固定しましょう。必要なら救急車を。

完治までの期間はどのくらい?指の骨折の平均は全治何ヶ月?

■完治するまでどのくらいの期間がかかるのか?

まず、私の場合ですが骨折の程度が比較的軽めでした。

それを前提に書いていこうと思います。

引用元-足小指の骨折の完治する期間

最初に病院へ行って診てもらい医師から言われたのは

「これは1か月~1か月半位はかかるね」

「完全に治るには2か月くらいはかかるかな」

といった具合でした。

最初、1か月で治るんだ、思ったより短期間で治るんだなと思いました。

でも、そのあと完治に2か月はかかると言われ一気に気が重くなりました。

そんなにかかるの?と。。

■1回目と2回目の診察結果が違った

骨折してから2週間後(2回目の受診)に、またレントゲンを撮られ医師からは、完全に治るには3か月はかかるよと言われました。

この前(初診)は2か月位って言ってたのに。

まぁ、医者と言うのは最悪のケースを伝えなければならないし、多めにみて3か月と言ったのかもしれない。

でも、この先生1回目のレントゲンを診てひびが入ったと指摘した箇所を2回目のレントゲンを診た時、全く別の箇所にひびが入ってると言ったので完治する期間を半信半疑で聞いていた。

引用元-足小指の骨折の完治する期間

  • 骨折の程度が軽め:完治まで2か月
  • 2回目の受診:完治まで3か月といわれる
  • 1回目のレントゲンでの診断個所を再診→全然違う場所

全治3ヶ月なら普通じゃないでしょうか

自分も一度骨折して入院・手術しました。踵を骨折して1か月入院、手術後3か月は運動禁止といわれました。なので、全治3か月はとりわけ長いわけでもないと思うのですが。まぁ、場所や程度にもよるでしょうけどね。

治療はどんなことをするの?指の骨折が全治回復するまでには

指の骨折の治療法

指骨骨折の治療として保存療法、手術療法の2つの治療法があります。

■保存治療

初期治療として骨折した骨をもとの状態に戻す整復を行い、シーネで固定を行う保存治療をまず行います。

整復の状態がよければ、このまま時間をかけて骨折した部位の骨癒合をはかります。長

期間の固定が必要となりますので、運動、仕事の制限があります。

●鎮痛薬

ボルタレン、ロキソニンなど非ステロイド消炎鎮痛薬(NSAIDと省略されます)を用います。

・ボルタレン……1錠15.3円で1日3回食後に服用。副作用は胃部不快感、浮腫、発疹、ショック、消化管潰瘍、再生不良性貧血、皮膚粘膜眼症候群、急性腎不全、ネフローゼ、重症喘息発作(アスピリン喘息)、間質性肺炎、うっ血性心不全、心筋梗塞、無菌性髄膜炎、肝障害、ライ症候群など重症な脳障害、横紋筋融解症、脳血管障害胃炎。

・ロキソニン……1錠22.3円で1日3回食後に服用。副作用はボルタレンと同様です。

どちらの薬でも胃潰瘍を合併することがありますので、胃薬、抗潰瘍薬などと一緒に処方されます。

■手術治療

骨片が多数あるもの、骨欠損があるもの、整復した骨片の位置が正常な位置関係にない場合、関節内骨折で保存的名治療では変形治癒となる可能性が高い場合、保存治療で癒合しない場合などが手術の対象となります。

引用元-指骨骨折の症状・診断・治療 [骨・筋肉・関節の病気] All About

  • 指の骨の骨折:保存療法と手術療法
  • 保存療法:骨折した骨を元に戻す。長期間の固定→仕事・運動の制限
  • 手術療法:複雑骨折、整復した骨片が正しい位置にない、変形治癒になる

自分は手術したから、複雑骨折?

保存療法って、添え木したりギプスしたりして固定したままにするってことですよね?そんなに長期間かかるんでしょうか。自分の足にはプレートがあてがわれボルト止めしてあります。触るとボルトの頭が解ります(笑)

どのくらいかかる?指の骨折の全治回復期間は年齢にもよる

仕事中のケガ

お年寄りを介護する仕事をしていた時、認知症のお年寄りが暴れてしまい取り押さえようとした時に指を強く打ってしまいました。

打った時はすぐ痛みは治まると思っていたのですが、ずーっとズキ・・・ズキ・・・といったように小さく鈍痛が続いていました。

それでも気にせずに仕事を続けていたのですが、休みの日に親から『指が物凄い腫れているよ』と驚かれてそのまま病院に連れて行かれました。

すぐにレントゲンを撮ってもらいましたが薬指と中指にヒビが入っていました。

ヒビならすぐ治るだろうと思っていたのですが、全治2ヶ月以上かかると言われました。

日常生活に差し支えないが

一応指は曲げる事は出来たので、仕事や日常生活には差し支えがなかったのですが利き手の方だったので、食事をしたり仕事で介護をしたりする度に小さい鈍痛が走りました。

結局完全にギブスが取れて、指が完治するまでに3ヶ月もかかってしまいました。

指の骨にヒビが入った場合、放置で治そうとすると指が奇形してしまう事もあるそうです。

引用元-中々治りづらい指の骨折。治療せずにいると奇形の可能性も。 : 病気体験レポート 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

  • 仕事中に指を強打:大したことないと思った→ずきずき鈍痛が続く
  • 指がものすごい晴れている→病院に
  • 薬指・中指にヒビ:全治2か月→結局3か月かかる
  • 放置したまま治療→指が変形してしまうことも

自分が骨折した時もそうでした。

自分が骨折した時は、歩道の凍った場所に足を取られ、転倒しての事でした。強い捻挫ぐらいにしか思わず、そのままバスと徒歩で会社まで行きました。しかし腫れが酷くなってくるので、病院に行って、骨折・入院といわれて頭真っ白状態でした。今にして思えば、救急車呼べばよかった(笑)

腫れ具合や痛みはどうなの?指など骨折した時の状態とは

■痛みについて

痛みの度合いは、骨折の程度や部位にもよりますが骨折した患部を軽く押したり触れた時に強い痛みを感じるようであればほぼ骨折の疑いがあります。

骨折やひびは見た目だけでは骨折してるかかどうかわからないので整形外科でレントゲンを撮ってもらうことをお勧めします。

また、完全に骨折しなくても、ひびが入った場合でも骨折と同じ圧痛(痛み)は感じられます。

■腫れ具合について

骨折してから数時間後以内に、骨折した部分の周辺が腫れてきます。

腫れの原因は内出血と炎症によるものです。

個人差がありますが、腫れがひくまでの目安としては2~3週間位です。

患部にもよりますが、骨折により血管に炎症を起こして大きなダメージを受けてる場合もあります。

骨折の程度や患部によっては、大量出血をすると脳貧血、脳梗塞になる場合もあるので注意しましょう。

■変形について

明らかに外から見て骨が曲がっている場合は完全に骨折です。

施術の流れとしては、初めにずれを矯正(整復術)します。

そして、テーピングなどで長期間固定します。

骨折後、関節が正常な可動域まで動かない場合があります。

これは関節が固まった状態になり関節拘縮(かんせつこうしゅく)と言った症状になります。

引用元-骨折 症状

  • 患部を強く押したり触ったりすると強い痛み→骨折の疑い
  • 見た目だけではわからない→病院でレントゲン。ひびが入っても同様の痛み
  • 骨折して数時間以内→患部が腫れてくる:内出血・炎症
  • 腫れが引くまで2~3週間
  • 骨折の程度・部位:大量出血→脳貧血・脳梗塞になる場合も

冬のスキーで、大腿部の骨折・出血多量で亡くなる人も

脚の付け根あたりには、左右それぞれの足に向かう大動脈があり、大腿部の骨折によりこの動脈を傷つけると大出血を起こし死亡することがあると聞いており、実際そうなった方も知っています。怖いですね。

応急手当はこうしよう!万が一、指などを骨折してしまったら

冷やす、または心臓の位置より上にあげる

応急処置の方法として、まずは出来るだけ冷やすようにします。

実際に骨が折れてしまうと少ししてからかなり腫れてくる場合が多いので、最初に冷やすことが重要です。

ただ氷嚢等で冷やす場合は直接幹部に当てると長時間冷やしたことで凍傷を起こしてしまう事も有るので、タオル等を利用して直接当てないようにします。

また部位によっては心臓よりも上にあげる事が出来る場合もあるでしょう。

そういう場合は出来るだけ心臓より高い位置にあげるのをお勧めします。

そうする事によって余計な腫れを防ぐことができます。

その際、出来るだけ骨折箇所を動かさないように固定します。

腕の場合等であれば三角巾を用意してそれを利用しましょう。

固定する時は、添え木を利用するのも効果的です。添え木でなくとも棒や長さを合わせた段ボール等も利用することもできます。

他には新聞紙を棒状にした物を利用する事も出来ます。

あとはあまりきつく縛らないようにしてその添え木に骨折している部分を固定すると、余計な力が掛かったりせず痛みが軽減されていく場合があります。

伸ばしたりしてはいけない

応急処置として絶対にやってはいけないのは、適当に伸ばしたりする事です。

例えば指の骨折の場合、もしかしたら単なる突き指かもしれないと言って指を引っ張ってしまう人も居ますが、これは大変危険なのでやめましょう。

あとはその骨折をした人の状態によって、救急車を呼ぶか直接整形外科に行くかを決めます。

脚とか手のかたちかなり変形している時、傷口から骨が見えている時はすぐに救急車を呼ばなければなりません。

引用元-骨折の応急手当の方法を知っていると安心です

  • まず冷やす・心臓より高い位置にする→腫れを抑える
  • 骨折箇所は動かさない:三角巾や添え木を利用する
  • 絶対やってはいけない→適当に伸ばすこと
  • 脚・手の形が変形、傷口から骨が見えている→すぐに救急車を

自分の事例を検証すると、1点を除き全部だめ(笑)

冷やしていない(2月下旬だったので幾分寒かったけど)、心臓よりも下(足だし)、骨折と思わず歩いた(笑)、すぐに救急車を呼ぶべきだった(まったく思い至らず)。一体何やっているんでしょうね自分(爆)