糖尿病の合併症で足を壊死しないため!初期症状のチェックとは?

糖尿病で足を壊死させないために初期症状をチェックしよう!

糖尿病の初期症状の一つに、足の違和感があります。その状態を放置していると合併症が進み、足が壊死してしまうのです。

ここでは足にどのような症状が出るのか、足を切断しなくて済むためにはどうすればいいのかについてまとめました。

しっかりチェックしてくださいね。

Q 初期症状にどんなものがある?糖尿病の合併症で足が壊死しないように

足の壊死について

糖尿病の合併症について教えて下さい。

合併症で足が壊死するというのがありますが、初期症状にどんなものがありますか?

また、病院で検査するとすればとのような検査ですか?

境界型と診断された

去年糖尿病の境界型と診断されたのですが、最近足の親指が痛いというか、感覚が鈍いような気がして少し心配です…

ご回答よろしくお願いいたします。

引用元-糖尿病の合併症について教えて下さい。合併症で足が壊死するというの… – Yahoo!知恵袋

 

  • 糖尿病の合併症で足が壊死するというのがあるが、初期症状はどのようなものか
  • 検査はどのような検査か
  • 境界型と診断されたが、足の親指が痛いような、感覚が鈍いような気がして心配である

 

境界型とははっきり糖尿病ではない状態です。

糖尿病の境界型というのは、血糖値が糖尿病型ではないものの、かと言って正常型ではないものになります。はっきりと糖尿病とは決まったわけではないけれども、質問者さんは合併症の心配をしています。確かに気になりますね。

A 父の場合、糖尿病の初期症状から壊死。早めに病院の治療が大切☆

即切断と言われた

うちの父は、靴擦れが出来てそれに自分で気づかずにずっと放置して(痛みを感じないし、自分で見る事ができなかったため)、じゅぐじゅぐしてきて出血やら周りに炎症やら起こして、そのうち微熱が続き、風邪だと思い風邪薬を飲み、そこから一週間ぐらいして高熱が出てやっと病院へ行ったら、即切断でした。

その前にも、低温やけどとかすりむいて傷がひどくなったりしましたが、その時は早めに手当てしたので、治りました。

糖尿病では神経障害で足先の感覚が鈍くなってくるので、毎日怪我をしていないかよく観察し清潔にして、もし傷があれば自己流で薬つけたりするよりも、早めに病院に行って治療が大切だと思います。

血糖を管理しておこう

後は血糖管理です。

父は好きなものばかり食べて、常時血糖300ぐらいありました。

怪我も傷もないのにいきなり壊疽してくるということはないと思いますよ。

壊疽が進むと一昔前は上部から切断しか手がありませんでしたが、今は治療方法も進んで、創傷治癒の専門(検索すると結構あります)の病院だと治癒が可能になったり、切断部位が少なくてすむようになりました。

父も2度目の壊疽のときは専門病院に行って切断をまぬがれました。

しかし、父のようになる人が、少しでも少なくなってほしいと思います。

引用元-糖尿病の合併症について教えて下さい。合併症で足が壊死するというの… – Yahoo!知恵袋

 

  • 靴擦れに気づかず放置をしていて、出血や炎症ののち、微熱から高熱となり病院に入ったら即切断と言われた
  • 糖尿病は神経障害で足先の感覚が鈍くなるので、けががないか自分で観察し、傷があれば早めに病院に行き治療をする
  • 血糖管理をしっかり行う
  • 壊疽は創傷治癒の専門病院だと治癒が可能となったり、切断部分が少なくて済むようになった

 

そこまで感覚がなくなってしまうのですね。

通常では絶対に気が付くけがに気が付かなくなるくらい、感覚が鈍くなってしまうのですね。目で確認しないとわからないというのは恐ろしいですね。日本では糖尿病が原因で足を切断する人は毎年1万人以上いると言われています。

早く自覚症状に気づけば壊死にいたらない?!糖尿病の初期症状とは…

自覚症状をチェック

糖尿病は発病していても自覚症状が出にくい病気です。

一体どんな初期症状が出るのでしょうか。まとめてみました。

・異常に口が乾いてしまう

・多尿

・体重の減少

・疲れやすい

ざっくりこんな感じでしょうか。

疲れやすいというのはあいまいすぎて判断しにくいですが、残りの症状については本人は気づけなくても周りが気づくほど目に見えて現れます。

壊死してしまった例

実際にあった症例をご紹介します。

仮にAさんとしましょう。Aさんはペットボトルにお水を入れて飲んでいたのですが、一本を空にしたかと思うとすぐに別のペットボトルを持って飲んでいたそうです。

「何か喉が渇く、しょっぱいものでも食べたっけ?」そんなことを言うから、最初は誰も気にしませんでした。

でも、日に日に飲む量が増えていき最終的には冷蔵庫の中に500mlのペットボトルが14本と机の上に2リットルの水出しポットを1つ、更に2Lのペットボトル2本に入れた水を2日程度で空けてしまうまでになりました。

異変を察知した家族が片足に壊死を見つけたのは、ちょうどその頃だったそうです。

お水をたくさん飲んでいる。

些細なことなのでうっかり流してしまいがちですが、少なくとも2週間以上それが続いているようでしたら糖尿病を疑ってみた方がいいかもしれません。

また、お水をたくさん飲んでいるのでトイレの回数が多くなったりしても当たり前のことだと異変には気づかれにくいです。

本人もそうなるのが当然だと思ってしまうので厄介です。

引用元-糖尿病の症状について | 看護師が書いた糖尿病闘病記

 

  • 糖尿病の初期症状として、異常に口が乾いてしまう、多尿、体重の減少、疲れやすいということが挙げられる
  • 大量に水を飲んでいると思ったら、家族が片足に壊死を見付けた
  • お水を飲むのが2週間以上続いているようなら糖尿病を疑う

喉の渇き具合が異常だそうです。

糖尿病になると、体が脱水と同じ状態になっていて、いつまでも喉が渇いているような状況になるのだそうです。そして、水分補給は、普通の人が1.5リットルのところを、糖尿病の人は3リットル、4リットルと飲むのだそうですよ。

足の異変を感じたら?『糖尿病』の初期症状かも!?

足の先に症状が出やすい

まず足の先がしびれたり、ぴりぴりしたりする。ぶつけたりした覚えがないにもかかわらず、指先が痛い。

怪我や傷が治りにくい。足がつったりけいれん をよく起こす。非常に冷たく感じたりする。

人によっては感覚が無くなってしまうなど非常に重篤な症状を訴える方もいらっしゃいます。

何故そんな症状が出るのかと言うと、それは血流の滞りによるものなのです。

糖尿病によって血糖値が高くなった血液はどろどろです。

末端の毛細血管に 酸素や栄養が送られにくい状態が続くので、手足、特に足の末端に症状が出やすいのです。

「何かおかしい」と自覚症状が出ている時には、合併症がかなり進んでしまっています。

「違和感」に気を付けよう

年齢を重ねるとどうしても足にトラブルは起こりがちです。

でも、見過ごしがちな違和感に気をつけることは、糖尿病による足の切断という悲劇を予防する唯一の方法です。

いつものことだからと軽視せず、ちょっとした前兆を見逃さないで下さい。

糖尿病の症状に、どのようなものがあるか知っておけば、普段自分でチェックして、早期に発見することが期待できます。

また、糖尿病と診断された人は、症状が進行したことのサインでもあります。

引用元-糖尿病の初期症状として気づきやすいのが「足」の異変です。|糖尿病 尿 泡ドットインフォ

 

  • 足の先がしびれたり指先が痛かったり、けがが治りにくかったり等、血流の滞りによる症状がある
  • 糖尿病のせいで血糖値が高くなり、血液がどろどろになっている為、末端の毛細血管に 酸素や栄養が送られにくい状態が続いて、手足、特に足の末端に症状が出やすい
  • 自覚症状が出ている時には合併症がかなり進んでいる状態であり、前兆を見逃さず、普段から糖尿病の症状を知って、早期に発見できるようにしておく

 

乾燥や水虫もサインの一つだそうです。

足の皮膚が乾燥したり、ひび割れたり、急に水虫になったりひどくなったり、というような症状も糖尿病の初期症状かもしれないそうです。これは見逃してしまいそうですね。少しでもおかしいと思ったらすぐに病院に行きましょう。

糖尿病の初期症状とは?足が壊死してしまう…

足がつることにより疑うべき糖尿病

初期症状として足がつることがあります。

糖尿病でなくても足がつるということはよくあるので、自分が糖尿病だと疑う人は少ないでしょう。  

糖尿病での足がつるというのは、末梢神経の不全が原因です。血液がドロドロになると酸素を上手く運ぶことができなくなり、血行不良で足がつりやすくなります。

足がちょっとしたことでよくつってしまうという方は、一度病院に行った方がいいでしょう。

足の壊死は糖尿病の初期症状

今、糖尿病に悩まされている人々は多いはずです。

糖尿病の初期症状に襲ってくるのは足の壊死です。

足が壊死してしまうと動かなくなってしまいます。

足には体同様に数千個の細胞があります。

つまり、数千個ある細胞の一つでも腐ってしまうと全部が腐ってくるので次第に歩行はもちろんのこと一人で立っているのが困難になってしまいます。

このような状態になれば足を切断するしか選択肢は残されていないのです。

糖尿病の初期症状はふくらはぎにも影響します

食事の後には必ず甘いものを摂取する人や1日に1回は摂取しないとイライラしてしまう人たちがいます。

そのような人たちが糖尿病になりやすいのです。

糖尿病の見分け方は簡単です。

糖尿病の初期症状にはマラソンなど長時間ランニングをしているとふくらはぎがこむら返りを起こすことことがあります。

引用元-糖尿病の初期症状での足の7症状

 

  • 血液がどろどろになっているせいで血行不良となり、足がつりやすくなるという糖尿病の初期症状がある
  • 細胞が一つでも腐ると全部が腐ってくるので、足が壊死していけば歩行も一人で立っていることも出来なくなってしまい、切断することになってしまう
  • 食事の後に必ず甘いものを食べたり、食べないことでイライラしてしまう人が糖尿病になりやすい
  • 長時間ランニングしているとふくらはぎがこむら返りになるのも糖尿病の初期症状である

 

食事の後に必ず甘いものを摂ってしまうので注意が必要ですね。

なんとなく口さみしくなり、アイスクリームを食べたりチョコレートを頬張ったりしてしまいますが、それが糖尿病の予備軍であると知ってショックです。気を付けないといけませんね。まずは甘いものに依存するのをやめようと思います。