低気圧が原因で体調が悪くなる!『呼吸』で自律神経が整える?!

低気圧で体調が悪い。「呼吸」で自律神経を整えてみよう♪

天気が悪いと体調が悪くなるというのは古くから一般的に信じられてきたことですが、最近の研究では気圧の変化が体に不調をもたらしていることが明らかになったのだそうです。

ここでは気圧と自律神経の関係についてまとめました。

自律神経を整えるのには腹式呼吸がおすすめですよ。

関係とは?『低気圧』と『体調』について

自律神経の役目と関係が

天気が悪くなると体調がすぐれなくなるのは、珍しいことではありません。

そのほとんどは自律神経の状態に起因するものと考えられています。

自律神経の役目のひとつに、外部環境の変化に体を適応させる仕事があり、天気による体調の変化とは、気圧の変化に対応しようとする自律神経がちょうどいい加減をさぐって葛藤している状態ともいえるのです。

■天気が悪い→低気圧

天気が悪くなるというのは、非常に簡単にいえば、高い気温で温められた海水や空気が蒸気となったり山にぶつかったりして上にあがっていき、冷たい上空で冷やされて水滴になって落ちてくる、という理屈です。

この現象が強い勢いで発生し、地球の自転の力も加わわって渦となった状態が台風です。

そして空気が上にあがってしまったあとは、当然空気の量が少ない、すなわち「気圧が低い」状態になります。

こうして、「天気が悪い=気圧が低くなる」という図式になるのです。実際にはもっいろいろとと複雑な要素もありますが、おおまかにはこのイメージといえるでしょう。

■体への物理作用

こういった気圧の変化はまず、体に物理的な影響を及ぼします。

となりあった物質は平均化しようとするので、圧力の低いほうへと流れようとしますね。

人間の体は「水の袋」と形容できるほど水分が多く、水分は流動的ですから、圧力の低い空気中へ向かおうとし始め、細胞内の水分も外に向かって膨張することになります。

これがむくみの一因になったり、血管が拡張して血圧が下がると考えられています。

また頭の血管が膨張すれば頭痛、喉の血管が膨張すれば気道が腫れて喘息という症状ににもつながるわけです。

そのほかにも、温度が高いので汗をかきますが、雨が降りがちで湿度が上がりますから汗が十分に蒸発せず、これもむくみにつながります。

引用元-低気圧と体調の関係 自律神経の葛藤 | 名医を探すドクターズガイド

 

  • 自律神経は外部環境の変化に体を適応させる役目を持ち、天気による体調の変化とは、気圧の変化に対応しようと自律神経が葛藤している状態である
  • 天気が悪いということは、高い気温で温められた海水や空気が蒸気となったり山にぶつかったりして上にあがっていき、冷たい上空で冷やされて水滴になって落ちてくることであり、空気の量が少ない、気圧が低い状態である
  • 気圧が低いと、体の中の水分が圧力の低い空気中へ向かおうとし始め、細胞内の水分も外に向かって膨張するので、むくみやぜんそくが起きやすくなる

 

気圧によって体調が左右されていたのですね。

この説明を読んで、天気の悪い日に体調が悪く感じた理由が納得出来ました。台風の日に頭痛が起こりやすいということも気圧に関係していたのですね。これからますます天気と体調の変化について注目してみます。

 

体調不良となる理由について|気圧の変化によって

気圧の変化が体調に変化を及ぼす

着目したいのが、「低気圧」そのものではなく「気圧の変化」という点です。

世間では、低気圧になると血行が悪くなったりやリンパの流れが悪くなるから、体調が悪くなる、という説明をする人が多く、もはや一般論と化しています。果たして、それは正しいのでしょうか?

一般的な低気圧が血流を悪くする説は、気圧[=空気による圧力]が身体へ与える物理的な負荷による影響で血管が圧迫や拡張して血流等が変調をきたし諸症状を誘発されるとしているのですが、

当文献では異なった観点からのメカニズムが示されています。

例えば偏頭痛だと、従来ですと低気圧になると血管に対する外部からの圧力が減少し結果的に血管が拡張し、過剰な血流増加が起こり、頭痛症状に至ると考察されておりました。

しかし、この研究では、人体には気圧の変化をキャッチするセンサーが備わっており、気圧が下がると自律神経のバランスが乱れ、体調を変化させるということがわかりました。

気圧の低さから負のサイクルに

具体的に説明しますと、気圧が低下すると内耳(耳の最深部です)に存在するセンサーがそれをキャッチし、交感神経の興奮が高まり、

血流や感覚閾値(感受性)を変化させ、痛みやコリ感などの諸症状を誘発する原因となる ということです。

交感神経が優位となると、痛覚閾値が下がる(痛みを感じやすくなる)ため、普段はなのともなくても、腰や膝など以前傷めたりした自身の弱点がシクシク疼くように感じてしまうわけです。

簡略化すると 気圧の変化 → 内耳のセンサーがキャッチ → 交感神経の活動が活発化 → 痛覚閾値低下(痛みを感じやすい体へ)と末端の血流不全 → 様々な不定愁訴 → 交感神経が活発化・・・

といった負のサイクルが台風や前線がきっかけでできあがってしまい、局所症状から全身症状・精神症状へと拡散していき抜け出せなくなってしまう方も多いです

そのため、天気(天候)が変化しやすい時期、季節の変わり目や台風が生じている時、など目まぐるしく気圧が変化する時ほど具合が悪い方が続出してしまうのです。

特に梅雨の時期は、雨の日と晴れの日が頻繁に入れ替わります。つまり、気圧の変化が激しい上に、太陽が顔を見せない日が多いので体調、自律神経の乱れやすくなるといえます。

引用元-台風・大雨・梅雨といった低気圧による天気で肩こり等の体調不良となる理由とその根本的対策。今すぐできる天気痛解消法の紹介。

 

  • これまでの考え方と違って、人間の体には気圧の変化をキャッチするセンサーが備わっていて、気圧が下がることで自律神経のバランスが乱れ、体調を変化させるということがわかった
  • 気圧の変化を内耳のセンサーがキャッチし、交感神経の活動が活発化することで痛みを感じやすい体になってしまい、末端の血流不全から様々な不定愁訴が起こり、交感神経が活発化するという悪循環に陥る
  • 台風や前線がきっかけで負のサイクルが出来上がってしまい、局所症状から全身症状、精神症状にまで拡散、抜け出せなくなってしまう
  • 天気が変化しやすい時期や季節の変わり目や台風の時など、目まぐるしく気圧が変化する時ほど具合が悪い人が増えることになる

 

梅雨は雨で気分が滅入っているだけではないのですね。

梅雨の時期はジメジメじとじとしているので、なんとなく精神的に不快なだけだと思っていましたが、それだけではなく、気圧の変化が大きく影響していたのですね。スケールを大きく考えると、人間は宇宙の一部なのだなと思えますね。

体を温めたり、深呼吸で解消できる!?低気圧による体調の不調を吹き飛ばす方法☆

不調を感じた時には

ではそんな低気圧の不調はどうしたら解消できるのでしょうか。

・寝て過ごす

学校やお仕事がお休み出来るならば、1日寝て過ごしましょう。ゴロゴロとゆったり過ごすことが大事です。

体をリラックスさせてくださいね。また体を締め付けるような服やベルトもこの日はお休みしましょう。

頭をなるべく動かさず、静かにしているのも◎。

・体を温める

低気圧が近づいてきたら、体を冷やさないことも大事。服や部屋の湿度を工夫して、体を温めるようにしてくださいね。

低気圧で古傷が痛むという方には、お風呂で温めることが有効です。血流を良くして、血液の循環を良くしましょう。

むくみの解消にもつながりますよ。ただし長風呂は逆効果なので、サッと浸かるようにしましょう。

・薬は早めに飲む

頭痛薬を使用して頑張る方も多いですよね。頭痛を抱えたまま1日を過ごすのは辛いものです。

肝心なのは薬を飲むタイミング。痛くなり始め、頭痛が起きそうだと感じた時に飲むようにしましょう。

ひどくなってからでは、効果もあまり期待出来ません。

・深呼吸し、姿勢を整える

低気圧の時には、呼吸も少なく浅くなりがち。

深呼吸をしましょう。呼吸を整えてあげることで、体もリラックスしますよ。

姿勢を正し、体に酸素を巡らせるようなイメージで行いましょう。

引用元-いつでもキラキラ女子に!低気圧の不調を吹きとばす方法5つ – モデルプレス

 

  • 低気圧の時の不調の解消法としてリラックスして寝て過ごすとよい
  • 体を冷やさないようにし、低気圧で古傷が痛むのであれば、さっとお風呂で温めよう
  • 頭痛の場合は、痛くなり始め、頭痛が起きそうだと感じた時に飲むようにしよう
  • 低気圧の時には、呼吸も少なく浅くなりがちなので深呼吸して呼吸を整えよう

無理して頑張る必要はないのですね。

なんとなくだるい、しんどいという状態だと「頑張らないと」と無理をしてしまいますが、一日中のんびりゴロゴロしてしまってもいいわけですね。気圧が低いのだから仕方がないと割り切って、リラックスして過ごしましょう。

 

自律神経を整える方法をご紹介!低気圧による体調の不調は『腹式呼吸』が効果的☆

簡単なのは腹式呼吸

自律神経を整える一番簡単な方法は、静かな室内で、

ゆっくり休んでいることが一番なんです( ̄ー ̄)bグッ!

「( ゚Д゚)ハァ?、そんなのムリにきまってるでしょ!」

ですよね~、そんなことできたら苦労しませんよね(´・ω・`)

そこで、オススメするのが、

いつでもどこでも簡単に出来て、道具も必要ない

腹式呼吸です( ̄ー ̄)bグッ!

なぜ腹式呼吸がいいのか

そもそも、自律神経は、その名前の通り

自立していて、自分でコントロール出来ない神経なんです。

例えば、心臓などは、自分の意志とは関係なく動いていますよね。

でも、この自律神経に働きかける作用があるのが、呼吸なんです!

緊張して、すごくドキドキしている時に、

深呼吸すると、フッと緊張がほぐれることがありませんか?

つまりコレなんですよ。

呼吸には、浅い呼吸になる胸式呼吸と

お腹を使って、呼吸をする腹式呼吸があります。

この2つの呼吸のうち、腹式呼吸は、

自律神経を整えてくれる効果があります。

なぜ、腹式呼吸が自律神経に良い作用があるかというと、

吸うと吐くの呼吸が、それぞれ交感神経と副交感神経に

働きかけて、パニックを起こしてしまった状態から、

正常に戻してくれるんですね。

引用元-台風が来る!ツライ頭痛や体調不良の簡単な対処法はコレ! | トレンドハンター

 

  • 自律神経を整える一番簡単な方法とは、静かな室内でゆっくり休むことである
  • 自律神経に働きかける作用があるのが呼吸であり、腹式呼吸が効果的である
  • 腹式呼吸の吸うと吐くの呼吸が、それぞれ交感神経と副交感神経に働きかけ、パニック状態から正常に戻してくれるので効果がある

 

心も体もリラックスできる呼吸法です。

ヨガやストレッチなども腹式呼吸とともに行うと効果的であると言われていますが、自律神経を整えてくれる効果があるからなんですね。体の隅々までつかさどっている自律神経を整えることで、体全体が整ってきます。

呼吸を整えることが出来る『酵素カプセル』もおすすめ☆低気圧による体調不調の場合

呼吸で自律神経を整えよう

空気が薄い低気圧のときは、いつもより意識して呼吸をするようにしましょう。

呼吸は、人間が意識的にコントロールできる唯一の自律神経調整方法といわれます。

呼吸と自律神経には「自律神経によって呼吸が乱れる」と同時に「呼吸を整えることで自律神経に働きかけて整える」こともできるという相互関係があります。

ゆっくりとしたリズミカルな呼吸を意識することで、乱れた自律神経を整えましょう。

酵素カプセルも効果あり

また、医療機関やサロンにある「酸素カプセル」も試してみる価値はありそうです。

以前通っていた整体にあったので体験したことがありますが、頭がすっきりしましたよ!

引用元-「低気圧で具合が悪くなる?」ときの対処方法(後編)|OKGuide[OKガイド]

 

  • 呼吸とは、人間が意識的にコントロールすることのできる唯一の自律神経調整方法である
  • ゆっくりとしつつもリズミカルな呼吸を意識して自律神経の乱れを整えよう
  • 医療機関やサロンにある「酸素カプセル」もおすすめである

 

私も体験したことがあります。

具体的にどこがどうすごいとは語れないのですが、でも明らかに気分がすっきりしましたよ。エステサロンとスパで試しましたが、中でぼーっとリラックスしているだけで自律神経が整うなんて最高ですよね。