カラオケ採点の表現力について|表現力をあげたい!コツは?

カラオケ採点の表現力とは?表現力をあげるにはどうする?

カラオケで高得点を出すために欠かせない表現力。表現力の点数を上げるには、歌に抑揚を付けることが大切です。

抑揚はビブラートだけでなく、声の大きさやマイクの距離などによっても付けることができます。

カラオケの採点で高得点を出すために必要な、抑揚の付け方や、裏技をまとめました。

体験談をご紹介☆カラオケ採点について

実体験!カラオケ採点の点数は?

 忘年会の2次会の定番といえばカラオケ。

最近の採点機能は進化が著しいという。

はやりの歌が歌えず、歌唱力にも自信がない記者(40)は、職場ではカラオケの誘いを断ることが多かった。

でも、高得点をたたき出せれば自信が持てる。「目指すは100点」。そう意気込み、カラオケ店に向かった。

 ごく仲のいい友人と歌うときに、唯一自信を持っているのが沖縄情緒たっぷりの曲、BEGINの「島人ぬ宝」。

これで我が実力を試すと、点数は81.414点(以下、小数点第2位以下は切り捨て)と出た。「思ったより簡単」と思ったものの、全国平均がちょうど81.4点。がっくり。

引用元-目指せカラオケ100点 高得点を出す3つの技  :日本経済新聞

カラオケ採点の仕組みとは?

分析コメントも泣かせる。

「高音と低音が出ていない。もう少し易しい曲にトライしてみては」。

さらに審査員として連れてきた友人が「確かに音程がちょっと外れているな」とダメだしするように言い放つ。

 くやしい。そういえば、カラオケの採点の仕組みってどうなっているのだろう。

第一興商に聞くと、「音程、リズム、表現力の順番で得点への影響度が高い」との答え。

 つまり原曲に忠実なメロディーとリズムが基礎点、さらに高得点を出すには、曲調に合わせて強弱をつける「抑揚」や音を震わせる「ビブラート」といった技術が欠かせないわけだ。以前のカラオケ機器ならビブラートは音程が外れたとして減点されることがあったが、今は、うまく駆使すれば得点アップにつながるという。

引用元-目指せカラオケ100点 高得点を出す3つの技  :日本経済新聞

  • 歌に苦手意識があるとカラオケの誘いは断ってしまう
  • 採点で高い点数が出せれば自信が付くと思い、カラオケの採点にチャレンジ
  • 採点結果は高得点と思っても、全国平均なみでしかない
  • 高得点を出すためには、音程が一番大切
  • 高得点には歌のリズムをマスターすることと、曲に合わせた抑揚も大切

採点の時には、歌のリズムと音程をきちんと把握しておこう

カラオケで高い得点を出したい時に最も大切なのは、音程が合っているかですが、それだけでは高得点は出せません。より高い点数を出すには、歌のリズムをきちんと把握しておくことが大切です。リズムを外すと点数が下がってしまいます。

Q.  どうしたら効果がでる?カラオケ採点の表現力について

採点での悩み

カラオケの精密採点dxで 「表現力」が平均点を超えません。。

私はカラオケ好きなのでよくカラオケに行っています。

さて、質問なんですが、上にも書いたように 精密採点dxで 総合グラフで表現力以外は全部平均点を超えているんですが「表現力」だけ平均点を超えることが一度も(多分)ありません。

「歌詞に気持ちを込めて歌ったら?」と言われ歌ってみてもなんでなのか、超えないんです・・・。

その日は3人で行ったんですが、私は平均点を超える身ですがその2人は平均点は越えないものの、表現力は平均を超えています。

採点でここが知りたい!

なぜでしょうか?私も表現力をあげていい点を取ってみたいです。

どうすれば、効果はでますか?

引用元-カラオケの精密採点dxで 「表現力」が平均点を超えません。。 – 私はカラオ… – Yahoo!知恵袋

  • 表現力の項目だけ平均点を超えることができない
  • 平均点を出すことができていなくても、表現力の項目は高い人もいる
  • 高得点のために表現力を出す方法を知りたい

採点で平均点が下回っている分野にも目を向けよう

自分の点数をあげるためには、すでに高い点数を出せている得意分野よりも、点数が伸び悩んでいる項目を伸ばすことも大切なようです。もし、平均点を下回っている項目があるならば、その分野を重点的に取り組むようにしましょう。

A.  回答。カラオケ採点の表現力はほぼ「抑揚」

表現力は抑揚で評価される

DXの表現力はほぼ「抑揚」と言ってもいいでしょう。

これをつけないと評価は上がりません。

音程は保ったままで強弱をつける練習をしてみて下さい。

コツとしては小さく歌ってサビで大きくではなく普通に歌ってサビで一段スイッチを切り替えて大きくという感じでやってみて下さい。

引用元-カラオケの精密採点dxで 「表現力」が平均点を超えません。。 – 私はカラオ… – Yahoo!知恵袋

表現力はビブラート

抑揚が最も大きいですね。

あとは、ビブラートが曲に乗っているかとかそんなもんです。

引用元-カラオケの精密採点などでよくある、表現力という項目はどうやっ… – Yahoo!知恵袋

  • 声を大きくしたり、小さくしたりすることで表現力を示せる
  • ビブラートを上手に取り入れ、表現力をアップする

ビブラートを使うべきポイントを見極めると高得点につながる

ビブラートとは声を震わせて歌うことで、使う場所を間違えると、音程の採点に影響を与えるなど、点数が伸び悩む原因となります。ですが、表現力には欠かせないテクニック。どの部分でビブラートを使うと、点数が上がりやすいか事前に考えておきましょう。

抑揚が大きな加点として重要!カラオケ採点の表現力について

抑揚が大きな加点ポイント

採点方法としては抑揚の大きさ、こぶし、しゃくり、フォールの回数で採点され、特に抑揚は加点の対象として大きなウエイトを締めます。

しゃくり、こぶし、フォールの中ではしゃくりが最も重視されます。

しゃくりは30回以上、こぶしは5回以上で表現力100点がとれます。

フォールはゼロ回でもOKです。

しゃくりやこぶしを連発しても減点対象にはなりませんが、歌としては鼻につくというか、なんとなくいやらしい感じになるかもしれません。

表現力は実力とはあまり関係ない?

しゃくりなどのテクニックを自由自在に使いこなせるのは高得点につながります。

しかし、評価を気にするあまりテクニックを多用すると、不自然な歌い方になってしまいますし、何より自分自身が気持ちよく歌えないのではないでしょうか。

実際、テレビ番組などでカラオケマシーンを使ってプロの歌手が自分の持ち歌を歌った時の評価で最も低いのがこの表現力といわれています。

ということは歌の実力にはあまり関係がないのが表現力だといえそうです。

こうして考えるとカラオケでの表現力という項目は、本当の歌のうまさとはもっとも関係がない項目といえるので本当に歌の実力を身につけたいと思うのであれば、あまり無理して表現力の評価を上げる必要はないのではないでしょうか。

引用元-カラオケの採点にある「表現力」って? | 調整さん

  • 少し低く音を出して、正しい音程に上げていく「しゃくり」は高得点が出やすい
  • ビブラートに近いテクニック「こぶし」も抑揚には欠かせない
  • 「しゃくり」や「こぶし」を多用すると、点数は上がるが、歌は上手に聞こえない
  • カラオケの表現力は歌唱力とは関係ない

表現力の点数を気にする必要はない

高得点を出したい時には大切な表現力。ですが、歌そのものの実力を上げたいと考えている時には、気にする必要はないようです。たとえ、点数が伸び悩んだとしても、適度なこぶしやしゃくりの方が上手に聞こえます。

『抑揚』攻略のコツとは?カラオケ採点で高得点を出したい!

声の大きさ

具体的には「抑揚」は0~10の11段階で評価されます。

採点マシンが無かった時代はメロディーは小さく、サビは大きく歌う、という歌手の歌い方のイメージが強いです。

実際には、マシンで高評価を得るためには、各演奏区間それぞれに大きい音と小さい音を入れる必要があります。

マイクを近づける

この「抑揚」は口とマイクの距離を変化させることでかんたんに加点につながります。

また、演奏区間内で最も高い音だけマイクを近づけるというのも一つの方法です。

ただし、マイクを急に離すと音が合わなくなり、音程が下がることがあります。マイクを近づけた場合は、その後はゆっくりと離していきましょう。

 

曲全体では「しゃくり」は30回以上、「こぶし」は5回以上で「表現力」は100点とれるでしょう。

しかし全体的には「しゃくり」と「こぶし」による加点は、総合展からみても0.5点ほど。

引用元-すぐに実践できる「表現力」の採点をあげるコツ – 【カラオケ料金の安い店 紹介サイト】

  • 大声で歌うところと、小声で歌うところを区別しよう
  • マイクを離したり近づけたりすることで、抑揚が作れる
  • マイクの距離は徐々に変えよう

声の大きさやマイクの距離などによる抑揚なら挑戦しやすい

ビブラートのようなテクニックだけが抑揚につながるわけではないようです。声の大きさや、マイクとの距離など、カラオケ初心者でも比較的簡単に取り組むことができるものもあります。ぜひ、チャレンジしてみてください。

裏技のご紹介☆カラオケ採点で高得点を出すため

マイク回しとは?

「マイク回し」と「腕振りビブラート」。

マイクを適度に離してくるくる回しながら歌うと、口とマイクの距離が変わって抑揚がつく。

また、ガッツポーズした腕を上下に振れば体が震え、声にビブラートがかかるという。

 「これでもらった」。

まず、簡単そうなマイク回しから挑戦する。

曲調が変わるところでくるりと数回、回すと得点が上昇した。でも上乗せの点数はわずか。

この技術で大量得点に結びつけるには、コツをつかむのが案外難しそうだ。

腕振りビブラートとは?

 効果的だったのが「腕振りビブラート」。

音を伸ばすところで拳を上下に振ると、これまで出なかったマークが何度も出た。

なんと84.7点だ。

 何度も激しく振っていると、腕が痛くなってきたものの、自然にビブラートをかけるコツが分かってきた。

どうやら腹筋に力を入れて声を震わせると、腕を振らなくてもビブラートがかかるようだ。

引用元-目指せカラオケ100点 高得点を出す3つの技  :日本経済新聞

  • 「マイク回し」は、リズムが変わる時に、マイクの距離を変え抑揚をつける
  • 「腕振りビブラート」は、長音の際に腕を上下に振って、ビブラートさせる
  • 「腕振りビブラート」は高得点が出やすい
  • お腹に力を入れて声を震わせる自然なビブラート

抑揚をつけるべきタイミングで、腕を動かそう

マイクとの距離などで簡単に抑揚を作り出すことができます。その際に大切なのは、マイクや腕を動かすタイミングです。リズムが変わるときや、音を伸ばすときなど、抑揚をつけるべきタイミングを見極めて、高得点を目指しましょう。